リヤリム

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 11:52

前が太くなったので、後輪も太いのをという訳で、
32穴のリムを探すと14インチでは、やはり太いのは特注か海外通販系でも
よりによって、中華問屋系しかない。
という訳でalibabaだと注文ロットが多すぎるので、姉妹サイトのaliexpressで探すと見つかるのだが、
よりによって、組み立て済みリム=後輪状態のモノしかなかった。

仕方なく、コレをぽちって、分解して組み直すことにしましたが、
重大な問題が・・・.。

スポークを短くしないと組めないことに。

俗に、WM型リムからMT型に変更するとリムの断面形状が変わり、リム側ニップル部分の凸が、ハブ側に向かっているので、
今回の場合スポークを5mmほど短いのを探す羽目になり、中華サイトのスポークキットは、使えないのが多く、結局ホンダ純正のそれっぽい品番を
かたっぱしから発注する事態になってしまった。

これだとオーダースポークを作ってもらったほうが良かったですが、
最終的に純正+(むりくり曲げ角度変更加工)で、とりあえず組み立て完了。

前1.85-17(90/80-17) 後2.50-14(100/90-14)のリムが装着完了

でも、見た目そんなかわりません。汗



フロントリム

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 19:50

ほったらかしのCRM80ですが、
腐食で腐ってきていて、挙句、リムにクラックが入っていた為
フロントリムを交換した。

ついでにサイズも変更して。1.4から1.85に変更。これでやっと
90/80-17の指定リム幅になったので、タイヤのラウンド形状も
絶壁からまともなカタチに。
ただ、1.85x17で28穴スポークのリムは特注以外は、海外しかないみたいで、
結局、またもや海外通販する羽目に。

そしてそこの送料が唖然とするぐらい高かったが、仕方ないので購入。
(コレに関しては、ついでに一緒に買ったモノのに原因があったのですが....。)

あとリヤも用意しているモノがあるのですが、
そのまま付くかどうかは、かなり厳しいという感じですね。

回転方向ね

  • 2012.02.03 Friday
  • 18:27

XQ押し押しのせいか、右足首が火曜あたりから痛くなってきた。
普通に立つことには、問題ないが、力を入れたり、階段を下りると痛い。
長引くようだと、お客さん所の接骨院に行かないと…。

話は、変わって、
CRMですが、去年の秋にタイアを交換したのですが、
日本では、売ってないDLのTT900
F80/90-17と
R100/90-14(pcxのRサイズ)
入手先は、某オークション。
(そのかわり、次は、入手不可能かと)

で、この80/90-17のほうだけど,
実は、後ろ用
とりあえず、タイアの回転指定方向に合わせていたけど、
ナンか、接地感が変。指定空気圧(1.25K)にしても
直進時もフラフラするし、
ブレーキすると腰砕け、曲がっている時は、硬くて跳ねる。
仕方なく、曲がっている時に合わせて空気圧を合わせると
0.7〜0.8Kという数値。
暫く乗っていたけど、
馴染めず、
以前、前後共用タイアの回転方向指示マークが
前に使う時は←
後ろに使う時→
というタイアがあったの思い出して、回転方向を逆にすることに。
すると、一発解消。
(ただ、このTT900にはいつも通り、片側だけでしたが)

以前、
「カーカスの組み方で、回転方向(正しくは、掛かる荷重方向)によっては、(加重に対して)強くなったり、弱くなったりする」
という事を聞いていて、
今時、前後共用のタイヤでも、回転方向指定が無いか、一方方向しかないので、スクーターとか場合も前後とも同じ回転方向だし
大丈夫だろうと考えてましたが、
こんなに違う結果になるとは、驚きでした。

追加
でもコンパウンドが硬化してくると乗りにくさ炸裂。
結局、普通のTT900FGP90/80-17に交換してやりました。

結論
R用を前輪に使用するのは、物凄くオススメできません。
(前後共用は除く)
転がすだけならOKですが、コケても構わないならどうぞって感じですね。

探したけど

  • 2010.05.06 Thursday
  • 19:57

o氏と林道探索に行ってきました。
最初に行った所はどうも言ってた場所とは違う模様。
それらしき所を進んでみても、だんだんガレてきたので、違うと
判断し、引き返す。
o氏が言う兵カンとは違う。
しばし、探してみるものの
どうみても、走ると確実に苦情がきそうなところばかり
(それでも、誰かかがグルグル練習した跡はありましたが)
もうチョット西の方面に行って捜索すると
林道らしき道になりそうなコンクリ舗装の道路を発見。
登ってみると

アタリでした。
ただコレも兵カンとは違う林道。
ただ同系列の山なので、土質は某動画に出てくるのと似ている。
砂利系ではなく土系なので走りやすい。
一応、地図上には載っていて、某3桁国道のわき道にでてきます。

あと、枝線を1本だけ行ったのですが、
登りはヨイヨイ下りはガレていました

結局探していた林道は発見出来なかったのですが、
そこそこ良い林道に行けて良かったです。

ぐぇ〜

  • 2010.03.28 Sunday
  • 19:18

今まで、長期不動車をアレコレ弄ってきましたが、
今回は、余りにも酷かったです。
なんせ
生キャラメル→固体キャラメル状態。
タンクからキャブまで執拗にコーティングされてました。
キャブクリーナ泡タイプにつけても
取れない。
仕方ないから、煮込でやった。

(火気厳禁。と〜っても危ないので、マネしないように)

ようやく、キャブと燃料コックは、取れましたが、
タンクの底には、まだ残っていますが、
走っているうちに、溶けて無くなる事を期待してます.....が。

おかげで、腐ったガソリン臭いのは暫くは、
匂いたくないですね〜。

突き出し変更

  • 2010.02.01 Monday
  • 18:54

前回からつづきで

突き出し量を標準位置に変更して、乗ってみた。
細いタイアでも
乗りやすくなりました。

乗っている最中にふと気づいたのは、

どうも、
突き出し量(車高)調整すると、
フォーク自体のしなりも変わってしまうのかなと

アンダーブラケットからのアクスル迄の長さを変更することによって
車高(静的な車高)が変わるのは、当たり前ですが、
(動的車高は、スプリング等のサグで決まってしまう。)
しなりかたも変わってくる。
(釣竿や弦みたいに)

わかり易く言うと、

タイアの接地感乏しい(グリップ感)≒小さい(パワーの無い)魚

アンダーブラケットからのアクスルの長さ≒釣竿の長さ

フォーク径≒釣竿の硬さ

という感覚で。



でも、実際は
インナーチューブの勘合長との兼ね合いもあって、
こんな単純な感覚では無いと思いますが。

タイアをかえて久々に

  • 2010.01.29 Friday
  • 10:01

最近ほったらかしにしておいたCRMを
久々に乗りました。
タイアを変えたのですが
Rを120/80−14(太過ぎ...無理履き)から
先月発売になった
100/80−14へ
(本当は100/90−14があればいいのですが)
Fは以前(Rが120/80−14時代)
チャタリングが出て使用中止にした
70/90−17
という、チャレンジャーな仕様.
(残り物再利用ともいいますが)

やはり、F周りの安心感みたいのは、あんまり感じられないけど、
以前チャタリングだらけのRだけ太い仕様から比べる
と全然マシですね。

あとはFの突き出し量でも変えてみようかと。

穴空きました

  • 2009.03.30 Monday
  • 17:55

まわりでは、進歩しているのかどうか、疑わしい
と言われまくっている
CRMですが、
なんとなく純正キャブを削ってみました。
(以前のTM24は封印中)
よく、大きいリーマーで拡大する、
と言う記事はよく見ますが
今回はそのまま上に拡大していき、
楕円形?のベンチュリ形状にしてみました。

で、リューターでガリガリしている時に、
案の定、問題が..........................。
...
.......
...........
向こう側見えてしまいました。冷や汗

まぁ、コノ手の話で、よく聞く話としては
「誰誰はリューター持ったら、離さんからな〜」
で、やり過ぎたポートのシリンダー(世間でいうゴミとかジャンク)
が..........出来ててしまう訳で

ソレをやってしまった訳ですが。

こういう時は、
みんな大好きアルミ充填剤(コンクエスト110)を使って補修。
エアクリBOX側。コチラ側に大穴が開いたけど、コンクエストで埋めてみました。
で、ペーパーを使っているとき、
最初は巣か何かと思い、周りを削っていくと
今度も向こう側見える傷を発見した訳で
またもや、充填剤の出番.......。
シリンダー側。コチラは小さい傷だったけど向こう側の光が見えたので......。コレもコンクエストで。

結果、こんなん出来ましたけど。

当然、スロットルバルブも削らないとダメで、
上部を5mm近く削り飛ばして、
全開に出来るようになりました。

当然セットも狂うわけですが、
暫定で1ステップだけ、MJ(110)を濃くしたのですが、

全然 足りません
危ないので、ニードルで一番濃くしていても
チョークONで走れる薄さ.........。
ゆっくり帰ってきて、MJを120にしました。
これで普通に走れるようになりましたが、
まだ濃く出来そうなのが怖いです。

一応、二次エア吸ってないか確認しましたが、特に問題なさそう。

まぁ同時にニードルも変えたのも原因かと思われます........。

微妙に速くなっている模様。
でも、プラシーボ効果か?

それとアクセル開度が15〜16度ぐらい増加しました。

単なる自己満足?

このあとJNは元に戻してMJ115にしました。

こける時は大概

  • 2008.12.25 Thursday
  • 16:10

イキナリですが
コケました。只今、左膝が血だらけ及び打撲で、痛いです。
被害は、CRMはテールレンズが割れたぐらいでたいした事無いですが。

路面に補修パッチがあったので、若干避け気味にしたのですが、瞬間的に
ハイハイ姿勢でスピンしながら路面を滑っていきました。
おかげで左膝はg−パンからインナーウエアを貫通。
ジャケットの左肘から袖口まで擦過傷及び穴

原因は、多分開けすぎ+パッチ表面に浮いた砂利
それと自信過剰(爆)

プレゼントは怪我という有り難くないモノを頂いてしまいました。悲しい

crm 組み立て完了

  • 2008.10.03 Friday
  • 19:36

イロイロな人々に手を煩わせた、
CRMですがとりあえず組み立て完了しました。
で、結果
振動とかは、全然問題無し。
(ピストンが大きいから微妙に振動が出ているが許容範囲)

ただ、音が相変わらず変わらないのは............。
もうコレは消えないモノだと、
思考の路線変更しました。

あとは、バランサー関連しかなさそうですが........。
それとも
チャンバーを叩くとビビリ音がするので
内部の隔壁が外れかかっているかもしれません。

ともあれ

コレで暫くは、イジイジしながら乗れるようになりました。
関係者の皆さん有難う御座います(特にアラキ氏、mido氏両名ご苦労様)。

ようやく、腰下完成

  • 2008.09.29 Monday
  • 19:12

ベアリングの発注ミスで、更に遅れた
組み立てですが、
何とか腰下まで組みあがりました。
しかし
Rクランクシールの圧入し過ぎて、
もう一度クランクケースを分解して、反対側からオイルシール位置を調整するハメになって
無駄に時間がかかってしまいました。汗

明日には、車体に乗せられるはず。

結局、あのベアリングのサイズだと最初期のNSR/CRM80もしくは、NSR/CRM50系列ぐらいしか使い道が無いなぁ......。

発注ミス

  • 2008.09.26 Friday
  • 15:10

以前ベアリングを機械工具屋さんに発注した事を
ネタにしましたが、
クランクケースにベアリングを入れようとした時に問題発生。

全然サイズ違うやん........。冷や汗
6205とばかり思っていたら
63/22ではないか......ソレもご丁寧に通常規格のとは違い
25X56X15と、厚みが1mm違うし。悲しい

単に1mmだと問題は出ないと思うけど、
片側で1mmだとケースを組み上げた時には2mmになる。
これはちょっとマズイな。バッド

という事で、純正部品を発注。

2008 9/27
部品が到着してみて、品番をみると
TMB205/56CSIBPX5という刻印が.........。
そりゃ間違うわ、この品番。


余りにもしょうも無いミスなので話を変えて、

火曜日にクランクを加西迄、引き取りに行ってきました。

相当手間取ったみたいで、作業、有難うございました。m(_ _)m
mido氏も手伝ってもらって、有難うございました。m(_ _)m

とりあえずベアリングが来たら、組んでみます。
例の問題、シールの位置をずらしたら、イケルと思いますが。

この位置が....

  • 2008.08.01 Friday
  • 15:08

バラバラのまま2ヶ月が過ぎたCRM
この前、加西在住の、エンジニアの方(mido氏つながり)にクランクを預けてきてました。
行った時にクランクピンを抜いて、ベアリング、スラストワッシャー等を交換してクランク組み立て.....近く迄いったのですが、
どうもうまい事行かないという感じで、
結局、時間切れ。

ヒマがある時にでもという事で預けていきました。

とりあえずケースにベアリングでも組み込んでおこう。
これが以前、ネタにしたベアリング。通常には無い記号がいっぱい。
2008 9/25
ベアリングサイズが違うことに今更気づく..........。
発注し直し確定.........。63/22かと思いきや
ご丁寧に規格外の25x56x15て................。



ベアリング

  • 2008.07.08 Tuesday
  • 19:46

バラバラになったまま放置プレ−中のCRMですが
クランクベアリングは、すでにお買い上げ済み。
ここのところ、部品供給体制が微妙なので
(発注しても大体B/Oが多く、そこから速くて10日前後かかる。
遅い場合は.............。神のみぞ知る...レベル
更にイキナリ販売終了や、ご相談パーツという回答が.......。
ちなみにCRMが旧いからという訳で無く、現行モデルも似たようなモノと
部品屋さんに言われましたが...............。)
ベアリングは、工具屋さんでお買い上げ。

ただ、エンジン内部のベアリングは基本的に
純正部品で買った方が無難かと。
なんせベアリングのカタログとかをダウンロードして調べると
純正には、謎な記号が一杯ついている。
そして、一般ルートでは、余り流通していないモノも多いみたいですし。
↑関しては工具屋のおっちゃんが
「今回、発注したモノが、メーカーからナカナカ納期回答が、帰ってこない。」
とぼやいてました。

今回頼んだのは、NTNのTABというシリーズ
従来のTMBより2倍耐久性があるみたい(データ上)
更に
TABは通常モデルに対して5倍の耐久性を持っている模様(データ上)
で純正はTMBでした。

よく言われる、
「純正ベアリングて高〜い。普通にベアリング屋さんで売っている普通のを買ったらいいやん。」
という事をなんも考えずに実行すると
後で泣きを見るハメになります。
まぁ、初めから、通常ベアリングの車両も存在するみたいですが.....。

現に、純正とほぼ同じ品番スペックをベアリング屋さんに頼むと、純正部品よりチョットだけしか安くなりませんでした。
そして、全く同じの品番のは結局届きませんでした。

バラバラに

  • 2008.07.05 Saturday
  • 13:11

ここ1月程CRMには、乗ってないです。
最後に乗った時に、エンジン(腰下)からの音が大きくなってきたので
只今、エンジンをオーバーホール中
最初怪しいと考えていた、バランサーシャフトのベアリングは
余り疲労感が無い。
クランクの左ベアリングを見ると前回交換した時、比較してみると
割と痛んでる。
「やっぱり去年酷使したからか〜」と考えていながら、右のクランクケースに残ったクランクをプーラーで押しながら外す。
そのときふと右のオイルシールを見ると、
「げ、裂けてる。」.......。
表側パット見はあまり変ではないですが
裏側 リップが裂けていました。更に分解時リップ部分が1周切れてしまいました。
おまけにカラーをみると明らかに高熱が入った形跡がある。
カラーの外周部分に熱焼けが.........。
当然ベアリングも左と比べても明らかにガタが大きい。

実は、このエンジン、前回のオーバーホールが終了して慣らし中に、
オイルポンプが壊れるという事があったのですが
幸い、慣らし中で混合ガス(分離給油の補完ということで100対1でしたが)
焼き付く事はなかったのですが、
これがベアリングの寿命をかなり短くした模様です。

あと参考で
ちなみにピストンの焼けはこんな感じ。

italkit のつづき

  • 2007.12.13 Thursday
  • 23:00

苦労してガリガリしたかいあって、
高回転の伸びが多少良くなりました。
ただパワーバンド下辺りの若干が痩せているので、圧縮を落とした影響がでてます.........。
後はこれでキャブセットの専念できるので.......。

しかし、「慣らしをしているのか」突っ込まれそうです。

italkitのつづき

  • 2007.12.10 Monday
  • 22:17

セットを変えても、頭打ち感が出るので、圧縮を下げようとヘッドを開けて、ガスケットを元に戻そうかと考えていたのですが、CRM80で有名なサイトや、NSR50/80で有名なサイトでは、シリンダーヘッドの燃焼室形状が初期モデル以降は微妙な形なので、半球形状に変えた方がよいのではと記事を載せているので、ガスケットで圧縮を落とさず、燃焼室を削って、容積を上げて、圧縮を落としてみました。
で、普通はここで、旋盤とかフライスとかの加工機が出てくるのですが、頼むのも面倒だったので、!?

(ここから先の行為は絶対に真似しないで下さい、大怪我及び重大な問題が出る可能性がかなり高いです!。)

最初はリューターで削っていたのですが、これだと球状に削るのは非常に難しく、どうしようかと考えていたら、目の前にフロントフォークのバックアップリング(直径53mm)があった.........。
コレをガイド代わりすれば......................。
これの端を削ってエッジを尖らせて刃にして、手動で削ってみるとワリとうまくいったので、
調子に乗ってガリガリしてると手が痛くなってきた。........。汗
仕方ないのでリングをバイスにくわえて...............ギュウィーン....ガリガリガリ........(この行為は余りに危険すぎる行為なので、書けません)

数時間後

適当に磨いて完成
無理やり燃焼室加工........(約8cc前後)
拡大
かなり強引に加工したので傷が.........ま、いいか
ちなみ、これがVERTEXのピストンTOPです
ピストンTOP(150K走行後)
さて、この後どうなることやら...........。

期待......しすぎたか

  • 2007.12.08 Saturday
  • 12:54

ここのところほぼチョイ乗り程度しかしてない、CRM80ですが
夏から秋にかけて壊れていたメインバイクの代役として、またアネックス坂下とかのコース用バイクとして
酷使してきたので
新パーツ導入決定
その名も
NSR80用アルミボアUPKIT 
(↑クランクを労われよと突込みが入りそうですが)
italkit と言うスペイン製の物で、ピストンはVERTEXを使ってます。
付属品が多い。(写真は発売元)
よく見るとダイレクトポートも開いてます。(写真は発売元)
造りは綺麗で排気ポートは独特な形状
凄く独特な排気ポート(写真は発売元)
で昨日組んで早速慣らし.............。
今の所の印象は、
低回転でのトルクが薄い(注.....以前の仕様はやたら低速よりだったので)
安全策でオイルを濃くしているから、カブリ易い。
帰りにチョット回してみたが(まだ慣らし中だというのに)微妙な感じ
まぁセッティングが合ってもないのでこう言った発言はかわいそうなのですが.........。
とりあえず、確認の為もう一度シリンダーを開けてみないと.......。

2007 12/9
 開けて確認したところ、特に問題無し。
ただ最初に組んだ時気になっていた、
各ポートと下死点時のピストンTOPの面が揃っていなかったので、自作ベースガスケット(1mm厚)を追加(ベースガスケット2枚仕様)にした事と、グラファイトで製作されていて気に食わなかったヘッドガスケットを以前の仕様と同じ純正の薄い方に変更して圧縮を上げてみました。

結果は、明らかにこちらの方が良いかと。

ただし、軽く頭打ち感が出ているので、暫定キャブセットの問題か。もしくは、これでも消えなければ、圧縮を下げたほうが良いかも知れません。

それよりも少し回転を上げたら消えるのですが、アイドリング時のカタカタ音は一体..........?
それもこの個体だけ発生しているので..........。
やはりケース割ってバランサーギア(ベアリング含む)交換ですかね.....。

シート

  • 2007.09.10 Monday
  • 20:02

CRMのシート表皮が劣化してボロボロになっていたので
交換しました。
でも
微妙な仕上がりになってしまいました。
自作ハイシートなのでどうしてもエッジの部分が引っ張りすぎて、丸くなってしまって、タンク等の境目がイマ一つ。
まぁ多少は目をつぶろう。

このところCRMばかり乗っているので、
感覚が変になっている(80病)可能性大有り。

それにしても、オンタイアではブレーキの熱ダレが酷い。
パッドがシンター系(以前はカーボンロレーヌA3を使用していたが、ローター攻撃性がやや高い.......設定温度が合っていない.......のでとりあえず今は、デイトナゴールデンパッドを使用←でも不満タラタラ)を使うと初期制動はいいが、アッと言う間にローターの適正温度を超えてしまうらしく(ローターの熱容量が........足りない。)
更に握りこんでも微妙にしか効かないし、 ←フェードというより熱ダレ
ノックオフ(ローターが熱で歪んでキャリパーのピストンを押し戻す→何度かブレーキを握り直さないと効かなくなる症状)兆候あり。
キャリパーの熱容量問題も有るのですが...........。
ローターの色はいい感じの黒く染まってきているが、効きがね〜汗

私個人の好みな特性は、握りこんだ分効きがが上がるほう良いのですが。

元に戻す

  • 2007.08.03 Friday
  • 20:50

このところ全然構ってなかったCRMですが、
ようやく弄ってみました。
借り物tm24キャブとCR80エアクリBOXに交換していたのですが
吸気音がかなりウルサイし、
乗ってても結局楽しくも無いので
以前のノーマルキャブとノーマルエアクリBOX+KDXシュノーケル!?
に戻しました。
ただそのまま戻しても面白くないので
部品取りキャブに付いていたニードル(J52....?)に変えてみて
MJも108に変更
これでしばらく様子見かな。

2007 8/4 追加
MJ....105に変更

マヌケな先入観

  • 2006.12.12 Tuesday
  • 21:30

以前、
下りでしつこく回していたら、焼きついたと思ったが
実は単なるガス欠
と素晴らしい勘違いをしたと書きましたが汗
今回は本当に、抱き付き(軽い焼き付きの事)ました。冷や汗

ま、これは自分が悪いのですが
走り出して1,2分で、暖気モードで走行中にチョット無理に回したのが原因だとおもわれますが.......。

推定ー 走り出して1.2分ではサーモスタットが閉じたままで、暫くするとちょうどカブリも取れてそこそこ回るようになる→水温が上がりサーモ開く→ところがこの季節外気温が低くラジエーターでよーく冷えた冷却水が、シリンダーに流れ込む→でシリンダーだけ冷えてピストンクリアランスが一時的に狂う(一瞬失速する...じつはこの瞬間とっても軽い抱き付き発生)→でも本人回す(バカ)......(気づいているけど・・・・・!?)。

結果は......そりゃエンストするでしょ(抱き付き発生)


まぁ幸い、焼けなかって良かったですがOK


とりあえず腰上バラして、ピストンをペーパーで磨いていいると、前から考えてていた、ピストン加工をしたくなってきた。工具
別に大したことではないが、IN側のスカート下端をポートに合わして、リューターで削り落とした。
まぁ気休め程度良くなればいいのですが・・・(どのみち抱きついてた箇所もここなんで)。


ここで、注意(いつもの)!

このサイト内でロクでもない事をしてるのは
ボンクラメカニックか、ただのバカです。
よい子やクソガキ、それから
知ったかぶりする大人の皆さんは
絶対マネしないでくださいね....。

自滅する可能性が有ります
一切自己責任でお願いします。

抱きついたピストンは意外と歪んでる可能性が高いので
再使用はあまりしないほうがよろしいかと

コースにて2

  • 2006.11.09 Thursday
  • 20:30

前回のつづきから
休憩の後再びコースへ
三連のエスケープを進むと最初の所に出るんだーと止まって見ていると
S氏が最後のテーブルトップを飛ぼうとして、失敗
コケル
一瞬ヒヤッとしたコケかた だったので、ダッシュでジョギング行くと
「大丈夫、大丈夫なんともないでー」グッド
そして再び休憩

コースの管理してる(作っている!?)おっちゃんが
「コース脇のテープを切っている所から、今作ってる今度のエンデューロ用の林間コースに行けるから、行ってみたら」と最初に聞いていたので
休憩の後
コースを3周回ってから入ってみた.........。
最初の登りで、
落ちました
(この場合の落ちるは、落ちて尚且つコケルという意味です。)
轍沿いに行くとステップにひかかり行けないので、途中でラインを変更したら助走不足+パワー不足のためですが.......。(正式名 ヘタクソとも言う.....)
仕方ないので押して引き返して、
一旦コースから戻って休憩していたら、
S氏とD氏が駐車場から行ける林間コースに出撃
暫くすると
D氏のみ帰ってきた。
「お向かいのYZ85の人が『林間コース案内してあげるわー』と言って、一緒に行ったけど、無茶苦茶な下りを降りて行こうとしたので、あきらめて先に戻ってきた」

暫くするとS氏帰還
「めっちゃ面白いけど、登る途中でYZ85の人がコケたので、これ以上は無理という事で引き返してきたびっくり
それなら私も行かねばと思い
林間コースへ
オモシレーと一人遊んでいて、この登りならいける筈と思い
チャレンジ...........再び落ちる.........。
悔しいので、再チャレンジ.......登れました.汗
それから途中スタックしながらもとりあえず分岐の所まで到着
どっちも下りなので
(ここでカンのいい人はわかる筈ですが、これだけ登りがキツイと下りもかなりなものという事です)
どちらに行こうかと考えていると
左はコーステープを切った跡が..............。ということで左へ
下りながら「これ途中で引き返そうとしても登れんなー」と考えているとまたもや分岐
なんとなく左を選択したのがまずかった。
さらに下りの勾配がきつくなることにショック
もうバイクから降りて押しながら下るのは、私では無理なので、乗って降りてると
Rタイアロックさせてしまい斜めコケル。何とかバイクに乗って
Fブレーキを引きずりながら再び降りていると、やばい角度になりFブレーキを離したものの........遅かった
前転しながら落ちていきました冷や汗
(アホですね)
バイク、人間とも大した事にならなかったの良かったです。
で、ようやく戻ってきたら、

「さすがー。なかなか戻ってこないから何周もしてると思とったわー」と言われましたが、

真相は、かなり間抜けなオチでしたが...........。

コースにて

  • 2006.11.04 Saturday
  • 22:25

この前
かなり久しぶりに、オフロードコースに行って来ました。
私は、初めて行く所でしたが、
うちの兄が、春ごろに私のCRMを拉致して走りに行ったコースでもあります。
当初は、家にAM9:30に集合のはずが、来ていたのはS氏のみ、暫くして遅れてD氏到着。それでも約一名遅いので連絡してみると、「寝てました、急いでいきます」とK君
とりあえずマクドにて合流することにしたのだが、行きしに、ガス缶を積むのを忘れて取りに帰っていたら先にK君先に到着していた..............。
そして出発R176北上し三田市に向かう。
ところがバイクで自走組のD氏及びK君が信号のタイミングが悪くはぐれてしまう。...................。
三田市某所にて暫く待つ羽目に..............................。
再び合流して、昼前に三木市のアネックスパークに到着。
受付を済まして、トランポから私のCRM80とS氏のCRM50を降ろし、S氏とD氏は買出しに、その間私とK君(オフバイクは、初めて)は着替えて準備完了。
そしていざコースへ
最初は私(80)D氏(klx)S氏(50)で走る.....
しかし、皆わずか1周でバテバテにびっくり
いきなり休憩
そしてK君の出番(80)、私(50)でコースに入る
S氏の行ってた通り「50は登らねー」
でも80のK君坂の途中で止まってしまう。(えーっ)
急いで私が後ろから押して上げる。

そしてよくある事実として
「登ったら下る」そうですキツイ下りがあるのです
来ないのでバイクをコース脇に寄せて後ろを見ると坂の上で停まったまま。
走ってジョギング彼の所に行くと
怖くて降りれません」(私も最初はそうだった)
私:「大丈夫やいけるで、とりあえずバイク下ろしとくから」とバイクを怖くない所まで私が移動させた。
これを二度繰り返してやっと1周して駐車場まで戻ってきた。汗
いきなり、かなりフラフラになってしまいました。
しばらく休憩....ああ体力無いなぁと凹む冷や汗


次回に続く

先入観

  • 2006.04.14 Friday
  • 21:42

休みの日にCRMで散歩(キャブいじり中)
そして下りの直線にて
 全開

ただし6速でも100キロいくかいかないか
(悲しいぐらいに遅い...尚且つ燃費悪し)
でこんなことをシツコクすると

ピーーーーン、モォゥーーーーーーォゥ エンジン停止冷や汗

あーあ。焼けたかな.....。悲しい
.
...
......キックしてみる........キック下りる、嬉しい

でもエンジンかかりません。


「この前より薄いキャブsetで
さっき、登りでかなり負荷を加えて降りで
無理やり全開気味したからか?

頭の中で思考錯誤!?

とりあえず家にtelしようと、携帯を見ると

圏外 と表示

あーあ、押して帰らなければ冷や汗

この時ふと気づく

もしや、ガス欠

恐る恐る、リザーブにしてみると

エンジン掛かっちゃいました。(カッコ悪) 冷や汗

ノーマルタンクは(リザーブ0.6L含めて)5.2Lしか入らない。(純正データ上)

尚且つ平均燃費が、15〜18繊伸(ファイナルF16T/R46T Rタイア120/80/14)

結論

頭の中でキャブセッティング中という先入観が在ると
ただのガス欠が


焼きついた

と 
素晴らしい勘違いをおこすので、あります。
しょんぼり

皆さん注意しましょう。

但し、本当の焼き付きの事態もあります...........。

ちなみに、この付近にGSはなく10キロ先のスタンドまでエコランモードで走ることも

相当、半泣きになります。

やはりね

  • 2006.02.21 Tuesday
  • 22:09

以前CRM80のサイレンサー(CR85用無理付け)を交換したことを載せましたが

当初は 静か と思っていた、このサイレンサーも

この前までは、これぐらいがちょうど良い音量(近所で回転を上げてもほとんど誰からも苦情が出ないくらい←多分推定80db前後/トルクバンド下辺り)
から
いかにも「社外サイレンサーに変えましたー」ぐらいになってきた。びっくり
ので、そろそろ
グラスウールでも交換しようかなと。
(2006 5月にグラスウール交換する為に分解してみたら意外と奥までタールとかが染込んでなかったので、パンチングパイプ周りのグラスウール交換とパンチングパイプにステンレスメッシュシートを巻いてみて様子見、........。)
結論

やはり最初がどれほど静かなサイレンサーでもしまいにはウルサクなる

グラスウールの交換が楽なのが(やれリベットを飛ばさないとダメとか)良い。

以前ステンレス4.8パイのリベットをお手軽ハンドリベッターで7箇所打ったら

見事に手が内出血。

次の日手に力が入らなかったのは言うまでも無い冷や汗

サイレンサー交換

  • 2006.01.02 Monday
  • 18:44

あけましてオメデトウございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、去年の年末あたりから考えてた、CRM80のサイレンサーを交換してみました。それも普通に売られている、社外品ではなく、
CR85純正サイレンサー....。
そのまま装着することは、ほとんど無理ですし、当然加工が必要なので(2006 6月追加 素直にCR80RM以降→RTになる前のを使った方が装着は、追加工が楽だと........思われますが、テーパーエンドにしたいがために汗)。の、T氏に無茶なお願いを頼みました(いつもロクでもない事を頼んですいません)。

そして、テールパイプの亡くなったノーマルサイレンサーとT氏の貴重な労働時間おかげで、無事装着完了....嬉しい
試乗
あきらかに静か (さすがCR85用)
回しても静か (この構造ではもっとウルサイはず....アレッ!?
そしてフィーリングも....微妙に良くなったような(現状SETでは)
そうです、あまりにも変化が少ないのです。(現状SETでは)
悲しい
あきらかに良くなったは、見栄えだけか.....。(個人差ありますが)

こんなかんじ

そして、走りながらこういう所に来てしまう(笑)のが、

ミニバイクならでは......。
(写真の場所ではイタズラはしてません)
しかし、ONロード系のタイアでは、
雪の上では、ほとんど進まないぞー!
せめてモタードタイアみたいに、タイアセンターに横に溝が有れば....。(て、調子に乗って転倒するのがオチか)
結論
雪山にはノーマルトレールタイアのほうが断然良い。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ