インターコム

  • 2018.07.19 Thursday
  • 17:06

またもやサボリ更新ですが、インターコム買いました。

 実は、去年O氏の身内ツーリングの時にあれば便利やろという事で、
Lexin 6riderを共同購入して、使う予定でしたが、
 結局そのツーリングがお流れ…。

1人運用だと、音楽ヘッドフォンとして使っていましたが、曲戻しや飛ばしが出来ず、不便に感じていて、
結果的にヘルメットについているけど、使わない状態が多かった。

今年のしまなみ原付ツーリングで、他の人行く事になり、新しく買う事にした。
とりあえず、同行するほかのメンバーが買った、
bluerider M1-S をポチったのですが、
どうも私と他のメンバーのは、違う代理店で、買った模様で、
なぜか同じM1-S同士でも違うみたいで、
私のはワイヤーマイクが小径で分厚い、他のは、私のより径が大きく、薄い。

結果的に、マイクが唇に常時接触

そして取り付けアレコレしたものの、改善できず挙句、
電話がかかって来た時も相手に良く伝わらない模様で、
改造したらマイクが微妙になり、最終的にブームマイクを使うことに。

というわけで、違うインカムが欲しくなり、ツーリング前に
Id221 moto x1を買いました。
ただちょっとした事があって、代理店のご好意で事無きを得ましたが、
時間的制約も有り、しまなみツーリングは、M1-Sで行きました。

同じインカム付いているけど、3人+1人といった感じで、聞こえているけど伝わらないという事態になり、挙句途中で電源落ちる。結局2人同士接続し
途中でブームマイクに交換したら、ようやくお互い聞こえるレベルに。
推測ですが、雑音防止機能がマイクの状態によって効きすぎていたみたいですが。
でも、速度がある一定以上出る(一般道路の一番速い制限速度以上ぐらい)とあまりよく聞こえない状態に。下手したら6Riderより悪いかも。

変わって moto x1

 断然 音が良い。音楽プレーヤーで聞くとM1-Sとは全然違って、100均のヘッドフォンと3000円位ヘッドフォンの差ぐらい(欲張ってはいけませんね)

マイク取り付け部がスピーカー一体型なので、もう唇と干渉しない。

拡張性が高い....らしい(オプションになったリモコンとか、SkypeやLINEのようなネットワーク接続アプリとかもオプションキットの存在)

という訳で、操作系と利便性や接続台数を考えるとM1-Sですが、
音とかだのインカム自体の実用性は現状、X1のほうが良い思います。

走行会

  • 2016.09.30 Friday
  • 12:05

今年もUKスピード合同走行会に行ってきました。
また雨でしたが…。
路面が濡れている中で走るのはただの苦行に近い行為でしたが、
最後の模擬レースだけは、乾いていたので何とか頑張りました。
が、
ただ、ここで参加者皆様に、ごめんなさい。
模擬レースで他の方々グリッドについいているのに、まだエンジンかからなくて進行を少し遅らせてしまって

すみませんでした。

一緒に行ったT氏も楽しそうに走っていたし、コケる事も無く無事帰れたから
結果良しという事です。

あとウチの兄の借りたトランポ、なんか壊れている模様。
加速不良が出ているので名阪国道の坂がスーパー登らないのが、
憂鬱でしたがね。

それと、この走行会前にフロントの自作チューブレス5号が駄目になって
しまい、やり直す事に。
高速走行中に、前車輪から微妙な回転振動が出てきたので、
ホィールバランスを取り直そうとするとありえないウェイト量になったので、
リムからタイアを外すと、
半分剥離してデローンとなったブチルテープが居てました…。
たまたまニップルのシリコンのおかげでエア漏れは、無かったのですが、ブチルテープの上に貼った両面テープが剥離の原因だったので、やり方を変更して、ブチルテープ2周に直接保護PPシート貼り付け、最後に上からリムバンドで押さえるやり方に変更しました。
けど、やっぱりOUTEXさんの買うのが確実かと思います。(やはりここ重要)

ひと段落?

  • 2016.02.29 Monday
  • 20:50

なぜかロクデモないことだらけの1週間でしたが、
とりあえず、オイルキャッチリターンタンクは、一旦一段落出来ました。
ワンウェイバルブを入れたら、
リターン側ホースのオイル滞留は、現段階では、発生してませんし、オイルミスト消費量もほとんどわからないレベルなりました。

pcv化は、一旦保留。ですね。

今年も

  • 2016.01.14 Thursday
  • 17:52

遅くなりましたが本年も宜しくお願いします。

 さて、一昨年辺りにネタにした、ブリーザー関連ですが
去年年末に、暫定仕様が出来て、
オイルキャッチリターンタンク仕様になりましたが、オイルリターン側ホースをサブテンショナボルトに穴開けして、ワンタッチエルボを装着して返すという、DR-Zみたいな経路にしてみました。
なお、オイルキャッチリターンタンク本体は、S社初期SV650純正部品。
1度乗ってみると、
高回転時のブリーザーオイルミストによる消費量は、明らかに減りました。 

ですが…

 オイルリターン側からのブリーザー吹き返しが多く、巡航時にリターンホースに少量のオイルが滞留してしまい、ワンウェイバルブの必要性を感じたので、
CVLU8-8を購入し装着しました。
これで暫く乗ってみて不具合が無ければ、次は、
PCV(PositiveCrankcaseVentilationValve)化ですかね。

ヘッドライトをLEDに

  • 2015.06.11 Thursday
  • 19:08

LEDにしてから、夜乗ってみました
teisho LED H4
尚、使用レンズがCRM250、XR250/400やWR250X/Rや後期DR250Rと
ほぼ同じスタンレーの5128系(マルチリフレクターではない)
若干癖のあるレンズカット(改良したDRZの車検時に発覚)

まずは、発光色がワリと青白い
以前の色付きハロゲンバルブ(5000K)のような
部分部分で色ムラはほぼ無い。

LO側
 明るさは、HIDに慣れている人だと普通。
これは、どうもこのレンズ由来の
レンカットカットとレンズ後ろ側リフレクター部分が盛り上がっているせいで
レンズ上側両隅に配光が偏る為かと。
HI側
 ハロゲンH4、と比較して圧倒的に明るいですが、
HIDの四輪純正メーカー製と比較では普通位(コレって凄いと思います。)
但し、遠くはHIDよりクッキリと見える。

発熱
 レンズを外側から素手触って暖かいぐらい、
ノーマルハロゲンよりは低いかと

気になる点
 
このレンズせいだと思いますが、
以前のハロゲンの時からLO右側がやや暗い所が在ったのがハッキリと判る。
販売元では、光軸対策はしっかりしたそうなので、
このレンズだけの問題だと思いますが。
あと、HIDでも同じ事が起きていますが、照射されている部分の輪郭がハッキリしすぎて、明るい部分と暗い部分の差が割りと大きい。

そして
道路標識の反射塗料に、結構反応している事。
逆に言うとHI側がしっかり光が飛んでいる証拠でもありますが。
 以上が、現状で気になる点。

ですが、
導入最大利点は、やはり低消費電力かと。
実際にハロゲン60/55Wと比べて、キーON時の
メーター等、バックライトの明るさが、断然明るいですし。
測ってみたら
HIで4.01〜4.10A@11.6V ←安物デジタルなので多少の誤差はあります。
(バッテリー電圧ではなくH4コネクタ間。@エンジン未始動時 )
消費電力は販売元が言っているより多いですが、
H4 60/55Wより少ないし、
ましてや、
中華安物HIDは、省電力というキーワードを当初は謳っていたみたいですが
現実は論外というか、全くお話にならないレベルでしたからね。

という訳で、この商品は良く出来ていると思います。

追加

ハロゲンノーマルH4 55W比
LO側+25% HI側+30%
CREE XP-L
とパッケージには、記載されてます。

ヘッドライトをLEDに

  • 2015.06.05 Friday
  • 18:53

バルブ交換型LEDヘッドライトを
以前から気にはしていたけど
実用上問題ありそうなのが多かったので、様子見していたのですが
今回実用上、大丈夫そうなのが出てきたので
購入することにしました。
teisho h4 (一般の方はUK-Speedで購入できます。)
ファンレスのH4で,
後ろ側に不細工かつ、装着困難になる突起がないのが利点。
(元々のH4端子←コネクタカプラではない の出っ張りがありますが)
その代りオールインワンでもないけど、
コントローラーの位置の自由度も高いので良い。

(なおコントローラーの基板を熱収縮チューブで覆っているが両端が開きっぱなしなのは、結露対策との事。つくりが雑な訳ではないとの事)
さらにヘッドライトレンズの後ろ側バルブカバーの装着してくださいとの事
(リボン式及び後部ファンタイプだと装着不可のも多いので)
消費電力も聞いたところ20W前後との事(システムでも30W以下だそうですが)
あとで測ってみます。
     
というのも
XQにつけている安物HIDで表記25Wでも、
実はバラストOUTPUTがあくまで25Wであって、
上流の12Vライン上測定で点灯安定期でも6A以上、消費している。
問題があったし、
怪しいLEDの場合、消費電力が、変に明るさ(ルーメン)追求結果、
60W/個超えというとんでもないのモノも
アリババ等では見受けられるので、問い合わせておいたのです。

逆に言うと、夜乗っていないので、
これ以上はアレコレいえる段階ではないのですが、
交換して点灯した段階だと、目測では光の質はシャープだし
H4ノーマルバルブより明らかに明るく感じます。

とりあえず暫く乗って様子見ですかね。

劣化して変色したので

  • 2014.08.04 Monday
  • 20:00

Fフェンダーを交換しました。
今回は、純正のKX80/85用ではなく、yz250/450F用に変更。
モタードで空力的要素で短いのが流行っていましたが、
もう普通に路面が濡れている時に自車のFタイヤで巻き上げた水滴及び泥水で、
ヘッドライトやヘルメット、ゴーグルまで汚れるのがウンザリになったので‥。
(XRモタやWRXは、21インチとほぼ同じだし)
当初は現行CRFの白か黒にしようかと考えてましたが、
ヘッドライトと干渉して脱着しずらいし、やはり外装色と合わないんで…
(といってもDPBSEとオリエンタルブルーじゃ、かなり違う色ですが)

後ろ側取り付けネジピッチがほぼ同じで、
取り付け凸ワッシャーカラーの下穴を、10mmほどに拡大すればOK。
その代わり前側取り付け穴は、開け直さないと駄目ですが。

取り付けた後に気になるのが、Fフェンダー後ろ側の下方向長さ。
100mmほどカットしておきました。
あとは、走らせて空力的にどう出るか?と
巻き上げた水滴が飛んでくるか?を様子見ですね。

メーター変えたけど…

  • 2013.12.06 Friday
  • 20:56

実は2ヶ月ほど前に
現行型純正メーターに交換したけど、

現行インジェクションて、2回転1点火みたいで
タコメーターが…2倍表示て
仕方ないから、今まで使用していた後付けタコメータも装着。

あと、スピードメーターピックアップ(旧名スピードメーターギアBOX)も
私のFホイールだと内径違いで入らないから、
オイルシール(ダストシール)を撤去及び、フォークボトム回り止めも干渉するのでガリガリして装着。
(周り止めはメーターギアBOXを、デジタルメーター初期〜にすれば問題無しだったのだが、手持ちがインジェクション用だった為)

それにしても、タコメーターのパルス変換も一筋縄でいかず、
先達の人のネット上資料だと、5Vや12V程度では、動かない模様。
サービスマニュアルの点検要綱も
実は、…う〜んという
いつものオチらしい。
(サービスマニュアルも誤字脱字どころか、
完全に間違っていることもたまにあります。
でも改訂版は、それから随分たってからではないと、
一般の人は知ることは出来ません。←そりゃ差換えしたくてもエンドユーザーを追跡できないですし)


こう書くと例のCDIが原因じゃねーのかという突っ込みがあったのですが、
この車両、日本仕様は、インジェクションになるまで、
ノーマルには、タコメーターがなかったのですが、
1部仕様を除きますが、輸出仕様は、ほぼタコメーター付いてます。
そして信号入力線は、やはりCDIからのIGコイル1次側。
そして1回転1点火(毎回点火)
国内仕様はメインハーネスからタコメーター信号線が無いだけで、
ほぼ同じといえます。
(現に同年式の場合、CDI品番は同じケースが多い←1部除く)
USおよびカナダのタコメーター付き250SのCDIは国内規制後と同じ。
だから、parayの06〜07CDIが使えていると、言うことでもあります。
09以降は結線数や配線図がやや違うものの、
CDIからタコメータ回路は同じ。
もしここで。parayのCDIをつけた車両がタコメーター誤作動するという事になったら、すでに海外掲示板等でネタになるはずですが、
当然そんなことは、起こっていませんしね。

いずれにせよ、入力120V以上出力100v以上の分周回路をどう作るかが問題ですね〜

さて

  • 2013.03.11 Monday
  • 22:05

久しぶりの更新。
(最近コレばっか。)
ネタはあったのですが。公開できる内容ではなかったし…

その1
LOOX U/CのSSD化
msata→ZIF変換を使ってcrucial m4 128Gにしました。
再インストにてこずりましたが
無事使用可能に。

その2
スイングアームの変更
誰かが、現行のインジェクションのスイングアームのほうが軽いという噂を信じて、交換してみましたが…
ええ、微妙に重くなった気も…...........
とりあえず
見た目が今風になったのと、
細かいチェーン調整ができるようになったのが良かったです。
(なお、ホイールの脱着がしづらくなったのは秘密。
あとブレーキローターの径が違うので、キャリパー、サポート丸ごと交換というのも痛い)

その3
今の所、公開できないネタ だけど
とりあえず
バッテリーを搭載する予定。
理由は‥

走行会に行ってきました。

  • 2012.08.30 Thursday
  • 13:17

日曜日に、守田さん所の合同主催キャピタル走行会に
行ってきました。
一緒に行った人々
mido氏
荒木Fマシン(兄さん、弟さん、たっつあんさん)
ウチの担当(初心者クラス)

初めて、キャピタルを走ったのですが、
Fタイア スパコルで良かった〜と思う次第で
その代わり
後ろのBT92はXだったみたいで、ザクザクに減ってる割に、変に滑る
という状態。
通常と違いが逆周りという事もあり、タイアの右側が、ボロボロ

にしても
「ヤル気が無い」とか言いながら、mido氏は、速いし、
守田さんにも追いつけないしね〜。
それと、いつもの
お腹痛いが3本目終わりぐらいに炸裂して、
4本目ヤル気0で出走取りやめ
というオチで。

それはそうと、mido氏の焼鳥はうまかったな〜。

そんなこんなで、
関係者の皆様有難うございました。
また機会があれば宜しくお願いします。

組み立て依頼されたエンジンですが

  • 2012.04.07 Saturday
  • 11:54

只今組み立て途中のKLXのエンジン単体ですが、
やっぱりあのシリンダーヘッド問題アリアリです。
カムジャーナルをもがいてみたけど
2日ががりでアレコレしたもののガタが大きくなりすぎる。

昔、ちょっと難ありのヘッド、
(カムジャーナル齧りあり。ただ今回持ち込まれているのより随分良さそう)を持っていたのを、思い出して
探してみると
有りました。
安くしとくので、こちらでお願いしたい所。
あと
あのIN側カムもチョイ怪しい。
ひょっとしてゆがんでる?

やはり歪んでました。

という感じなので、
腰下の組み立てを進めて、一応クランク、ミッション組んで
ケースの左右合体をしておきました。

コレいいのかな?

  • 2011.12.16 Friday
  • 20:39

motostation から

http://www.carbonforbikes.com/







グーグル変換

http://www.carbonforbikes.com/shop_content.php?coID=10002&XTCsid=0e6d42335713f59c99ea8dd3954847a9

固体潤滑チェーンルブ らしい。

ものぐさ人間向けとしては、昔から
http://www.scottoiler.com/
と言う、う〜んな商品が在りましたが、
コレだとチェーン周りが、ね〜

そういう問題を解決したモノと、言えるのかな〜?

新型ディグリー?

  • 2011.11.11 Friday
  • 11:15

ダーヌポから
CRF250Lて
なんとなく新型ディグリーかと
http://www.dirtnp.com/?p=31289

たぶんエンジンは、CBRのものかと。
おかげで最低地上高が稼げない設計みたいです。

あと、
この前、チョロット乗ったCBR(ノーマル)の感じからすると
エンジン特性、まさに、下がスカスカになった、
(意外と3000〜4000rpmが物足りない)
ディグリー AX-1系統のノーマルエンジンと同じ感じ。
9000rpmぐらいで頭打ち間強いです。
まぁ
有る程度特性、(フライホィールマスとか)変えて来ると思いますが…

重量配分

  • 2011.10.31 Monday
  • 10:37

なんとなく重量配分を久々に調べたくなり
IKEAの安い体重計で調べてみました。

状態 レアル走行後ほったらかし、ガス残量推定3lぐらい
   乗車時位置はステップに立ってからそのまま座った位置

とりあえず突き出し9mm時(トップキャップ含む)
前  58K…47.93%
後ろ 63K…52.06%      計121K
 乗車時
前  76K…43.67%
後ろ 98K…56.32%      計174K

そして突き出し13mm時(トップキャップ含む)
前  60K…49.58%
後ろ 61K…50.41%      計121K
 乗車時
前  80K…45.45%
後ろ 96K…54.54%      計176K…(安もんなんで誤差が…)

ちなみに人間体重は、62K
う〜ん有る程度は、スプリング等で打ち消してますな〜。
(質量ではないので)

参考  サービスマニュアルより
DRZ400sm
前  70K…48.27%  2名乗車時 98K…38.43%
後ろ 75K…51.72%  2名乗車時 157K…61.56%
DR250R(標準車高)
前  60K…49.18%  2名乗車時 87K…37.17%
後ろ 62K…50.81%  2名乗車時 147K…62.82%
WR250X
前  64K…47.76%  2名乗車時 92K…37.70%
後ろ 70K…52.23%  2名乗車時 152K…62.29%
WR250R
前  61K…46.21%  2名乗車時 84K…34.71%
後ろ 71K…53.78%  2名乗車時 158K…65.28%
TT250R
前  59K…45.73%  2名乗車時 91K…38.07%
後ろ 70K…54.26%  2名乗車時 148K…61.92%
XT250X
前  63K…47.36%  2名乗車時 85K…34.97%
後ろ 70K…52.63%  2名乗車時 158K…65.02%
CRM250(MD24)
前  62K…48.81%  2名乗車時 89K…37.55%
後ろ 65K…51.18%  2名乗車時 148K…62.44%
XR250(MD30)
前  62K…47.69%  2名乗車時 92K…38.33%
後ろ 68K…52.30%  2名乗車時 148K…61.66%
AX-1(nx250)
前  59K…47.58%  2名乗車時 82K…35.04%
後ろ 65K…52.41%  2名乗車時 152K…64.95%

CRM80 ()はHD12
前  41K…48.80(48.2)%  1名乗車時 58K…41.72(41.4)%
後ろ 43(44)K…51.19(51.7)% 1名乗車時 81(82)K…58.27(58.5)%


CBR250RR(mc22)
前  80K…50.95%  2名乗車時 101K…37.82%
後ろ 77K…49.04%  2名乗車時 166K…62.17%
NSR250R(mc22 se)
前  76K…49.67%  2名乗車時 96K…36.50%
後ろ 77K…50.32%  2名乗車時 166K…63.49%
goose250
前  74K…47.13%  2名乗車時 89K…33.33%
後ろ 83K…52.86%  2名乗車時 178K…66.66%

とか(随時追加予定)

いつも 有難うございます

  • 2011.10.23 Sunday
  • 14:27

ちらほらレアル関連の動画がyoutube等にUPされてますが
OMJバットさんの動画が上がってました。

Dクラスヒート1


Cクラスヒート2

いつも有難うございます。

これらを見ると
Dはスタート失敗の瞬間写っているし
Cは抜きあぐねているし…

それに、
3〜4周しないと、乗り方がメロメロだし…

と客観的に見れるのがいいですね〜

なお mido氏の地獄編は、

そんなわけでレアルの続きです。
今回地獄編にしようと思ったんですが、
一番の地獄はカップラーメン買っといて、コンロと鍋を忘れた事だったんで、
割愛します。

て…。

昨日のレアル

  • 2011.10.17 Monday
  • 15:12

逝ってきました、昨日のレアル最終戦
前日にmido氏によってもらい、
一緒に積み込み
現地で就寝

とりあえず結果は…

ヒート1 D スタート失敗 CRMを抜けず終了 
ヒート2 C keizoさん抜けずに終了 

mido氏
ヒート1 B トップ
ヒート2 A 巻き込まれ転倒→再スタート
という結末でした。

予選結果がサイテーでした。
バイクどうこうより人間が全然乗れてない
酷い状態で、
やっぱり練習でタイムが増え続ける状態で終わったのが
一番不味かった。

逆に、mido氏は、
チョット届かず予選Aは落ちたものの
ほぼタイム差がないからヤル気満々
ヒートレースでもあっと言う間にAに
ヒート2では、前方の絡んで転倒した2台に巻き込まれて、
怪我してしまいましたが…、
充実したレース内容だったそうです。

マサさん
順位は、忘れましたが、なにげに
mido氏のチョイ後ろ
相変わらず速いです。
入賞オメデトウございます。

keizoさん
本来の調子では、なかったそうですが、
やはり、なかなか抜くのは、難しいです。
(去年は、漁夫の利でいただきましたが…)

ガリガリさん
まんべん無く速い。予選でチョット引っ張ってくれましたが
あっという間にさようなら。
さすがは、mido氏と一緒にAに行った人
入賞オメデトウございます。

守田さん
ガッツのあるレース展開したそうですが、
同じレースで後ろのほうで、走っていたので
レース内容は、わかりませんが
なにげに入賞されてました。
おめでとうございます

というわけで、
関係者のみなさん
今回も有難うございました。

そんでもって、mido氏トランポ、アドバイス有難うございました。
また宜しくお願いします。

そろそろ

  • 2011.09.29 Thursday
  • 11:18

そろそろレアル1のエントリーをしとかないと
目標
cクラス…
突っ込みは無しで…

それにしても、前回のネタのオンボード動画で
Fフォークの動き方を見ていたけど
ストローク中間付近で止めるセットで、
ジャンプで飛んでもあんまりボトム付近まで行かないのね〜。
相当油面を上げているのかね〜。
とりあえずマネして油量10cc(油面といきたい所ですが)
上げてみました。
どうなんでしょうかね。

街乗り用アルパチンスター

  • 2011.08.23 Tuesday
  • 11:09

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/?eid=176308と言っておいて、
実は、5月に街乗り用にと
アルパチンスター、タイプs1を
ヤフオクにてポチリと。
使用してましたが、
パチモノクォリティが発動しました…

結果、
ベルクロの縫製もげました…。
とりあえず接着剤でとめているものの

う〜んという感じです。
やはり縫製がアマイという感じで............。
他の部分も

ちなみに、去年買った方は、あんまり使ってないので、
まだ、ココまでヤレては、いませんが
同じような事には、なるでしょう。

そして、久々にヤフオクでアルパインスターを検索すると
見事に、パチモノが消えていました。

(でも、チョット検索すると、アリババ関連で出てくる所がね〜。
それと、ヤフーチャイナモールという所では売っている模様)

インジェクションだったら

  • 2011.07.24 Sunday
  • 14:19

http://www.kawasakiforums.com/forum/klx-250s-71/stand-alone-tuning-ecu-klx250-36083/
グーグル翻訳版

インジェクションだったら欲しいなぁと思います。

(出来るやんというツッコミは無しで)
点火リミットも可変できるのがいいなぁ。

やっと乗れた

  • 2011.06.06 Monday
  • 14:43

やっと乗れるようになりました。
セル付きインジェクションエンジンだったのを
       ↓
キック付き(セル付いてるけどでも使用不可!?)、キャブ仕様
(TMRはつきました)
と、退化させました…
で乗ってみると
さすが走行距離少ないので明らかに静か
ただ
タペット周りの音がうるさいですが…
(クリアランスは、規定公差内)

それと左右切替しが重い
多分セルモーターという重しが効いています
(ワンウエイやらアイドルギアも原因かと)

まぁそのうち配線やり直してセル付き仕様には、
するつもりですが、
現状では、ただの重し。
というわけで
ちょっと調べてみると
某メーカーのセルモーターブラインドプラグを発見

早速発注して、セルモーターを外してみました。
これで推定1.4kは軽くなったはず。
あとは、乗ってみてどうかですね。

追加…カムシャフトがデコンプ付きの
ノーマルの為、重さを感じるのか…?

ようやくパンク箇所発見

  • 2011.04.23 Saturday
  • 11:32

去年のレアル1の後から、Fタイアの謎のエア漏れが発生していて、
(-0.2k/日なので結構抜けているのですが)
何度も石鹸水で確認するものの、何処から漏れているのが判らない。
それを3回ぐらい繰り返した後、昨日ようやく、発見しました。
スポーク1本から漏れてました。
という事で、その裏のチューブレスKITのを見ると
微妙な状態になっていたので、補修。

なお、このチューブレスKITは、
初期のほうのモデルなので、
ニップル用テープを自分でカットしないといけないタイプで、
カットする大きさの理由を、
まだはっきり理解してない頃だったので
大きめに切ってます。

そのせいで、両面テープの糊代が何箇所か厳しい所が有り、
微妙な、スローパンク状態になったみたいです。

現行のは後ろを作業した時の記事
の通り
ニップル用テープがプレカットされてますので、
こういった事態にはならないみたいです。

にしても、去年もパンクしていた事を思い出して、
デジャブですか、と言われそう。

いやぁ、こういう需要はバカに.....できない.....訳ないだろ

  • 2011.02.17 Thursday
  • 17:30

ダーヌポから
子供がベルをチリンチリンと鳴らすの心境の延長線上に
こういった商品が
http://www.turbospoke.com/


う〜mm
昨今問題のEVの走行音対策の救世主
(思いっきり棒読みで)
な、訳ないか......。

そういや
某氏が持っていた、
チャリのスポークにつけてランダム配光するLEDが
ワールドビジネスサテライトのトレたまに出てましたね〜。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/post_1157.html

そんでもって電気つながりで
やっぱりダーヌポから


最後はエンジンつながりで
http://www.dirtnp.com/?p=15366
さかさまエンジンとか

どうなっているでしょうか........。

興味を引きます

  • 2010.12.13 Monday
  • 12:11

エンジンスワップデポを見ていると
V8ベースのV4というのがあって
http://www.engineswapdepot.com/?p=1582
ココの会社
http://www.motusmotorcycles.com/index.html
が作っているみたいですが、
V4 OHVですが直噴。
古いのか新しいのか良く判らないようなエンジンですが
なんか興味を引きます。
アメリカン=V2のクルーザーばっかり作っている訳ではない。
と言う所がカッコイイです。
それに
個人的にはV2の音よりV4の音が好き。
それもチューニング度合いが高いエンジンの音が.....。

V2もチューニング度合いが高いのは好みの範疇に入ってきますが
俗に言うドコドコ音はあまり好きではなかったりします。
だから
V−MAXの音が好きだったりする。
以前
何度か乗らしてもらいましたが
回すと良い音がします。
さらに、エンジンの性格が面白いです。

多分、ココのエンジンも動画のダイノからすると
回すとコレに近い感じなんでは?


それとは別に
http://www.motorcyclenews.com/MCN/News/newsresults/Customs--modified-bikes/2010/December/dec0810-video-tron-lightcycle/




このバイクCGじゃなかったんや。
すげ〜ライポジですな〜。

ネタに困ると

  • 2010.09.27 Monday
  • 19:40

ネタに困るとこの人のホームページへ
http://www.sergei.fr/DetailElement.aspx?numStructure=36813&numElement=106138


UPハンのR1て、なんかカッコいい!?(変態)
(単純に乗り手が[乗り方が]カッコイイだけかも)

昨日の結末

  • 2010.09.13 Monday
  • 11:58

タイム出ない病が炸裂して、(練習不足と言われまくっていましたが)
去年の11月の時より出ない。
練習の時もタイムアタックの時も完全に
空回りの状態。

でも、去年より後半のセクターではかなりいい感じに走れているので、
どこで目標タイムより4秒近くロスしているのかは、判らない。
万遍無く失っているのは判るのですが......。
前半の1コーナー〜1ヘアピン迄で随分失っているみたいです。
あと今回もジャンプはスルーの方向で......(飛べよと突っ込まれつつ)

だって、私の場合、飛ぶと遅くなるので。
(mido氏は、相変わらず飛ぶ飛ばないは、あんまり関係ないそうです...まぁエキサイトクラスは強制ジャンプですが)

そしてヒートレースですが
結局cクラスでした。
もうDクラス確定かなという勢いだったのでそれから比べるといいかも知れませんが、内容は......
ちなみに今回お隣のピットに居てはった250sb さんも同じようにタイムが出ない病にハマッテいたそうです。という訳で同じcクラスに....。
なお
マサ さんは、
前日に肩をやってしまい今回出走を取り止めていました。
(mido氏は残念がって居ましたが)



ヒート1
去年の反省で結構頑張っていましたが、赤旗で再スタート。
でもグリッドが元のグリッドでせっかく上げた順位がふりだしに。
そして再スタート後は、マークされてしまい思いっきりブロックされてしまいました。
で、XR250とやりあっていたのですが、3回ほど1ヘアで2人そろってブレーキングミスをしまくって、
その間400前後の車両に抜かれる....。
で、その400前後の車両を奥で詰めるが、抜けない。そして直線は引き放される。コレの繰り返し。
そんな感じでチェッカー。
結果は、聞かないでください......。

ヒート2
1ヘアで2人絡んでコケていたので、かわしつつ暫くすると目の前には250sb さん、
アチラはジャンプ、コッチはスルーで2ヘア前で順位入れ替え成功。
だが、すぐ抜き返される......。
でも1コーナーでラインが詰まった所を漁夫の利で戴きました。
最終ラップはドキドキしながら、チェッカー。
もうフラフラになりましたよ。

という感じにヒートは終了。
今回は、直線が速い車両が多く(レーサーとかハスクとか)
追いつけるけど抜けない.....。自分がミスったら順位を落とし続ける....。そんな感じでしたね。

とりあえず無事、怪我無く終れて良かったです。

当日、色々な皆さんにご迷惑をお掛けしました。
また、宜しくお願いします.......。

リ(ア)タイア

  • 2010.09.09 Thursday
  • 17:57

減ったまま出ます。
日曜は雨という予報.......。
ええ、誰かが狙っていた恵みの雨です。(意味深)

これでコケルのは確定かと。
コケなくてもDクラス入りは確定しました。

だって,濡れている路面は、大嫌いですから.....。

レインあったかなぁ.....。
mido氏から以前貰ったレインは、ハスクに奪われて
ご臨終....。
フロントだけでもパイロットパワーに戻すか....。

体重(車重)計

  • 2010.08.22 Sunday
  • 11:12

IKEAで買ってきた体重計2個で車重測定。
前60キロ後ろ65キロでした。
合計125キロ(ガソリン満タンから2.5リッター消費時)

乗車だと前85キロ後ろ100キロ
合計185キロ
(ガソリン満タンから2.5リッター消費時、普段着)
やっぱり軽かった。

で、その体重計自分が乗ると (服及び靴を着たまま)61キロだって。

グローブ買ったが....

  • 2010.07.11 Sunday
  • 17:29

ウチの兄からの話で
ネットで
アルパインスターのグローブが叩き売られているというのを聞いて
調べると、
確かに安い。
で、ポチってみました。
あとでコレの上位モデルも出ていて後悔しましたが、
さらに上回る事件が

これ、多分....アレではないかと。冷や汗

届いたのをみたら、パッと見は判りません。
でも
パンチングレザーの部分の穴がキッチリと開いていません。
それにパンチングの数が
メーカーのホームページ上の

http://www.alpinestars.com/GP_Plus_Glove/pd/c/141/np/141/p/355659.html
とは、明らかに異なる。

まぁ、コレが、アレであったりしても
メーカー純正もmade in chaina
本当に仕向地違いの可能性も無きにしも在らず。

という事で、某オークションでモノを買う時は
くれぐれも
気をつけましょう。
そして、できれば正規ルートのモノを
販売店で買いましょう。
じゃないと
心に疑問点をもったまま使用するハメになります。しょんぼり


こんだけ書いたけど

とりあえず、使わさせて貰いますわ。

たま〜にコレに近いことを

  • 2010.04.29 Thursday
  • 11:23

とりあえず


別名
自転車走法とか、エコランともいいますが
意外と為になりますね。
(尚、一応危険な状態になる事もありますので、あくまでも自己責任及び事故の無い様、気をつけて運転して下さい。)

ちなみに、私のはバトルではないですが.........。

パンクしてました......。

  • 2010.02.11 Thursday
  • 15:07

レアルからほったらかしのウチのバイクですが
停めて置いているウチに
Rタイアの空気が減り気味。
で足しておく。
でも1週間ぐらいで同じようなつぶれ方になる。
当初は、自然に抜けたものときにしてなかったけど、
Fのエア圧は落ちてこない........。

ひょっとして、レアルの時のジャンプで
グォキという音は、
リム打ち+チューブレスKITが剥れたのかと

恐々
考えながら、洗剤スプレーでチェックすると、
リムからのエア漏れは特に無し。
まさかと思いながらタイアにシュッシュしていると
プクプクと出てきました。

パンクしてました.........。
スローパンクという感じのが

多分、レアルの走行中か、前々日の猪に当てられた時か
どうりで、なんかRタイア変だったわけだ。

しかしながら、今ごろ気づくとは........。

いってきましたレアル1

  • 2009.11.23 Monday
  • 12:46

前回の舞洲につづいてレアル1に行ってきました。

え〜先週はまったくいってツキがなく
青紙は貰うわ、
レアルの1日前にタイアの慣らしがてらは走っていると
イノシシに横から突撃されるわ
(幸い、フラフラしながらもコケず、シフトペダルがクンニャリ程度で済みましたが......
尚、引き返してみてもイノシシはそんまま逃げたらしく、何も居ませんでした。しかしステップには削れた肉片と毛が付いていたのをみたら
物凄く気分が凹みました)
踏んだり蹴ったりな1週間でした。


前日(前々日から)組のマサさんにピット確保をお願いしていたので
(有難うございます。)
という訳で、そちら入れさせてもらう。
今回となりは、
マサさん
#25さん
#40さん
(スープとかタイラップとかご馳走様でした)

mido氏は先に別の場所でテント設営していた......。
あと、舞洲でお隣だった
#32さんとも 

で それはそうと

結果

無残でした。

卑怯)なジャンプショートカットをほぼしていた割に
全然タイムがぁ〜
(mido氏曰く、ジャンプ飛んでもそんなに変わらないそうですが...
ジャンプが練習途中から怖くなってきたので)

一部関係者には、言ってましたが、
練習走行の際に、リア周りから

グォキッという音が.......。
エア圧をかなり低くしておいたせいで
リム打ちした模様........

ウチのはタイアのサイドウォールが低いせいも
ありますが........

という言い訳させて貰います。


挙句
決勝ヒートは第1ヘアピンーから追い下がりモード
そこから追い上げたけど
途中で伸び悩んで終了。

2ヒートめ前に
雨で、2ヒートめは無くなり、好きな人!?だけで模擬レース
という事になり

mido氏出陣
かなりのペースで走っている。
そして
タイアの話で盛りあっている所、
彼、よーやるわと言ってたら、
ホームストレートに帰ってこない.......。
奥のほうで白いのがモゾモゾしてる...........。

コケてはりました。

それにしても、アレだけガシャガシャ、
コケているな中、
怪我なく終われただけでも
ヨシとしておこう。

という訳で

当日色々な皆さんにご迷惑をお掛けしました。
助かりました!本当に有難うございました。
















誰かのコピペ

舞洲に行ってきました2009 秋の終わり?

  • 2009.11.09 Monday
  • 12:55

初夏に引き続き
舞洲ADSMに行ってきました。

にしても
例の音問題で、前日に腰上を分解するという暴挙にでて、
なんだかんだ時間が過ぎて、終わったのが夜遅く

そして、あれだけ分解して確認したにも関わらず
肝心の音が消えない。悲しい

容疑者はコンロッドぽいのですが.....

げんなりモードで、朝を迎える。

ちなみ、今回は、走行はしないが、トランポしてくれる
mido氏も、似たような、げんなりモードだったらしい。

舞洲前ので合流予定のマサさんに
遅れますという連絡を入れ、
出発。
結局、マサさんに場所取りしてもらって
(すみません)
舞洲に到着。
今回、天候には恵まれていて、この時期にすれば暑いぐらいでした。

そんでもって、
今回のエントリーもフリーライドでしたが
受付に行くと、
マサさんとお隣の方、D氏がフリーライドA
私もAだろうと思いきや
フリーライドB......(追放されました?)
M氏と一緒。(4スト400?、2スト250クラス)

前にM氏だけが別の走行枠になった時の
凹だ気持ちがやや理解できました。

で、今回、のお留守番とハスク試乗が目的の
mido氏。
(昼の500円走行でウチのをチェックしてもらいました)

1本目
D氏、マサさんや、お隣の方の走るAの次の枠なので、普段より
ゆっくりできますが、
今回のBクラス、以前の
ほとんどノーマルのDRZはいなくて、
ツルシで速いバイクばかり。
ただ、ウチのも音が出ていて、250ccにも関わらず、
立ち上がり加速はかなり早いので
なんとか着いて行けますが、
ハスクが多いこのクラスではしんどい。
1台のハスクを抜きあぐねてしまい。終了。

前後グリップバランスが変で、
後の方が新しいにも関わらず、後が変に流れる。
あと、一番奥のスラローム、ヘアピン後のシケイン最初の
左90度の所だけFが抜け気味になる。
なんで〜。
ちなみにM氏はあっという間にさようならでした。

2本目
とりあえずピッチング対策で
前 圧側ー2cl
後 伸側−2cl かけて

タイアはチョット荒れ気味ですが、1本目後半の動きを考えて、
前 1.6k→1,5k
後 2.0k→1.8k
にして走ってみました。

1本目より断然乗りやすくなりましたが、やはりシケイン1個めで、
ごく偶にズリッと流れる。
まぁコレは、乗り手がヘタクソだから仕方ないのでしょうか。

相変わらずM氏は前方で頑張ってますわ。
私も頑張らなければ。

昼休み

mido氏が¥500走行ウチのバイクに乗ってました。
その後
ハスクの試乗と
楽しんではりました。

この時期にしては、気温が結構暑くなってきました。

3本目
大体自分のペースが掴めてきました。
でも抜くのは、相変わらず下手。
結構抜きあぐねてしまう。
スパッと行けば良いみたいだが。

私も周りもペースが上がっているからか
終盤、疲れが出てきている。
ハスクの人に突っ込まれそうに。

お互いに気を付けねば。

4本目
コレで最後なんですが
もうちょっと頑張ってみたいところ。
でも、チョット空回り気味。
しかしながら
3本目よりペースが上がってます。

M氏のペースに近づけた模様です。

今回、
走行枠が変わってマサさんやD氏の走っている、
様子は判りませんでしたが、
この枠で良かったのだと、
実際、走ってみて思いました。

この後、撤収作業

手伝ってくれた、mido氏、M氏、D氏マサさん、お隣方
有難うございやす。
大体完了後、仕事の残っているM氏がお先に。

お疲れモードで
今回もじゃんけん大会に参加せず、
PA作業中のハッピーエンド森田さんに挨拶して

舞洲を後にしました。

次はレアル1だ。

舞洲に行ってきました。

  • 2009.06.15 Monday
  • 15:44

ココの所、毎年おなじみの
舞洲ADSMに行ってきました。
夜明けごろ、雨が降っていたものの、
家を出る頃には、路面が乾くぐらい良い天気で、
おかげで日焼けが痛いです。
橋を超えた所でウチの兄と合流。
ゲート前でマサさんと合流。
で中に入って先に来ていた、mido氏及びニンジャ氏兄弟と合流。
テントを張って、ほか準備等して、受付に行く。
今回のエントリーは
M氏..........フリーライドB
ニンジャ氏............タマ虎
私、mido氏 マサさん.....フリーライドA
ウチの兄...............お留守番!?
(エントリーし忘れとも言う)

途中で、ハッピーエンド森田さんに合い会釈する。
(午前中はPAで忙しそうでしたので)

で、テントに戻ってきてテーピングとかイロイロやっているウチに
ライダースミーティング(怪しいトーク?楽しい)も終わり

ウチらの走行枠になる。

1本目
いつものごとく、スロースターター。汗
でも、今回周りが、更に速いような......。
コースレイアウトが微妙に変わっていて
基本レイアウトは変わってないものの
1コーナーか終わりから、パイロンスラローム辺りが変更になっていて、

去年最初のは、真っ直ぐ走ってパイロンを避ける感じでいけば
ベストだったものの
今回のは、左右ピッチが広くて、
欲張ると
最後がかなり辛くなる。

自分が得意な所がなくなると、掴み所が無くなってしまう。
そんな感じでしたね。

mido氏が途中で止まっていたので
終わってから聞いたら、「他所の車両かもしれんけど、なんか部品が.........落ちて....が転がっていった?]んで」そうです........。

そんなこんなで
1本目終了。

午前中の1本目にもかかわらず、
3人とも見事に、人間がオーバーヒート。
先がおもいやられます。

基本的にAの次がBの走行枠なので、
M氏の走っている姿は見れませんでした。(ゴメン)

1本目終わった後、
加西から、アラキ氏とまちゅこさんが見に来てくれはりました。
有難うございます。

その間、ニンジャ氏のタマ虎(スクール)もあったのですが、
暑さで見に行く気力が無かったです。
(かわりにM氏とマサさんが見てたそうですが........)
後で聞くと
またもや「特に教えることは〜.......」になって、
スペシャル教習なったそうです。
でも、そのスペシャル教習で何かを掴んだ模様です。

2本目
とりあえず、スラロームの所を真ん中を捨て作戦を実行しました。
なんとな〜くそれなりのリズムが掴めてきました。
で、途中、
後からなんか、妙な気配を感じたので振り返ると
mido氏
で絡んだらヤなので、
ラインをずらしたら目の前でDRZがコケていたので
あわてて回避。
で暫く彼の後を走っていると、
毎回1コーナー終わりの切り返しでオーバーラン
その度、「midoさ〜ん」と叫ぶ羽目に。
マサさんも知らない間にコケていたらしいが、
それよりイケテナイ走りを私はしていた模様...........。
あと、立ち上がり時に急開すると凹つきが発生


う〜ん。どうしたものか


2本目終了。

で、「もうダメッすわ、握力ないんで全然ブレーキが止まらないですわ」
と、mido氏がボヤいている時、
彼が乗るバイク(奇跡の復活を遂げたDR)を見るとレバーが
折れたまま。
ただでさえショートレバーが、
更に短くなって二本掛けしか出来なくなっている。
「コレ、アカンで、こんなレバーで止まれる訳無いやん」
と私言うと、
「2月の猪名川もコレでしたよ〜」
あの〜手に握力があるならそれでもいいが、
ただでさえ、手首に負担をかけられない人が
あのレバーはないやろ。

という訳で交換。(強制的に)

結局、M氏のスペアパーツを借りて付ける事に

後でコレがmido氏のパワーアップパーツになるとは..........。

その後、ニンジャ氏のフリー走行を見に行くと
見てる目の前で、ハイサイドを喰らってましたが
こらえて持ちこたえました。グッド
私なら離陸ボタンを押していたでしょう。


昼休み
みんなでハスクの試乗と言ってた割りに、
MOTO1ライダーにデモを見に行ったせいで
乗れませんでした。
この後3本目の走行枠だったのでソロソロ準備に戻ろうかなと思っていると
トイレに行きたくなってくる冷や汗
ただ今回は、トイレットペーパーが要らない方でしたが.......
時間的マズカッタので
テントに戻るまで急ぐ。
結果、走る前からヒート気味。

3本目
2本目終了時に一応前後の減衰を上げてみた。
結果、先ほどの走行から乗りやすくなった。
路面のグリップが上がってきていて
調子に乗ってくるが、最終コーナーでコケかける。
ちょっとビビリミッター作動。

mido氏復活、止まれるようになったので、かなりペースを上げている。
その後にマサさんが続いている。

私も頑張らなければ..........。

4本目
コレでラストなのですが、またもや遅れて後の方に並ぶ。
アラキ氏の「スライド、期待してます。」という
大きな期待に対して、答えられるかという
難しい局面は

無理でした
(ゴメン)
でも
以前、スクールの講師の方言っていた、
「バイクを回す」というのが、なんとなく掴めてきました。
あの2人はには追いつけませんでしたが、
先頭グループに追いつかれる事は無く
1台ずつ抜いていく事出来ました。
まぁ後でウチの兄に
「更に奥まで突っ込めるぞ」と言われましたが。

あの2人は結構バトッていたらしいです。

テントに戻ってきて着替えていると
相当クラクラしてきた。
とりあえずハンドタオルに水をかけて頭と首筋当てていたら、
随分楽になってきました。

暫くした後、撤収作業開始。

手伝ってくれた、アラキ氏及びまちゅこさん、mido氏及びニンジャ氏、M氏、マサさん有難うございやす。
大体完了後、仕事の残っているM氏がお先に。
じゃんけん大会に行きたそうにしてましたが。

結局
マサさんを除くみんながお疲れお帰りモードに


そういや、マサさんがあと1人勝ったらチューブレスKITをゲット
だったそうですが、残念ながら負けたそうです。

そんでもって、
只今、日焼け及び筋肉痛で痛いです。


が、次回の舞洲にも参加するぞ〜。

メタメタに

  • 2009.02.12 Thursday
  • 19:52

昨日、練習走行に行ってきました。

結果

惨敗

タイアが低温の為、食わんと思っていたら
ハイサイドを数回くらいかけるは、スライドしてまっすぐ行くわ

人間リミッターがバリバリ当たっていました。
情けないです。
さらに
タイアが温まってきても、全然ラインには乗れないし、車速を乗せたまま
曲がれない→無駄に1コ下のギアで走っているし
更に開けれない症候群だし。

最近曲げる乗り方をしてなかったのと年末CRMでコケたのが効いて
曲げるのが怖い。冷や汗

また、こういう時に限って直線だけ速かったりする。

まぁ、撮って貰った動画を見ると、
傍からみると
ぜんぜんやる気の無い乗り方だったりする。
(乗ってる本人は頑張ってるつもりですが)
ただ
改善箇所がかなりたくさんあったので
まだまだタイムはさくさく削れていくと思われます。
(かなり希望的観測ですが.........)

なんとか改善していきたいと考えてます。

やはり筋肉痛に

  • 2008.11.05 Wednesday
  • 15:30

前回から引き続き、舞洲ADSM

3本目
今回は最初ほうに並んでみました。先頭はmido氏。
で、あっという間に引きちぎられてしまいました。
まぁ今回は、午前中にmido氏と話していた
「▲魁璽福漆入を、<反動切り返し>で奥のパイロンをインべた気味に」
を練習してました。
以外と出来たのですが、ラインがバラバラになりがちに冷や汗
相変わらず、この後のパイロンスラロームは得意なんですが......。
ここのパイロンスラロームは真っ直走って、パイロンを避けていく感じで行くといい感じで走れますが、
調子に乗りすぎて一番最初のパイロンに左胸ぶつけてしまいましたが...。
ともあれ
この走行枠では、2人ぐらいしか抜かれなかったので、流れは更にいい感じになってきました。

そしてテントに帰ってきて休憩してると
ガシャーーーーーーーーーーーーンと息の長いクラッシュ音が
皆で誰かコケタみたいやで。言ってると
「あ〜Kウゾウ氏やーーーー」
ただバイクを起こすときの仕草が変だったので、
戻ってきた時に聴くと
「両手の小指が痛いです。」との事。
バイクはハンドルバー取り付けクランプがねじれていたぐらいで、思ったよりは酷くはなかった。
一応応急処置はして、走れるようにはしました。
Kウゾウ氏はM氏からエアサロンパス等応急処置グッズを借りて療養していました。
やはり要りますね、応急処置グッズ。

4本目
応急処置や駄弁ってアレコレしてるうちに、
何時の間にやら走行枠が始まってました。
あわてて用意して走り始める。
この後のデモに向けて選手権に出ているライダーも走っているので、
参考にしながらと言いたいところですが、周遅れの人抜くのに精一杯。
さらに目の前を走る人(FTRの上手いかた)がナカナカ抜けない。
その前にD氏がいたのですが、この人を抜かないかぎりは無理そう。
とかいって.魁璽福爾離ぅ鸞Ε好僖辰箸弔い独瓦とすると相手のラインを潰してしまうので、アレコレ考えていたら、
1番奥のヘアピンにて
私の目の前に4、5台ぐらいの集団(D氏、FTR含む)がいて、
行き場所が無く
どういうラインすれば行けるだろうと考えていた時に、
イン側に黄色いのが見えて、
反射的にさらに減速
「行き場所無いのにそのラインからイケルのかー。さすがスゲ〜」と思っていたら、
目の前で

ガシャ

回ってました。

やはり無理だったみたいです。

その後暫くしてにチェッカーでて終了。
なんとかFTRは抜いたものの、D氏には届かず。

テントに戻ってきてもボケ〜としてました。
D氏は3本目終わった後に、私が言ったアドバイスでかなり速くなってました。

その後再びお腹急降下、悲しい
ダッシュでトイレに行く。
戻ってきて後片付け。
途中じゃんけん大会に行くものの
弱すぎて何もゲットできませんでした。

最後の片付けにま氏に手伝って貰い(有難うございます)
撤収準備完了
今回、午後は他のクラスのニンジャ氏やM氏及びKウゾウ氏、スクールのころ氏
とかは、テントで見えてる部分でしか見れなかったのですが、
楽しいイベントなので
また、次回、皆で参加しましょうね。

やはり筋肉痛に

  • 2008.11.04 Tuesday
  • 11:10

日曜日に舞洲ADSMに行ってきました。
今回は私、ウチの兄(走るのは初)、D氏及びM氏と
mido氏と弟さんのニンジャ氏とkウゾウ氏(こちらも初参加)
そして1人スクールのころ氏(初参加)
現地到着の関係でころ氏は、別の場所に停める事になりましたが......。

そしてテント設営時に周りをみると一台向こう側に、前々回からお隣の
ま氏発見、でももう移動できなさそうなのでした。

で、今回走行枠は
フリーライド
A.....私、D氏、mido氏、ま氏、ま氏の知り合いの方........250トレールクラス
B.....M氏、Kウゾウ氏........400トレールクラス(dr−z、2スト)
C.....ニンジャ氏.......レーサー、外車クラス

スライドスクール
ころ氏

トライモタード
ウチの兄

と、なりました。
受付に行く前に、はっぴーえんどの森田さんに挨拶。

その後、保安部品外したり、あ〜だこ〜だしていると
開会式に
そして、グダグダしていると何時の間にやら1本目の出走の時間。
今回天気は終日、晴れ時々曇り、時折強い風。だったので
路面は完全にドライ(でも砂在り)

1本目
どうも私は、スロースターターであるみたい。
毎度の事ながら、D氏に追いつけれないぐらいグタグタ
あっという間に,ま氏とかに周回遅れ組にされました。
あと前回とコースレイアウトが若干変更されており、
かなり戸惑いました。
mido氏は初参加なので、加減(自粛....?)しながら後続車を抜いていたらしいが、
周りの大人気ないの抜き方に、当惑してましたが......。
でも、今回のターゲットを見つけたみたいで
もの凄〜く楽しそうにしてました。

で休憩中、私のお腹具合が急降下、こちらのテント遊びにきていた、
ま氏の自転車を借りてトイレにダッシュ
危うく誤爆する所でした。
ま氏、自転車有難うございました。

Bクラス及びCクラスは、テントから見える範囲でしか判らないですが
M氏はかなり速くなってます。
Kウゾウ氏は初参加なので、良く判らない模様
ニンジャ氏は、「周りの連中が速いので、抜かれまくって、自分の走り方がしずらいです。」との事。
そのころウチの兄はハスクのオイル交換中
トライモタードの受付に遅れそうになる。

2本目
ちょっと空気圧を下げてみて出走。
先程よりいい感じで乗れる。
D氏を引き離す事に成功。
でもmido氏には周遅れにされる。
で、そのmido氏は、XLR(バハ?)に乗る人とやりあってました。
この時気づいたのですが、
今回、Aクラスのレベルが相対的上がってました。
まぁ、3人ぐらいしか抜かれてないから、
1本目より流れはいい方向ですね。

で、トライモタードウチの兄は結構苦労してるみたいで、目の前で見ていたのですが、開けっぷりはいいけど切り替えしの多いセクションでは引き離されてました。でもちょっとずつ良くなっているみたいです。
ニンジャ氏はロードフォームに変えて研究中


昼休み
ワンコイン走行会にM氏のDR−Zを乗させてもらう
乗りやすい。ここだと3速オートマモード
ノーマルだとシャープさのカケラもないバイクですが
結構アレコレやっているので面白いです。
調子にのってタイアやガスを減らしすぎないように10分少々走ってやめました。

次回に続く

う〜む

  • 2008.07.20 Sunday
  • 17:38

たまに、バイクの情報調べる時に、良く見ているのが
motostation.com (フランス語なのでグーグル翻訳等必要です汗

そこに、どうもラリーみたいな競技が、あった。
それもラリーレイドでは無く、4輪のいわゆるWRCやIRC等の
スプリントタイムアタック形式のが.......。

どうやらフランス選手権というのがあるみたい。

以前、mido氏とか、話をしていた際に
「WRCの2輪版みたいのて、無いのですかね〜」というネタになったのですが、
危ないから、無理だろうという結論に至ったのですが、
(仮にコースアウトすると、即.......)
在るとはね.......。

まぁ、このテの検索で、
例えば、[moto rally ]で実行すると
たいていが、ラリーレイドか
ツーリングイベントぐらいしか引っ掛からないので
なかなか見つからないというのもありますが.........。

 マン島TTが感じとしては近いのですが........。
(アレほど速い訳ではないですが、その分狭いので)

で、このフランス選手権のリザルトをみると
いろいろなバイクが走ってます。
かたや50からgsx1300のサイドカー付きまでなんでもアリ。

で、動画を見ると、例えばrallyes dourdouだと
2006年度版を見たのですが、

rallye dourdou 2006Uploaded by kilou78

なんと、ご丁寧にナイトステージまで在る。
速さ的には、マン島みたいに本当に全開と言うわけではないですが、
結構いいペースです。

ハッキリいってやりすぎでしょう。
う〜む。

雨時々晴れでもやっぱり豪雨

  • 2008.06.24 Tuesday
  • 19:49

前回に引き続き
ADSMネタで

昼休み
デモ走行を見る
この頃は路面がほぼ乾いていて部分的にウエットパッチ
天気も晴れ
気になっていた箇所をMOTO1ライダーの人たちはどう走っているかをチェックしました。
場所はクランク的なシケイン
普通に考えると奥の次がストレートなので
手前を捨ててがセオリーなのですが、
雨のせいで奥が川状態になり、流れ出た砂がラインに乗っかっている。
そして路面が乾き、砂が取り残されている。

う〜む
やはりあそこは、基本は、あのラインか〜と見て納得。
それよりも状況で、入れ替えているところが
さすが、ヘボサクな私とは違うな〜と感心しました。

でも、実行出来るほど私にウデが.......................無い。悲しい

3本目
天気....晴れ→曇り
路面....ほぼドライ、部分的にパッチあり
2本目でピッチングが気になり、路面も良くなったので、
Rの伸び側を2クリック強くしてみた。
今回はいい感じに走れている。D氏を抜いて、ちょっと引き離すこと成功。そして気づくと前はま氏。
でも周遅れを抜くときミスしたら、内側に青いフェンダーが見えたので
D氏が真後ろいると気づく。(でもD氏では無かったそうな......終わってから本人談)
結局、D氏らしき人物!?からの攻撃は防げたが、ま氏の後ろで終わる。
後半ちょっと暑かったですが、メッシュツナギはかなりの効果です。
なんせ、肌に、風を感じますからね。


テントに戻る際、M氏とすれ違う。
走るみたいです。
...
....
......
M氏帰還『周りが速くて早くて.........。』
ま氏がムービーを撮っていたらしく、M氏自分の走りを見ている。
横から覗かせて貰うと、
なんだかんだ言っておきながら綺麗に走っている。

暫くした後
出店にアレを買いに行く。
そう、M氏のコメント欄にあった
アウテックスのチューブレスKIT
「かくかくしかじかなので....R用2つ下さい。」
『今日はRだけは持ってきて無いから〜.......。セット2つ開けるわ〜』
無理を言って、すみません............。汗
中しゃちさんの寛大なる配慮で
無事2つ手にいれました。有難うございました。

このころから曇り始めてくる。

4本目
天気....曇りたまにポツポツ
路面....ほぼドライ、パッチ有り(結局、川だった部分は1部残りました)
最後なので、コケないようにと。
やはり気づくと前が、ま氏
で、周遅れに手間取っていると
黄色のSB(S−トラ)に抜かれてしまいました。
抜き返そうとするとミスして流れる。
アレコレもがいているうちにチェッカー。3台前にま氏(周遅れ2台含む)
まぁ今回コケなかっただけでもいいか。
ま氏の知り合いの方もいい感じではしってました。

で、M氏出撃
テントに戻った我々は、休憩
....
......
.........
ぼけ〜としていたら雨が降ってきたー。
あわてて撤収準備開始
M氏カワイソウと思いきや、走行枠が終了して帰還
『路面が濡れて周りでバタバタコケてましたよ〜。』
だんだん酷くなっていく雨脚..........。雨
それも雨強風
テントの横幕を取った頃には全面水溜りに
よく思い出すと、去年もこんな感じだったような............。
おかげでせっかく着替えたのに、下着までぐっちょり。悲しい

撤収を手伝って貰ったま氏、及び、ま氏の知り合いの方
有難うございます。
次回のイベント(ファンライドかレアル1か舞洲かは、決まっていませんが
)時も宜しくお願いします。

M氏→とりあえず無転倒おめでとうございやす。チューブレスKITの予備は、預かっておきます。次回の舞洲は受付にて同じ走行枠にしてもらおう〜。

D氏→なにげに速いです。特にウエットでは。後もうチョイですね。しかしあの青いフェンダーて誰だったのだろう.....。

あ〜そうそう今回もトイレットロールは使用しなくて済みました。

雨時々晴れでもやっぱり豪雨

  • 2008.06.23 Monday
  • 12:46

雨の中行って来ましたよADSM
ウチの兄とM氏及びD氏で
現地に到着すると見覚えのあるステップワゴンが.....
ま氏でした。
ま氏にこちらに移動してもらって、車両を降ろし、テント設営。
「こういう日は自走組はカワイソウ。」など
ア〜ダコ〜ダ言いながら
無事完成。
その間にま氏の知り合いの方も到着。
雨も止み、西のそらには雲が途切れて青空も出つつある。

暫くした後、受付に行くと事件発生。

M氏のみ、走行枠が違うという事態が.........
「多分、DRZやし、普段のファンライドでの活動が.......原因では....」
と言ったのですが、納得いってない模様びっくり

で、出店に私のヘルメット塗って貰った
はっぴーえんど さんにご挨拶←ウチの兄がお世話になってます。
久しぶりお会いしました。
『息子がタマ虎に参加するので宜しく』とおっしゃったのですが
今回、私はスクールで無いので
「今回はフリーライドなので...........〔汗〕。」

それから、テントに戻り、バタバタしてると
「開会式始めますので参加者の方は......に集まって下さい。」
と主催者からアナウンス。
開会式が終わり、即、私らの走行時間枠なので
急いで着替える。
ツナギとその上に着ているコーナン安物合羽のせいで
とてつもなく蒸し暑い。汗

1本目
天気....曇り一時小雨
路面....そこらじゅう川だらけ(ベリーウエット)
こんな状態なのでゆっくりスタート。
目の前を走るD氏に憑いて行くのがやっと
途中、周遅れを抜くタイミングでさようなら
実はαー10でウエットを走るのは初めてなんで様子見
意外と喰いつくのですが、気が抜けると変な所でズリッと逝く
それと蒸し暑さで思考能力ダウン。
いつの間にやらチェッカー振られて終了。

テントに戻るとM氏がいる
「次の枠でしょう」と言うと
『路面濡れてる時は............と言う訳でパス』

目の前でスクールが始まり、皆で評論家モードへ
タマ虎のパイロンアタックは面白そうですが
かなり難しそうです。
見ていると
失敗する方の傾向は、進入でナックルガードを当てようとしてインべた過ぎて曲がれない。
(ラインで当てようとする)
講師の方々はクリップについた時(最大バンク時)にヒットしてます。

でもね
他人事だから好き放題言える訳で、
自分が走っている時は、失敗する方と同じ傾向かもしれません。
また、人の走り方から自分の失敗を理解する時も有りますし......。

また
このスクールに、はっぴーえんどの息子さんも走ってはりました。
スムーズかつ綺麗に曲がってました。
あとは、前の方に座って乗れば完璧でしょう。グッド

2本目
天気....曇り
路面....ハーフウエット+ドライ
路面が乾いてきたといえ、路面はしっとり+数箇所川
雨も止んだので合羽無しで走る。
やはり目の前のD氏に付いて行くのがやっと。なんであんな楽そう(スムーズ)に走れるのだろう.......。周遅れを抜く度に差が出来ていく。
ただ、なんとなくタイア感触が判り始めたので後半ペースを上げていくが、
チェッカーが出て終了。
終わってから
進入時リアが流れるのを、Rブレーキを使ってコントロールを余りしていなかったのに気づく。
昼からは路面もほぼ乾きそうなので、次こそは......。

で、テントに戻る
M氏また走行枠をパス
目の前のスライドスクールをまたも、皆で評論家モードへ
あ〜だこ〜だ言ってると
ウチの兄がデッカイ、ビニール袋を下げながら
「サンタに貰っちゃったよ〜」と訳の判らん事言っている。
で中を見ると出店の特価ツナギが............。
「自分に6ヶ月速いクリスマスプレゼントや〜」
と言ってましたが。
更に、「お前コレ着へんか。」
という訳で3本めから有難くコッチのツナギで走ることにしました。
なんせ自分のツナギがパンチングメッシュが無いので思いっきり暑い。
で買ってきたのは、メッシュジャケット並みに風が通る。拍手
ただ
「お前、コレでコケたらどうなるか分かっているやろな。」冷や汗
と脅されましたが.....................。

そんなこんなで昼休みに

次回に続く

つぎこそは.....

  • 2008.05.27 Tuesday
  • 12:26

今回のファンライド(5/24)が法事の都合で留守番となり行けなかった
ので次は、舞洲のADSMには参加したいと思います。
で、
とりあえずクラスをどうしようかと
フリーライドかな。
ぼちぼちエントリーしとかないとまずいかなと。

それにしても、MJをかえてからは、全く乗っていないので、
夜にでも乗っておかないと。
最近は50スクーターばっかりですからね。

ぐに〜2

  • 2008.05.20 Tuesday
  • 12:05

という訳で、
燃料コックのねじ山をヘリサートタップ♯1であけ直す

*(今回は、燃料コックが亜鉛素材なうえ貫通穴なので、強引にやりましたが、本来ならドリルできっちりと下穴を開けましょう。でないと悲惨な結末を迎える可能性が大有り。某メーカーの横着タップというのモノもありますが............。)

後は、♯2、♯3とたてなおす。

ここから躓いたのが、ヘリサートの挿入
燃料コックをいちいち外していなかったので、固定し辛ので
挿入失敗を繰り返す。

まぁなんとか、入りましたが...............。

ぐに〜

  • 2008.05.15 Thursday
  • 12:37

燃料コック取り付けのネジ山が逝ってしまいました。
まぁ頻繁に脱着を繰り返していたから仕方ないと言えば仕方ないのですが。
さて、どうしようかと思案中。

ヘリサートを入れる

裏からナットで留める

知らなかった事にする............(アホか)

コックを新品にする................(普通はコレかと)

今の所、,嚢圓ν縦蝓

適当.....?

  • 2008.04.29 Tuesday
  • 12:15

最近、簡易ナニナニとかの
横着な方法がイロイロありますが、
今回は、簡易 黒リム.....!?を作って?みよう。
(実は昔のダートクールに載ってたの参考)

必要な物
黒ペンキ  1個
平筆    1本
根気と集中力......冷や汗       続く限り

有ると便利
スタンド(車輪を回す為に)

で、後は実験台という生贄..................。
今回は、友達のO氏のXRで作業開始

まずはニップル周りを塗って、内側から外側に向って塗っていきます。
コツは筆に、多めに塗料を含ますことかな。

そんでもって、完成。

仕上がり具合は、本人次第なんで

微妙な場合は、近くで見ないようにしましょう(爆)

まぁ今回はソコソコ良い仕上がりで助かりました。
結果
満足度............プライスレス

フォーム

  • 2008.03.18 Tuesday
  • 12:33

この前、自分が走っている所が写っている写真を見ていたら
アウト側の肘が低い事に気づき、

「思わずカッコ悪〜」と自分で言ってしまう始末.......。

と言う事で

ハンドルバー取り付け角度を起こし気味に変更してみました。

レンサルの位置決め数値で言うとー3ぐらい移動
(クランプ前側取り付けボルトにT−レンチ差し込んでクロスバーと干渉する手前ギリギリにセットしました。)

しかし

後で気づいたのですが.......、ハンドルバーよりもレバーの角度を下にした方が肘が上がる事に気づく..........。冷や汗

まっ、いいか............。

あとは、コレに慣れるだけですね。

2008 3/20
え〜余りに肩が凝るのようになったので、以前の仕様から+1mm起こした位置に変更
(結局肘の位置が余り変わらなかったので.........!?
無意識的に脇を閉めている模様。

やはり雪

  • 2008.02.26 Tuesday
  • 19:48

ひきつづき

結局、その後の2回目のミニコース練習でも、恥かしい失態のオンパレードで更にメロメロに。汗

そして昼休み

この頃から天候がさらに不安定になり晴れているが風が強くなっていき
コース上のパイロンは飛んでいき挙句コース脇のスポンジバリアも飛んでいくありさま。強風
昼休みが終わる頃には一旦落ち着いたのですが..........。

午後からはミニレース形式で始まったのですが、
更に路面温度が下がったみたいでウオームUPランでもタイアからの手ごたえは...........。悲しい
後ろでガシャという音で振り返るとDRZの人が転倒
まだスタート前でこんなの感じなので
無理せずスタート。
M氏及びD氏ともいい感じで走っているが
こちらは物凄〜くセーフモード。しょんぼり
2、3周目ぐらいで前回の舞洲で知り合った人がハイサイドで転倒→医務室に運ばれていき
それから暫くした後チェッカーが出て終了。
幸い打撲と擦り傷程度で済んだみたいでした。嬉しい

その後、レーシングクラスの出走となるのですが
この辺りから雪がチラつきはじめ、
結局2台だけが走って、講師の方が二人の走りの違いを解説していただいたのですが...........二人の走行後、更に雪が酷くなり、
講師の方による医務室での講義及び質問コーナーとなってしまいました...。

暫くした後一旦雪は落ち着くも路面はビッショリ
「走りたい方は、走ってもらってもいいですよ」と講師の方の問いかけに
誰も無言モード............。冷や汗
という訳で
今回は終了。
とりあえず転倒せずに済んでよかったです。

尚、閉会式終了後の騒音測定はM氏が87db、D氏が88db、私も88db(バッフル付き)でした。

ちなみにタイアは家に着いて暫く後に届きました。!?

やはり雪

  • 2008.02.25 Monday
  • 21:07

ここのところ更新が出来なかったのですが
ようやく更新。

この前の土曜にファンライドスクールに行ってきました。
実は発注していたタイアが間に合わず(この日に到着予定)
街乗り用の終わったタイアで参加...........。
いつものM氏とD氏と一緒に。
今回は3人ともクラスを一つ上げて参加したのですが......

午前中は座学受けていた時に雨が降ってきたのですが、講義が終わる頃には
雨も上がり、太陽が出てきたのですが、路面は暫く濡れたまま。

講師の方々は予定変更して、コースグルグルから
スタート練習に

講師の方が実演した後は私たちの番
はじめは密かな期待があったのですが
ものの見事に打ち砕かれました
私ってスタートがヘタクソだと。
「半クラからポンと繋いで前が上がりそうになったら一瞬切ってスパッと繋ぐ」と講師の方に教えて貰ったですが、
難しい......。
意識しすぎるとポンと浮いて失速
もしくは前が上がりすぎるのを気にしてクラッチを滑らせすぎてしまう。
結果は言うまでも無くメロメロ。悲しい

そうこうしている内に路面が乾き、コースグルグル開始
「路面が冷えてるので、タイアが温まるまで気をつけて走ってください」と
講師の方の言葉を肝に据えて走行開始

なかなかタイアが暖まらない、それもRタイアが............。
やはり3年モノで熱の入ったタイアはダメみたい.................。
(まっ、それに載ってる人間は更にダメでしたが!?
そのなかD氏がかなり頑張ってるのでこちらもペースをちょっと上げると
ヘタクソな私では制御不能なスライドしてしまいコースアウト冷や汗
周りを見るとM氏もコースアウトしてました........。
コース復帰後はペースを落として走ってました。
まわりも結構ドタバタされていて、転倒された方もいました。
そうこうしている内
やっとタイアが暖まってきたらチェッカーという感じでした。しょんぼり

次回に続く............。

昨日 2

  • 2007.11.13 Tuesday
  • 20:17

引き続き舞洲ネタで

変則パイロンスラロームでだいぶ感触を取り戻して、
スクールは終了しました。
この後は15分升核椶料行枠に
1本目
チョット凹んだ気持ちのまま走る。が、グルグル回っているうち調子が出てきました。
目標は180度ターンを小さく回る。
やはりナカナカ難しい。
それよりも、あっという間に周遅れの方が出てきて、抜くのに必死
あまりイン側を突けないのが辛い、とかいって抜くポイントが余り無い。
結局コーナー進入しか私の能力では難しい。
自発的に譲ってくれる方もいたのですが(有難う御座いますグッド)自分の走り方に必死なので、こちらも無理に抜こうとするとお互いぶつかりそうになるので、渋滞したまま1本目は終了しました。M氏及びD氏もなかなか抜けず苦労したみたいです。

ちなみに、この枠でイキナリ遅刻するというマヌケ事態が発生
原因はウチの兄が持ってきた大きい時計時計をテントにぶら下げていたのですが、この時計の時間あわせをいい加減にしていた為、5分程遅れているのに誰も気づかず、お隣さん(別クラス)「アレ、向こう走ってるで。」ようやく気づくハメに。

昼休み
この枠でハスクバーナの試乗会が有りウチの兄はこれが目的で、ここに来ている。400と450を乗って帰って来るのか思いきや、また並んでいやがる
でこちら見ては手招きしているので試乗会場に行くと
「お前も乗れ。」と
結果、私とD氏も乗ることに
最初400に乗ったのですが、正直な話、頭の中が??でした。
次に450でやっとトルクがあるなという感じだったので、50cc分の差がこんなにある筈は無いので、たぶん400の方は随分とヤレていた感じがあり、本来の状態ではなかったのでしょう。
またどちらも、ブレーキング時の姿勢でスグに後ろがヌケ気味になりやすかった割に止まらないので、余計に戸惑いました。コレもまた本来とは違うと考えられます。いずれにしろ、試乗会最後の方だったので、車両状態が最初とは、違った可能性が大いに考えられます。

2本目
XR400モタに乗っている人が目の前をいい感じで走っていたので、コレについて行く。やはり周遅れの方を抜きあぐねて引き離されて終了。
一番車速の乗るパイロンスラロームの切り返しではたぶん、この枠では私が一番速かったと思います。というのも以前2月のファンライドスクール
パイロンスラロームがあったのですが、一番バンクしている時がパイロン手前に一番近づいたほうが良い(イメージ的にナックルガードとパイロンが当たりそうになるぐらい)を実践していたからです。
比較の話になるのですが、私はこの部分はほぼ全開で切り替えしています。その結果、D氏は3速しか入らないと言ってましたが、私は4速まで入りました。(ちなみに私の方がファイナルはロングです)
でもね、
この後のヘアピンが下手なんだよねー

3本目
これが最後の枠なので思い切って前の方からスタート。
いつまにやら先頭に。
ふと気づくと後ろからプレッシャーが
デモランのウォームアップなのかmoto1の選手の方にアットいう間にに抜かれる。CRF250の方にはチョットついていけたが(タマタマ例のパイロン区間というのもありましたが)ヘアピン1コでサヨウナラ。
それよりも体力が辛くなってきて、そろそろ終わりかなー考えていると目の前でトリッカーが真横に向いてハイサイド→転倒
危うく突っ込みそうになり、なんとかかわし、気合を入れなおす。
気づくと前はD氏
追いついてやろう頑張るがチェッカーがふられて終了。
M氏は今回のノルマの無転倒達成拍手(前回の転倒は、たしかトリッカーに巻き込まれたケースでしたが!?
D氏もアレだけスクールで乗れていたので何か掴んだのでしょう。

私も最後はソコソコのれるようにはなりましたが、性格的に右はやはり下手ですね。
その後じゃんけん大会の後
後片付け
辺りは真っ暗の中
奈良からステップワゴンで来ていたお隣方に手伝って貰い(有難う御座いました)
なんとか撤収完了。
こうして今回の舞洲は終わりました。

あ、そうそう今回トイレットペーパー持参で行ったのですが、トイレで張り付くことも無く!、ましてや芯で拭くような事態!?にならなかって良かったです。汗

2007 11/15追加
キャブの取り付けバンドが前後とも緩々になっていたのを後日洗車の際発見する............冷や汗

昨日

  • 2007.11.12 Monday
  • 19:44

昨日はall days motard 舞洲に行ってきました。
今回もいつものM氏とD氏と共にスクールに参加したのですが、
今回のネタは
8の字練習
だったのですがコレがナカナカ思い通りにいかなくて苦労しました。
右ターンがかなり下手と思い知らされました。
講師の方に「視線が低いですね。」と言われて修正
次に、「ダラっと曲がっているので直線区間でもっと開けてしっかり加速して下さい」.........修正
別の講師の方に「下半身のホールドがイマイチですね。」
コレは自分でも気づいていたのですが右ターン時に外足の押さえ込みが遅れるのとその時に右足の膝ホールドがアマクなる。
まだ左ターンの方がマシ(←自己評価)
ちなみ、M氏及びD氏は綺麗に曲がっている。
特にM氏は直前に更にハイシート(SDGのハイシートなので、DRZ-smノーマル<DRZ−smハイ<DRZ−R及びE=SDGノーマル<SDGハイ、つまり流行的に言うとメガハイシートとなります。)そして変更されたキャブでかなり頑張ってます。
それに比べて私は...................。
この後、パイロンスラロームみたいなのにコースに変わってからは、多少良くなりましたが。

次回に続く。



新しいけど.......

  • 2007.10.29 Monday
  • 22:01

ようやく新型KLX及びD−トラの写真が発表されましたが、やはり外装は海外向けKLX250Sほぼ同じ仕様で出てきましたね。にしてもあのヘッドライトはね〜、もし購入することがあれば、即交換かな
微妙な顔 でも明るそう.....逆にコレで暗けりゃ.............。
Rフェンダーも同様に現行D−トラの物に
惜しいのはテールレンズ自体の造詣は真上から見た場合かっこ良いのにね。
格好いいテールレンズでも2分割Rフェンダーはどうかと
シュラウドも変えたいがタンクの形状が....................。
あとFキャリパーが..........................。
キャリパーがなぜか昔ヤマハ系(DT−WR、ランツア、TT250R等)が使っていた物!?

でもイロイロ気に入らない点があっても
根本的な問題では無いので(外装は変更すれば済む問題だし)
現在の小排気量軽視のこの時代に、まっとうなバイクとして
残ってくれただけ在り難いと考えなければならないでしょう。
それにプラス面も一杯あるし
インジェクション化
4速及び6速ギア比変更
ブレーキ周りの変更
スイングアーム及びリンク周り、そしてFフォークの変更
タコメータ付きデジタルメーター
便利なタコメータ付き。そしてメインスイッチが真ん中に来たおかげでスロットルケーブルの無理な取り回しが改善!?でも一応北米仕様(250S)のと、注意書きが........。  等

あとは価格がどのぐらいになるかが判断ポイントでしょうか

2008 3/13 追加及び訂正

価格はKLXが ¥518000
   D−トラ ¥538000 だそうです。

あとちょっと

  • 2007.10.22 Monday
  • 20:25

え〜とようやく慣らしも次の段階に入って、今はたまに上の回転を使っています。
O.H前とは違い回転上昇がシャープになってます。
特に7000rpmからの伸びは気持ち良いです。
まだ、本気で全開にはしてませんが、以前より速くなってます。(当たり前か)
そこで、問題が.........。
現段階では、乗り手がついて行けません。ショック
このところ80ばかり乗っていた為
体の動きが完全に遅れてます。
(とはいえど、D氏のKLX 17インチにはちょろっと乗らして貰っていたですが、やはり自分の仕様とは...............違うので.。)

そういう事も含めて慣らしが必要ですね。
それにしてもバッフルが無しだと、開け方に気をつけて乗らないと
下衆な音(微妙なサイレンサー!?がついたミニバン及びその2輪版)がするので、暫くは以前付けていたサイレンサーに戻そうかと
考えてしまいます。

ふむ

  • 2007.10.06 Saturday
  • 20:29

部品も揃ったので件のエンジンを組み上げ中気づいたのですが
バランサーベアリングの刻印(多分ロットナンバーだと思いますが)が
コレ
バランサーベアリング。ロットの刻印がKXて..........。

まぁKXとは、全然関係無いですが。

話は変わって
アメリカ仕様のKLX250S
2009 KLX 250S US
が発表されましたが、賛否両論のあの顔つきよりも、
Rフェンダーの造形のほうが...............。
シュラウドのデザインが....................................。
何かに似てるなと考えていたら
思い出した、
ブラジル仕様XR250
ディグリーみたいな

という事で私は今の04〜Dトラ外装のほうがカッコ良いとグッド
それよりも気になるのは向こうのホームページのところに書いてある 

Lightweight piston, piston pin and connecting rod enable higher revs for maximum power ←軽量ピストンにピンにコンロッドが新作と期待させる文。でもおおかた単純に現行のを誇張してあるだけでしょうね。
2007 11/2追記
やはりただの誇張でした。

それとなぜかCVK34...............。
排ガス規制が緩いのか厳しいのか良く分からん設定
だってアメリカでのカリフォルニア仕様て一番規制が厳しい仕様でしょ。
これがインジェクションで無いが不思議。!?

あとFフォークがこっそり変わってるだよね〜
ここには、書いてないけど。

新作のスィングアームはかっこいいな〜グッド

暑い中

  • 2007.09.28 Friday
  • 20:18

前回書いたとおり
今回はアネックス ネタで。
その日は後で知ったのですが、関東で機動隊員が訓練中に熱中症で倒れるぐらい暑い日でした。
そもそも一応、この日に行こうと行っていたのだが、この前のD氏転倒で
「今回は中止。」
とS氏が言っていたのに
前日に
突然
「明日行くぞ..............。」と
で、次の日現地到着。
コース管理人の方に
「こんな暑い日晴れに来るなんて変態ちゃう。」と言われる始末。
また偶然、前回(て、ほぼ1年前だけど)会ったYZ85のの人に
「今日、来る人は絶対マゾやで」とさらに言われる。
(結局この日は後で来たN氏とウチラ3人とYZの人と黒いKLX250の人だけだった。)
とりあえず、着替えて走ってみる。
1周ちょっとで暑過ぎて即戻ってくる。
仕方ないので林間コースへ
ウロウロしているとYZの人が
「案内してあげるよ............ラブ
そして自分のヘタレぶりに.............悲しい
戻ってきて水分補給して、ダラダラと過ごす。
しばらくそんな感じで過ごしているとN氏登場
「久しぶりにOFFバイクに乗るからアカンわー」と言いながら、流石は昔エンデューロにはまっていた人だけあって、自分CRMとは思えないの動き。
CRMがレンタル中なので、しばらくD氏のKLXで遊んでみる。
でもこのバイク、トレールタイアなんで調子に乗るとなかなか怖い目に
でMXコースと林間コースの入り口を行ったり来たりしていると
足元から,
バキッという音ともにブーツのが緩くなったので、
バックル外れたなと思い止まってみてみると
ギャー、バックルベースが割れてる.
それから、やる気無しモードへ汗
戻ってきたら、S氏、N氏、YZの人で林間コース探検中(D氏は歩きで)
林の中から威勢のいいエンジン音が失速したり
S氏の雄たけびが...........。
で帰ってきたS氏が言うに
「N氏が泥沼でスタックしたからな〜。」
CRM泥だらけ
で高圧洗車して車に乗せて家に帰る。
で次の日、ホイール交換したら、ドラムハウジングの中から泥が.......。

笑えない

  • 2007.09.22 Saturday
  • 19:41

このところ、事ある事にトラブル(自滅ネタ....エンジン関連)だらけですが、
ここでは、周りののネタを

,─舛叛萓莉気療斃砲糧佞飽柄暗仂譯鳥甬擇咤啝瓩
いつもの山坂道へ
実は、ここに林道みたいな所があってそこに行ってきたのですが
最初の砂利道から途中からコンクリ舗装に変わってしばらくした所で
先頭の走ってた私のバイクが、突然暴れたので
「何.何...。!?
そして後ろを走っていたD氏がつられてコケてなければいいが.....と振り返るとライトが点いて来たので
「大丈夫みたい」と思いきや
ガシャと鈍い音が...........。
振り返るとお約束のようにコケてました。
その後ろを走っていたS氏は何事も無かったようでしたが
まずは救出活動と応急処置と壊れたパーツの回収後、原因を探りに暴れた場所まで、引き返してみると

山側から崩れたフカフカの土が路面のアウト側大部分を覆っており、そこに乗ったため、一瞬スライドした後、コンクリ上で急激にグリップが回復したと。
逆から見た場合
↑別の日に撮った写真です。

私は何とか堪えたのですが、哀れD氏は多分ハイサイドを食らって..転倒

結果、D氏のヘッドライト及びメーター周りが大破。擦過傷及び打撲
私は、暴れた時にどうも右ミラーで胸を打ったみたいで、2.3日痛かったです。汗
先週D氏と話していると
「わき腹の上がまだ痛い」と言ってたので、ひょっとすると自分エルボーアタックで肋骨にヒビが.....................。ショック
ちなみに友達のO氏も
「この前、家具にぶつかって、1週間ぐらい痛かったので、病院に行ったら
肋骨にヒビが入ってた」だそうな。

mido氏が参加した、小さいバイクつるしクラスにおいて実は、予選Kクラスエースライダー枠TOPだったのですが.............。
走行出走枠の都合上2番手扱いに.........。悲しい
さらにリザルト上のページのこの時ポールを取ったチームのコメントに
大激怒してました。怒りマーク

ほぼ1年ぶりにアネックスに行ったら、話にならないぐらいアカンかったのと、ブーツのバックルを留めているベース部分が走行中にバキッと割れた。悲しい

そんな感じで不幸の連鎖が..................続いてますね。冷や汗
アネックスの話はまた次回に

きびしい選択

  • 2007.06.14 Thursday
  • 20:00

日曜日に舞洲のモタードイベントに。
2月のファンライドスクール行ったメンバー(M氏およびD氏)
+mido氏(トランポ有難うございました)
で行って来ました。

この日の舞洲は天気がコロコロ変わっていた。舞洲の橋渡るときにmido氏が
「今日、めっちゃ空気が澄んでますね。晴れ 神戸の方まですっきりみえますね。写真取りたいくらいっすわー。」
と言ってたのに、暫くすると曇ってきた曇り

スクールのほうは、寝不足zzzのせいか寝かしこみが遅くて曲がらない........。
講師の方に「もっとリーンアウトさせたらイケルヨ」再三指摘されるも
頭で理解してても、体がついてこない。
切り返しの時に「体を振り回し過ぎ。なのでギグシャクしてますね。」と更に指摘される。
完全に気持ちだけが空回り状態になっている。
後「視線が近すぎますね。」は、
講師←生徒←講師←生徒←講師←生徒の6人一組でコースに入ります。
各先導の講師の方が後ろを見ながら走るわけですが、
D氏、M氏、私もそうですが、本来先のコーナーを見なければならないのを目の前の講師の方のほうを見てしまうのです。悲しい
そんなこんなで、メロメロなままスクール終了。
しかし、問題点を指摘されたというう事は、この後の走行枠で重点的にやれば何らかの解決策が出るだろうと、スクールの意義を感じました。
講師の皆様有難う御座いました。

汗だくになって革ツナギを脱いで水分補給モードへ

そしていつもの事ですが、スポーツ飲料がぶ飲みしたので
 急激にお腹の調子が....................。ショック
そしてトイレに行くとお約束のごとく
 紙が無い 。
有るのは芯のみ........。
プライドを取るか実用を取るかで悩んだが、
結局、実用をとりました。冷や汗

その後ハスクバーナの試乗会が有りmido氏は「一番凄いのを乗せて」と言ったみたいで、渡されたのが、SM450Rレーサー仕様(RR??
本人のコメントが、「モタードて、慣れてないからよう開けきれませんでした。ははは.....。でも速いですね。」
よく言うよ、あれだけ開けまくっといて........。

そして午後の走行枠へ
最初はスクールで指摘された課題をやっていたのですが、どんどんパスされていく。それも変なところ抜こうとする連中いたので怒りマーク、身の危険感じてペースを上げざるを得なかった。
そのうちに、なかなかいい感じに乗れてきた。嬉しい
単独で走っているといい感じなのだが、後続に追いついてしまうとペースが乱れてしまう。
それでもパイロンS字の切り替えしはこの枠では速いほうだった思う。
2回目の枠で前にD氏がいたが抜けずにそのまま終了。
最後の枠で5,6台前を走っていたM氏がコケていた。何でも前を走っていたヤツが意味不明にブレーキをかけた為、避けようとして転んだらしい。
そんなこんな走行終了。
終わって暫くすると雨が本降りに雨
あわててmido氏のハイエースに避難する。
皆でmido氏に感謝。
こんな感じでこのイベントは終わったのですが、昨日友達にこのトイレの選択についてメールを打ったら、
「芯で拭いたのは、漫画みたいやなー」
「どこかで、紙やすりで拭いた話を聞いた事があるわー」
と言われ、じゃあ芯は2000番ぐらい汗と返信したら
かなりウケていた模様。

次回はトイレットペーパーを持っていこう。

追記.....この後チェックすると、フロントエンジンハンガーボルトが緩んでました............冷や汗

見落とすと

  • 2007.04.15 Sunday
  • 21:00

変えてみたキャブをセットを出そうとしてスロットルとかの反応診ていると、
他の事に疎かになる。
で気がつくと素敵なサイン会場!?連行されます。
(またの名を警察の出店とも云う。)
青紙に署名しましたが、自分のマヌケさに凹みます。
そういや
Top GearのvideoでStig vs 司会3人組の
kit car challenge で最後何とか完成にこぎつけた司会三人組に対して
余裕で勝てそうなStigが来ないのはなんで......。
と言うオチと一緒です。(彼はパトカーに連行されていきましたが)

ちなみにこのキャブではスロットル特性に問題ありなんで、結局元に戻さざるを得ないところが更に泣けます。

風邪をひいたが 2

  • 2007.03.01 Thursday
  • 20:00

前回からの続きです。
昼食に買ってきたうどんが、なかなか煮えず、
オカシイなと気づくとカセットコンロが消えている。
これ何度か繰り返してなんとか食べれるようになるのに
意外と時間がかかり、結果M氏は、うどんを作っている時間が無くなってしまう。という有様。悲しい
そんなこんなで、
昼からのエリア練習がはじまるわけです。
エリア練習
3・本コースの半分を使ってのパイロンスラローム
 午前中と違ってパイロンの間隔が、広く取って有りますが、その分車速が高くなってきます。
ライン取りと車速管理を重要視したカリキュラムだと思います。そしてここで、午前中にやったことの恩恵を実感しました。明らかに肩に力を入れすぎてて車両の動きを邪魔していた事に気づきました。
結果
ものすごく楽に走れるようになっていました。グッド
そうなると、余所見する余裕も出てきて、黄クラスのD氏方見ると、イケイケ状態になっている雰囲気が...........。
そして私が何週か、回って、向こうのコースを見た時
D氏コケてました。(エー)

そして、エリア練習終了。
D氏に転倒のことを聞くと「パイロンスラロームで失敗し立ちゴケみたいにコケた」
そうですが小指が腫れてました...........。
(教訓 エアサロンパス等湿布薬を持っていこう)
その後、メンテ講座が有り
いよいよ本日最後のフルコース体験フリー走行がやってきました。
4・フルコース体験フリー走行
一応追い抜き禁止と書いてあったのですが、抜くならホームストレート上で抜いてもらっても可.....という話している人がいたので、まぁ余程ことが、無かったら抜かないほうがいいかなと考えていたのですが、前に居た人が思いっきり他を抜いていくのを見て、
抜いてもいいかと自己判断したのが間違いでした.....。
調子に乗って抜いていって、人の目の前でオーバーランを2回連続でやってしまいました。
周りの皆さんに多大なる迷惑を掛けました。
      この場かりて謝罪します。      
      「済みませんでした」
マッタク自分でもなにやってんだか........。
そしてフリー走行も終わり、模擬レースをチョコット見て終了式へ

今回最後に調子に乗りすぎましたが、基礎練習がいかに大切なのかを実感しました。
また如何にバイクの性能とかに助けられている事に置いてもそうです。(如実に股関節やら大腿筋が痛いです。普段どれだけ下半身ホールドが出来てないのが判ります!?
また参加できるときは、参加したいと思います。

風邪をひいたが

  • 2007.02.27 Tuesday
  • 19:50

先週半ばに風邪をひいてしまった。冷や汗
そしてその週末には、とライディングスクールがあり
結局風邪をひいたまま行く事に。汗
今回の同行したのは、M氏とD氏。
二人は自走。私は、兄のトランポで
猪名川サーキットに向かった。
途中朝マック、ガス補給と昼飯を買い込んでたら、予想外に時間を食ってしまったが無事到着。
受付を済まし、ゼッケンを受け取ってトランポからバイクを下ろす。
朝礼の際に、ファンライドクラスの中でクラス分けが有り、初心者クラス(黄)とちょっと経験者?(赤)分かれるのですが、D氏が黄クラス?、私とM氏が赤!?となりました。
車検を受けてから保安部品を外していると
ファンライドクラスの方は受付横の・・・・・以下小略」とスピーカーから流れてあわててM氏とD氏に部品を外してもらって、あわてて着替えて、何とか間に合う。
最初は、ゆっくりのペースでコースをぐーるぐると回ってウォームアップなのですが、相変わらず風邪の影響でボーっとしてる。
その後、ライディングフォームのチェックと続いて
エリア練習
1・変則パイロンスラローム
 これを最終的にはスタンディング 片手離しにて行う。
(手だけで乗っているかどうかを見つけるため。下半身ホールドが、しっかりしているとそんなに難しくは無いと講師の方いいますが.........。汗
なんとか出来るようになると、パイロンの間隔が狭くなると.......!。厳しいですね。

2・8の字
 最初はコースの一部を使い2人同時
次はそこからホームストレートに置かれたパイロンにて
各自練習を交代で行う
 3つ気づきました、
自分は右ターンが遅いという事と
協調性に欠けるという事.........。
おかげで、周りの皆さんにご迷惑を掛ける羽目に。
      この場かりて謝ります      
       「ゴメンなさい」
視点が近すぎる事
 視線送りがなってない事を指摘され、
努力してみるとターンしやすくなった事!

M氏は綺麗にターンしているのにたいして、私は.......汗

そうこうしている内に昼食休憩に
次回に続く

雨の走行会3

  • 2006.09.12 Tuesday
  • 21:15

チョット日にちが空きましたが
続きです。
Bクラスが終わり、次はAクラスになり
mido氏出撃
私はデジカメを持ってコースサイドへ
そして
スタート
発進時にかなりのホイルスピンで(なんせ晴れ仕様)出遅れた感は、あったものの
一周目で帰ってくる頃には3位ぐらいで帰ってきた。グッド
で、トップはレインタイアを履いたZXR400でIAライダーの方が二位以下を引きちぎっていた。
二位争いはBクラスを制したCB−VTECの現役生とmido氏
だが、CBはmido氏のアタックとプレッシャー攻撃の末、自滅
それからは上位二人は単独走行→最終ラップで権利放棄という結果になりました。
「意外とCBが速くて、抜くのに手間取った。タイアがコレだとコケなかっただけでも良しとしよう。」とmido氏拍手
スプリントが終わってから
雨がどしゃ降りに雨

土砂降りの表彰式が行われ、
Bクラスのお立ち台に上った人々は皆ずぶ濡れに冷や汗
それを見ていたうちの兄
「ある意味、お立ち台に上らなくて良かったな」!?
それを見ていたAクラスの方は傘持参で登場グッド
後片付け最中、更に強くなり、
サーキットのカートコース方は冠水していた。びっくり

帰りの高速で久々にハイドロプレーニングに遭い
半泣きに冷や汗
それも雨の制限速度でしょんぼり
しかしながらこういう天候でもアホがいて、登坂車線から抜いていく中途半端な高級車が居た。
大方、電子デバイスで「自分は安全」!?と思っているから、
こんな愚かなことができるのであろう。怒りマーク
まぁそれは置いといて、
とりあえず我々は龍野西SAに避難
駐車場から売店に行く間でまた、ずぶ濡れにバッド
mido氏ココの名物の塩ソフトを注文。
以前このブログに載せた、青い色の塩ソフト思い出したが、ここのは普通の白色。
ただとなりに餡子がのってますが.......。
味は意外と美味しかったが、餡子が余り好みではない私としては............!?(たまに例外有り)
そして無事mido氏宅到着。
ここで仮眠させてもらいました。(またもやお世話になりました)
気づくと2時間ぐらい寝ていたようです。
そして帰宅
雨の日は予想以上に、体が硬くなってたのを無理に動かしたからか、
次の日、体のアチコチのから痛みが.........。びっくり

雨の走行会 2

  • 2006.09.08 Friday
  • 21:28

昨日からの続き

出発後、山陽自動車道を西へ
龍野西から雨があがっていて、備前手前迄路面も乾いていて
いつものごとく現地では降っていないかもと
期待させてくれたのだが、今年はそうは問屋が卸さなかった。
和気に近づくとやはり雨が雨..........。それも結構な降り方で............。悲しい
そしてICを降り途中ガス缶にハイオク補給し
中山サーキット


トランポから荷物とバイクを下ろす時の気分はまさに憂鬱

「とりあえずレインに履き替えましょう」とmido
ところがここで問題発生
彼の工具箱の中に入れてきたはずの
Fアクスル用の22mmのヘキサゴンソケット工具が無かったのである。周りの人に借りようとしても誰も持ってなく、イロイロ考えてみるものの!?、やはり無理だという結論にいたった。
仕方なしに後ろだけでも変えようとしたが、前述の手押しポンプでビードが出るのか、という疑問も有り、
結局 現状の晴れ仕様で走ることに。

私は、雨の日(正確には、路面が濡れてる状態では突然コケやすい)は怖い17インチのオフ車(ただパワーが無いのが救い)、mido氏はドライ仕様のST600
二人のやる気の無さは最高潮に冷や汗
とはいえど、せっかく来たのだから
走らねば丸損だし。
Aクラスから先なので、mido氏出撃
その間私は、準備中
そしてAの走行枠が終わり、mido氏無事帰還
「タイアの溝有る所だけで走ってきました。」
見てみるとちょうど溝の有る所だけ寝かした跡が......。グッド
「やはり全然食わないので危ないですわー、ははは」とmido氏(強者である)
次は私の番である。
「コけないようにツーリングペースで行ってきますわ」
最初2周はゆっくりめで3周めからペースを上げた瞬間、コの字手前の右コーナーでズリっと危うくコケかける。
それよりもバイクの動きが全然わからなくて、全然曲がらない。そんなこんなで1本目終了。
「F動きが読めないので、全然怖い。冷や汗
そしたらmido氏
「次コレ乗ってもいいですか」
「いいよ、チョッと乗ってみて」
それから暫く二人で私のバイクの雨セット探すことにしました。
でmido氏からの最初の提案
「もっとRサス沈めたほうがいいのでは」
ということで減衰をほぼ抜いた状態に
「さっきより良くなったけど、まだ後ろが.......」
mido氏はRサスがやわらかいの(オフ車は)が好みみたいですが、これ以上はプリロードを抜かないと無理なので
どつき棒(よく頭が逝ったマイナスドライバーが使われる)とハンマー工具(本来ならフックレンチを使うのだがフレームと干渉して使えないので)を工具箱中から探すが見つからない。仕方ないので借りに行きました。(ピコス氏有難うございますm(__)m)
そしてプリロードを1.5回転抜いて
再びmido氏に走ってもらう。かなりいいペース走っているグッド
「ずいぶん良くなったと思いますが」
そして私が乗ると
「さっきより寝かしていく恐怖は減っているが車速を乗せるコーナーでRタイアがグニュグニュする。なんでだろ」
再びmido氏試乗
「そういう傾向が有りますね。でもひょっとしてバイクが寝るようになってきたから、滑っているのでは?。出来るだけバイクを立てたらいいのでは。」
で乗ってみて言われたことを実行してみると
たしかに安定するが自分の好みからはチョっとズレる。
結局スプリントの前、プリロードを抜いたまま、圧側、伸び側とももうチョット減衰を加えてみた。(賭けに出てみた)
そして、Bクラススプリントへ
いつも通り後ろの方のグリット(たぶん10番だったはず)からスタート
そこそこのスタートがキマって2,3台抜く。サスの感じは好みに近づいたのでペースアップ。
(兄曰く1周目5位で帰ってきたらしい)
転倒者助けられて更に順位が上がるが目の前のCBR600RRのヤツが抜けない。進入と曲がっている速度は、こちらの方が速いのだが直線のパワー差で引きちぎられる。
おまけにこちらが速いところでは
なんと
黄旗が(危険有り、追い越し禁止)!?
まさか無視する訳もいかず、後ろの下がるとコイツ減速してからフル加速。怒りマーク
パワーの無いこちらは再加速に一苦労。
だが進入で追いつくが、相変わらずRタイアのグニュグニュ感で速度を乗せたまま曲がる事が出来ない。何度も並びかけては黄旗で下がるを繰り返していた。それに私が進入で頑張って突っ込むとたぶんコイツはコケそうな気配がする。仕方ないのでずっと抜けそうなスキを探していたが、こちらの得意な箇所で追い越し禁止がずっと出ていたので
結局そのまま5周のスプリント終了。しょんぼり
でピットに帰ってくると
前のCBRはそのまま真っ直ぐ行き私はピット裏へ
なんと前のヤツ3位だったらしい

はぁーなんてことだショック
まぁいいや今日の目標は無事に戻るだから。

再び次回に続く

雨の走行会 1

  • 2006.09.07 Thursday
  • 22:29

昨日 某大学が毎年行っている走行会に行ってきました。
なんせこの走行会
こちらで降っていても、現地は晴れ
そして現地で雨が降っていても、次第に晴れてくる。ということがよくあった。
極めつけは、前夜台風の最中(それも神戸市内のR2が冠水して通行止めになった冷や汗ぐらい)でも当日の現地では晴れていたびっくり
なので、前日の晩
当日は曇りらしいという予報は余り落胆してなかった..........。

で同行するmido氏(またもやお世話になります。)宅にて就寝zzz(といってもイベント病←勝手に命名......症状イベント前になると妙に盛り上がりナカナカ寝付けない事・・・で一時間ぐらいしか寝てませんが)
(ちなみにmido氏は寝てなかったらしいびっくり
朝5時起床
妙に低いテンションで天気予報を見ると
現地 雨(岡山南部 和気)
降水確率 0−6  20%
     6−12 80%
    12−18 100%
げ、雨になってる
「現地では降ってはいないって........!?
現在骨折中にて走行不可のうちの兄が楽観的言ってくれる。冷や汗
気分の憂鬱さは、走る予定の二人にとってかなり高かった
のは言うまでも無い悲しい
そして兄が「mido、レイン持って行ったほうがいい。最悪現地でタイア交換すりゃ何とかなる!?
手押しポンプ180−55-17のビードが出るのか疑問だが、とりあえず前後レインとビード落としを積み込んで
出発(今回積載スペースの都合上、mido氏の工具箱で行ったのだがこれが後で問題に汗

次回に続く........(最近多いな)
 

盆休み2

  • 2006.08.19 Saturday
  • 21:35

引き続き盆休みネタで

途中で休憩した後
(ここでアクエリアスを600ccぐらい消費)←飲み過ぎ冷や汗
「林道から出たところで待ってます。」とmido氏
先に走る。
私はちんたら走ってようやく到着。
でmido氏にキーを渡しmyバイクのインプレ開始
「バイクが寝ないですね。オフ車感覚で乗ると思ったより曲がらない...........ロードバイクみたいに倒しこまないと....Fブレーキが利きすぎで.........エンジンのパワーの出方が.......やはりRタイアが太いからですか。」
私が思っていた通りの微妙な返事が、帰ってきた。やはりRタイアは細くしよう。
で私はmido氏のDRに乗ってみる。(DRに乗るのは久々)
さすが4ストトレール最後発、パワ−特性はかなり良い(正確にはトルク特性ですが)、セル付きXRとは比較にならない。そして大きな車体のワリにクルっと回る(ただ持ち主好みの切れ込むセッティングなのでちょっと怖い)
Fブレーキの耐熱性に(じつは、以前これでトラウマになった事有り冷や汗)難が有るかも知れないが、これはモタード系なら、大問題ですが、オフ車ならチョッと気になるぐらい。
とお互いのバイク乗ってみた後

余りに暑いので林道止めて温泉に
途中のコンビニにて休憩
「最近周りでガリガリ君が旨いといってるですよ。本当かな。」とmido氏(←本当に旨かったらしい)
その頃から私のおなかがグ〜ルグルと不穏な気配が......(スポーツ系飲料をがぶ飲みするからだ!
そして目的地の滝野温泉ぽかぽに到着
まずは、トイレに直行
それから温泉につかる温泉
はじめて来たのですが、なかなか良かったです。
サウナから出てくるとmido氏の姿が無く、あわてて着替えてロビー出てきてもいない?
暫くすると携帯が鳴り
「今ロビーに居るのですが.......。」!?
彼は、どうもマッサージを受けていたらしい
帰りの途中で、とりあえず信号バトル(危ないので真似しないでください)
なんとか勝利グッド
ただしDRもスリップについて来た........冷や汗
さらに川の土手の駐車場にて.................。(コメント避けます)
そんなこんなで再びmido氏宅ご到着。
晩御飯をご馳走になる(有難うございました。楽しい

mido氏、mido両親、ニンジャ夫妻とアレコレ話をしているうちにかなり遅い時間になってしまったので(楽しい時間は、早く過ぎてしまいます。また今度よろしくお願いします。)あわてて家に帰りました。
次の日
久々の林道(砂利道)で疲れが出たのか、
半日寝てました........。zzz

盆休み

  • 2006.08.18 Friday
  • 21:26

なんせ今年の連休はそこかしこに渋滞だらけなので、
初日は、墓参り後、昼から宝塚→西谷から道場方面へ
どこどこ(あえてふせる)観光農園前を通ると、見たことあるようなバイクを発見。
本人は歓談中なのであえて止まらず、通過
すると
しばらく遅い車の後ろについてたら
ミラーに赤いXRが........!?
後ろにへばり付かれるのがしんどかったのでちょっとペースを上げるとすぐに消えていた
それから、よかたんにて休憩。

帰りに六甲でも上がって涼んでから帰ろうとし、船坂、 経由で上がろうとすると
なぜか警察が封鎖していた
仕方ないので帰りましたよ。
しかし、前の方に消防車はいるは、ヘリコプターは飛んでるは、一体何が起きたのだろうか............。

次の日
朝イチにコウゾウ氏がDR-Zを取に来ていた。
彼は「甲子園球児のアツサを体感してきます」野球と言い甲子園に行った模様です。このアツサより、暑さで参っている私には......汗

その後、素敵な(ロクでもない)DVDを携え
このブログのリンク先のmido氏の家へ行く。
持ってきたDVDを渡して、mido氏、弟ニンジャ夫妻と見る。
暫く見た後、mido氏から
「林道行きましょう。」とキョーレツな発言が....。
「えー..... じゃあ、いこか」←私(暑いのに.....)
何も持たずに行こうとするmidoを
「バックパック持って行かないと、飲み物が入れられないのでは。無いと脱水症になるよ」とニンジャ(ナイス!
「あーそうだ。だったら温泉用にタオルも入れとこう」←mido
ということで昼ゴハン(近くの有名ラーメン.....ココでマッタリしすぎて当初林道に行く時間がなくなったのが汗)の後
近く林道へ
それにしてもmido氏、信号前でのブレーキターン(テ−ルスライド)は、
彼にとってお約束であるらしい。(タイアがモッタイなーい)
そうこう、している内に林道に到着
入り口で動物らしき骨をみて
二人揃ってドキドキしながらびっくり
林道に入る。

結論から言うと
ヘタレな子に17インチでは、普通の21インチのオフ車には、付いていけない。特に砂利が締まってない登りのターンは泣きそう。砂利がはけていればもうちょっとマシなのですが)
と自分の腕の無さに愕然させられるのですが.....悲しい

次回につづく


ちょっとズレてますが

  • 2006.08.04 Friday
  • 21:12

ずいぶん前にttのお気に入りマシンということで、
BMW k1200Rレーシングモデファイ
が8耐に参戦と書いてましたが、
やはり8耐決勝は、主催者推薦だったようです。
ただ、エースライダーの戸田 隆 氏が事前テストで骨折されていたのが、惜しかったです。
でも冷静にみれば周りは、市販車といえども、レース向きな車両ばかりの中での結果なので
やはりすごいとしか言いようが無いです。

スプリングがきた

  • 2006.07.24 Monday
  • 23:00

ずいぶん前に発注していたスプリングがやってきました。
レーステックの0.46kg/mm
まだ組み込んでいません。
そして当然のごとくフォークオイルも変えなければ.....。
とりあえずG15ぐらいかな
こうして試行錯誤は続いていくのであった!?

それから話は変わりますが
新シリーズになった 怪しい伝説 と トップギア
更にパワーアップしてますね。
この前友人に教えると「車でサッカー」を
やってみたいと言っていた。
すかさず、こう言ってやった
「まぁ俺らがやると直ぐに大クラッシュ→赤いカード!?(よりもレスキューと救急車)とともに退場やろな。(病院送りとも言う)」
サッカーというよりレッキングレースになるのが
オチですね。

連休 2

  • 2006.05.07 Sunday
  • 20:45

という訳で前回から引き続き連休話

微妙な味ソフトを食べてから再びブルーラインに戻り
一路 鷲羽山方面へ
で 鷲羽山スカイラインを北口
から入ってみた。
景色見ながら楽しむ...........!?(余所見運転は危ないので程ほどに.......。)
で気づくと地元らしいBMW K100rsに張り付かれてたので即抜かせてあげたのだが、前をトコトコ走るグースに追いついてしまいこちらも同様にトコトコ走る。
そうこうしてるうちにBMWはUターンしてストレスを発散させに行ったが、こちらの目の前には、走るのが精一杯でミラーを見てる余裕がないグースが............汗
暫く様子を見ていたが、割と長い直線区間で抜いてあげた。
それからしばらく走って鷲羽山展望台に到着。

展望台から手前側


展望台から奥側
ちょっとボヤケてますが...........冷や汗

そしてちょっと引き返して児島ICから初、瀬戸中央自動車道へ
やはり明石大橋と違い
点在する島が在って
景色が凄く良い
だが
風も鳴門大橋程ではないがそこそこキツイといいながら
またもや景色を見ながらの余所見運転(懲りないやつです。)
そして初めて見たのが
島に在住の方専用ICと高速道路上...?の信号機!?うーむ微妙なインパクト感じつつも
与島PAに到着
ここも淡路SAと同じく、上り下りが同じエリア内に在り往来可能な二分割構造である。




(結構載せてしまいました)
しばらく散策後
このまま四国に出て淡路経由で帰るかUターンするか迷いましたが、
帰り時間の事も有り(過去に帰りの明石フェリーで2時間半待ちをくらって今回更に酷い目に遇いそうだった為)
結局Uターンしました悲しい
そしたら通行料金が片道1250円のが往復で2500円
ちなみに渡って坂出北で降りても3000円ぐらいなんで冷や汗
複雑な心境なんですが.......。

(でも淡路経由の金額の方がケチっても更に最低1840円かかる計算になるのですが.........。)

連休

  • 2006.05.06 Saturday
  • 20:46

連休は巨大ゼータを見に行く予定でしたが
一緒に行く方から
「ゴメン今日突然仕事になってしもた。お詫びに晩飯でもおごるわ」とTELが有り
1人で行くことに。
ならば予定変更して
淡路から徳島に渡ってやろう
ところが........
渋滞情報掲示板を見ずに阪神高速を西宮から入ってしまい
その結果
ランプを上がった瞬間
大後悔
料金をムダにしたくないため(いつも思うことだが芦屋料金所のゲートの一番左端が、開いてなくてその隣がETCゲート為、料金支払った後、財布しまう為にに左の路肩に寄せていくのが凄く怖い.......そのうち誰か事故ルだろう)
すり抜けにて若宮まで行く。
案の定
やはり湊川で付近で事故
車がオカマほっていて追い越し車線が使えなくなっていた。
そうしてam9時過ぎに明石港に到着
が、しかし
フェリーに乗るにはなんと二時間半待ち
最初車両誘導の人に聞くと「今日は多いから一時間半ぐらいなら載れるのとちゃうか!?
それならチケットを買って待とうと思いきや
チケット売り場の人が
「今80台ぐらいおるから一度に載れるのは17〜8台ぐらいやから、二時間半ぐらいは待たなアカンで!
仕方ないので更に予定変更
そういや瀬戸大橋を渡った事が無かったので、渡ってやろう。
ということでR2をひたすら西へ
それにしてもよく混んでるわ。
そしてブルーラインの途中にて
道の駅一本松展望園 塩ソフト
いつ食べても 微妙な味.........。
やはりコピオのほうが断然おいしいのは判っていたが
遠回りになるのでやめました.......。

次回に続く......。

情けない

  • 2006.04.22 Saturday
  • 21:36

ひとは同じ間違いをする事を
 
 世間では

バカということになっていますが、
同じ様な作業内容だと
無意識的にやっちゃいますね。
事の発端は某ハイカムを組み込む所からはじまりますが、メーカー指定値どおりにバルブクリアランスとってみると
素敵なぐらいカチカチ音が発生(これは私のマシンでの話なので
  
    smr249evoからのご注意

 このサイト内でロクでもない事をしてるのは
 ボンクラメカニックか、ただのバカです。
 よい子やクソガキ、それから
 知ったかぶりする大人の皆さんは
 絶対マネしないでくださいね
。.................で真似して壊れても知りません!
自己責任でお願いしますメーカー指定値を守りましょう!
これを消す為、何度も調整
ということは、
何度も脱着を繰り返している
すると
ダンダンイライラしてくる
こういう時にやってしまうのですよ

〜したつもり。

見事にヘッドカバーのボルト仮止め状態
気づかず走行→停車→下にオイル染み......?
エンジン下部から視線を上げてみると............!?
ヘッドカバーから滲んでるし...........びっくり

きちんと直しましたが。冷や汗

(幸い、道路上にブチ撒けなかってよかった.........。いつぞやクランクケースの一部が欠けた時は凄かった←原因....脱落したボルトがドライブチェーンと一緒回ってドライブシャフト周辺を欠けさせた。)

実は、前日セルフスタンドで給油中に下を見ると出来立ての(凄く黒い)オイル染みが有り(前に給油した車両のもの)
「誰かオイル漏ってるわ。カッコワルー。」と思ってると
自分がまさかそうなるとは、

「情けない話」ですわ。

追伸
今の所自分データのほうが、カチカチ音しないの.......ナゼ!?



偶々

  • 2006.03.26 Sunday
  • 20:27

ghostrider関連のアクセスが意外と多いですね。

多分GR4ボーナス映像が、見れないからだと思いますが...。バッド

今現在(3/26)、ゴーストライダームービ−.netが休止中で、soonしか出てこないので、
私もボーナス映像は、見てないのですが.......。
以前、件のサイトが開いていた当時に何度か行ってみては

「プレデター(R1000K5ターボの別名らしい)て凄そう」
「GRがポリになってる......!?
「早く日本で発売されないかー。」
リンク先のターボブサ.net
ストリートファイア.netの

予告編を見る度に考えていたのですが
いざ、日本で発売になりゴーストライダームービー.net行くと
只今....冬休み...来春に会いましょう......。だと

ちなみに例のシ−クレットコードを検索に掛けて見ると
大概、外国の掲示板にて

6Rvsゴーストライダpolis

の話題でリンクを調べていくと
最後は有料サイトに行き着くのは.......?
で、この掲示板をyahoo翻訳すると
「金払った割りには......。」
といろいろ書かれてますね。
ただ自分で見たことが無いのでコメントできませんが。

それとGR4は予告編と本編が違うシーンが有りますね。
例....ウプサララン3のスタートシーン
......ポリスアカデミーに入っていくシーン

うーむ、私の考えすぎか?


ゴーストライダーには謎が多い!?

(4/2追記 コメント欄サンプルで開けてみました。問題があればすぐに閉めます!

ghostrider

  • 2006.01.13 Friday
  • 16:49

一昨日に ghostrider goesundercover を観たのですが、なんか今迄のと雰囲気が違う。時期的に詳しくは言いませんが、「やはりそうなったのか。」という感が強く出てます。でもそこははGR。相変わらず凄い事をしてくれてます!?ただGRムービー.ネットが昨年末から閉まっているのでボーナスが見に行けないのが.....。ショック
予告編にあったGR polis VS ZX-6R はどうなったのだろう。

  • 2005.12.28 Wednesday
  • 19:27

久しぶりに宝塚の山のほうに行ってみると、
川端康成のごとく、「トンネルを抜けるとそこは、雪国だった。」 
さすがに、道路上には雪がないが、路肩には融けていない新雪に驚く。
人のバイクで転倒だけは避けたいのでゆるゆると走る。道路上に雪はないと書きましたが、除雪した雪が溶け出して路面をぬらしているのが恐怖心を煽る。過去に調子に乗ってハイサイド(バイクに背負い投げみたいなもの)くらった事があるからです。
でも前を走る車の方は、左右の路面違ってようがお構いなしに走る。単に私のビビリリミッター作動しているだけかもしれませんが....。
(とか言いつつ自分の80では、たまに雪山に行ってたりする。)
今までのヘタレな経験上、『二輪車は精神力(集中力とも言う)で乗れている所が、大きい』と思われるのでこのような状況では、...と言い分けしときます

そういえば、だいぶん前に車雑誌(たぶんautocarだったはず)イギリス製とかの合法公道走行可能なレーシングカー[アリエルラディカル・セヴン・ウエストフィールド等]ばかり集めて、雪中行軍路上インプレッションの記事を見ました。(ちなみに何事があろうと一切責任は持てません。)
これも大概...逝っちゃっていますねびっくり(笑)


Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ