気付くのが遅かった

  • 2006.02.26 Sunday
  • 21:45

此処最近、うつされた風邪でヘロヘロになってましたが
そこそこ復活
で、昨日久しぶりにBBCworldのホームページに行ってみて、番組表をみてたら

top gear winter olympic special

、普段と違う時間帯だったので

気が付かんかった.....。

それも再放送枠も終わっているし.....。悲しい

仕方ないのでネット上であさってみると
yahoo動画でパート1、パート2分割されたのと
google video の中に有りましたが

日本語訳では無いのでちぃーとつらい...汗

そのうち再放送しないかなー

やはりね

  • 2006.02.21 Tuesday
  • 22:09

以前CRM80のサイレンサー(CR85用無理付け)を交換したことを載せましたが

当初は 静か と思っていた、このサイレンサーも

この前までは、これぐらいがちょうど良い音量(近所で回転を上げてもほとんど誰からも苦情が出ないくらい←多分推定80db前後/トルクバンド下辺り)
から
いかにも「社外サイレンサーに変えましたー」ぐらいになってきた。びっくり
ので、そろそろ
グラスウールでも交換しようかなと。
(2006 5月にグラスウール交換する為に分解してみたら意外と奥までタールとかが染込んでなかったので、パンチングパイプ周りのグラスウール交換とパンチングパイプにステンレスメッシュシートを巻いてみて様子見、........。)
結論

やはり最初がどれほど静かなサイレンサーでもしまいにはウルサクなる

グラスウールの交換が楽なのが(やれリベットを飛ばさないとダメとか)良い。

以前ステンレス4.8パイのリベットをお手軽ハンドリベッターで7箇所打ったら

見事に手が内出血。

次の日手に力が入らなかったのは言うまでも無い冷や汗

久々に

  • 2006.02.17 Friday
  • 20:28

ここの所touristtrophyネタばかりなので久しぶりに

mythbusters ネタで。

大声でグラスは割れるか...ホームページ上ではガラスは破れるかになっていますが....。!?

生の肉声だけで、割ろうとするとさすがにグラスを選別しないと厳しいみたいですが
でも、「なにがなんでも割ってやる」.....という
気迫が凄かったですねグッド
で、割れた瞬間に狂喜乱舞拍手

でも、よく 割れたグラスが顔に突き刺さらなかったのは?

グラスの破片も気合負けしたのか......。

とりあえず

  • 2006.02.14 Tuesday
  • 20:09

相変わらずフォトモードにて遊んでいます


で、このバイクですが、現実は(ノーマル)こんな簡単に160k以上は出ません。!?(苦笑)

まぁそれは置いといて

それらしく....撮れました。←やはりこの後転倒というオチでしたが。

昨日、tourist trophyのホームページ上にある
リプレイ ダウンロードに行き

 辻本聡 さんのリプレイ(筑波)を落として、一緒に走ってみましたが、全然お話にならない位に差がついてしまいました。(当方GSX-R1000RMで)
第一ヘアピン迄は0.3から0.5秒差グッドぐらいまで付いて行けますが
そこから第二ヘアピン迄に3から4秒差びっくりまでに開き
最終的には5秒強差しょんぼりになってしまいます。

うーむ。
せめて2,3秒差位にしたいですね

touristtrophy

  • 2006.02.13 Monday
  • 20:50

達成率も半ばにきたので
PROモードにしてみる

凄すぎるびっくり

操作の難易度が一気に上がった。

今までの扱いやすさは影を潜め、旋回からの立ち上がり時に車体を起こさないとハイパワーな車種だと即スリップダウンかハイサイドに.....!

ただ、今迄感じてきた、1速や2速の妙な車速の上がり方は、消えていていたので、より実車らしく暴力的な加速が楽しめますグッド!?

そして前後に重心移動するとフロントUPも出来るし、
更に垂直ウィリーも出来ます。←やり過ぎで裏返りますが....拍手

ということは、
ジャックナイフやストッピーも出来ることになります。←やはりやり過ぎると前転しますが.....拍手

PROモードは

面白リプレイには欠かせませんが、レースに使用するのはあのコントローラーは、私では無理ですね。しょんぼり

玉に瑕

  • 2006.02.12 Sunday
  • 20:52

例のお気に入りマシンですが

一つ弱点が判りました。(たいした事では無い)
ゲームだから出来ることなのですが

安定性が高いのが裏目に出て
ワザと、ウィリーとかジャックナイフとかを試みても
全くのムダに終わります。しょんぼり

余りレースでは関係ないですが、面白リプレイにするのが難しいですね。

ようやく

  • 2006.02.11 Saturday
  • 23:01

昨日 例の、スーパーライセンスのfiscoがようやく終わり、
ゴールド達成拍手

かなり手強かったです。

これでライセンスのことを気にせずFREERUNとか、フォトモードを楽しめるようになりました。

そして、今お気に入りのBMW.K1200R.RMを撮ってみました。
まず、一枚目は

シアトルサーキットの中盤にて

二枚目は



中盤の左コーナーで、縁石跳び

三枚目は



シアトルサーキット名物の二段坂で

大ジャンプ←その後、縦回転して転倒したのは言うまでもない。

ココの所tt

  • 2006.02.09 Thursday
  • 20:46

ライセンスも終わり(例のスーパーのFISCOは除く)
現在車両集めに没頭してます。

前回から記述通り、個人差が有りますが

ある特定車両だと全く自分のリズムに乗れません。

結果 レースではなかなか厳しいです悲しい

やはりクランクマスの大きい車両は苦手ですね。(例外はMT01 V-maxかな)

良く見に行くサイトでTTがよく指摘される部分として、ピッチングがしないとか、イロイロ有りますが、私個人が思うには、
「ビックツイン系等の車両の使うメリットがほぼ無い。」
が挙げられます。
なにかとスパイクのRSシリーズと比較しますが、RSの場合リーンするとき(バイク傾ける事)において個々の車両特性が出易かったのですが(直4<直3<V4<パラ2<V2<シングルの順にバイクがクイックにリーンすること.....因って私はパワーとリーンのしやすさでV4を使用)
TTの場合それが殆んど感じられず、ましてや前後タイアの異様なグリップで超ハイパワーバイクでも滑り難い
。(追記.....PROモードは除く)
直4バイクのデメリットがほぼ無くなるとそれしか使え無くなってしまう。
本来クランクマスの大きい車両では、スロットルON,OFF時のトラクション特性(2007 7/26 追記 正確にはダルな分タイアに懸かる駆動力変化がやさしい)がモット良いはずですが.....。?

こんな感じなんで只今お気に入りなのは
BMW K1200R RM   です。

(2006 4/9追加)

この車両、外乱変化に強く(トライアルマウンテンの裏ストレートの谷から上りでよく判ります)て尚且つ、かなりのバンク角の持ち、更に怒涛のパワー
当初は単なるキワモノ系と思いきや
実はかなり使える車両ですしリプレイ映像がかっこいいグッド
個人差がありますが......。

それはそうと

いつになったら革ツナギ....特にタイチ系..が増えるののだろうか

引き続きtt

  • 2006.02.07 Tuesday
  • 21:03

昨日でようやくスーパーライセンスをクリア
あとひとつで、all ゴールドなのに......。悲しい

レースモードでアレコレしている内になにかの解決策が出る事にしておこう。ショック

さらに気づいた事

5・エンジン特性の違い.....左右のバンク(ロール方向)は、RSシリーズの車両ごとに於ける変化ほど大きくはなさそうです。が、
スロットルOFF時の車両慣性〔エンブレ時のクランクマス(クランク重量)は感じることが出来ます

 例1 ブレーキングしながら高回転のままシフトダウンするとトライアンフの三気筒や2気筒系(2ストは除く)の大排気量バイクは止まらないように感じる。逆にブレーキングしながら低い回転に落ちるまで待ってシフトダウンしても車速の落ち方が余り変わらない

 例2 旋回中に更に回り込ます為にシフトダウンしても4気筒系ほどスムーズに行かず、(更にバックトルクを駆ける.......GT4のF1マシンでこれをやりすぎるとスピンする。)プッシュアンダー気味になりオーバーランするか、車体姿勢を乱す。(エンジン自体の回転落ち...車速はブレーキングで落ちようとしているのだが、エンジン自体の回転モーメントが大きいので引きずられる。
  
これでスーパーのFISCOがうまく行かない訳ですしょんぼり

6・ ライセンスよりもチャレンジレースほうが難しいのでは?

GT4プロロ−グ・GT4でもあった
「何周で何台抜いて来い」
いや苦労せられましたよ。怒り

1台目を抜くのに手間取ると......終了

1台目をチョッと強引に抜くと当たって敵車転倒....終了

今度は1台目を丁寧にに抜いて「2台目にアタック」と思いきや、後ろで勝手にコケてるし.....終了怒り

「これぜったいにバグやで」とキレルうちの兄

 バグでは無いだろうが、見ている人間ですら.....怒り

まぁ、なんとか獲りましたが。

今のところは、TZ250とトライアンフのspeedtriple RM ですが、これから更にキレル事が増えるかもしれません。



懲りずにやっていきたいとおもいます。


気づいたこと

  • 2006.02.05 Sunday
  • 21:11

引き続きTTですが
昨日エキスパートライセンスまで進んでみました。
前回とは違い、ワリとサクサク進められて

 ジュニアでは、最後のモリワキ号の動きに戸惑ったぐらい
 エキスパートもかなり苦労することは少なかったです。

そして気づいたのですが

1・現実では絶対転倒する 旋回中のハードブレーキングでもあまりコケにくい....。!?

06 2月12日 追記
操作系をPROモードにすると、かなり挙動が実車っぽくなります。が、操作もかなり複雑になりますびっくり

2・タイヤインジケータの上のマーク(取説では空気抵抗インジケーター)はどうも視覚的にフロントの荷重が抜けて暴れかかっているので前に荷重を加えなさい!つまり伏せろという事)表しているみたいです。

3・車両の初期の動きが早すぎる場合(最新系レーサーレプリカ等)、ライディングフォームのリ−ンインにするとワリと旋回中は楽になる。但し 切り替えし犠牲になりますが.....。
イロイロ試してみるのも手かとグッド
好みにもよりますが......。

4・やはりATよりもMTのほうが融通がきく。無理にパワーバンドに入れるよりも高いギアでワァと行ったほうが良いケースも有ります。

この事に気づいたせいか、以前よりゴールドが取り易くなりました。楽しい

お買い上げ

  • 2006.02.03 Friday
  • 21:00

前回言っていたとおり
tourist trophy    ご購入
そしてやってみる。.......難しい。悲しい

GranTourismo2の時から自分への無駄な課題

mission

最低でもライセンスは、一番下(今回だとノービス)では、絶対ALLゴールド! そして全体ではブロンズは無し!?

というアホなルールを実行しているので、ノービスでいきなり苦しい事に......。とりあえずなんとかノービスallゴールド達成嬉しい

当初はサクサク進んでいたものの、
 T−MAXスラロームでつまずき...(ここで伏せる事を学習)
そして
 あの ラグナセカ........これには苦労させられた。試験最終コーナーがイマイチ決まらないおかげでトライアンフが嫌いになりそうだった。(この前のtopgearでGT4vs現実〔NSXで出したタイムが現実通り出せるかという企画。本来は別の企画だったらしいが。当然の事ながら現実のタイムは......26秒落ち....厳しいしょんぼり〕)

その反動で、最終試験のオータムリンクのショートでは、かなり非道な縁石飛び越えして ゴールド達成。

まだノービスが終わっただけでこの充実感グッド
GT4の時には感じなかったのだが。

でも

フロントサスはどうもリジットぽい

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ