復帰

  • 2007.01.25 Thursday
  • 21:06

以前、お気に入りの番組のtopgear
R.ハモンド氏の事故により、暫く番組中止となっていたのですが、今週から復活するみたいです。グッド(現地放映分)

日本では、今月から一応、過去の名場面集として
トップギア スペシャルとして現在放送されています。
ただ、
やはりあの、車両紹介した後のスタジオでの、偏ったコメント等(例・・・収録後クラッシュした、カイエンターボSとか、マツダロードスターの動物に例えた話)とかが、無いとやはり物足りない感は、します。
とはいえ、コレでも十二分に笑わしてくれるので、
早く、日本で放映してもらいたいです。!

ちょっと遅いですが

  • 2007.01.07 Sunday
  • 20:56

えー あけましてオメデトウございます。
今年もよろしくお願いします。

新春は、年末に手に入れた、今は廃盤になっている(別ブランド名では、現在も販売中←訂正サイレンサーまでのジョイントパイプ径が現行のは、細い。 60.5→50.8 また、サイレンサー、ジョイントパイプ一体式→差込式に変更されてます。)
サイレンサーのセットだそうとアーダコーダしてました。
ちなみにまだ、
いいセットが出なくて四苦八苦してますが.......。悲しい
なんせ取説に記載されているデータだと余りに.......
(注意、このデータ、規制前と規制後のデータ一緒....!?なんせニードルもスライドバルブ、そしてニードルジェットも違い、MJが12番...更に正確にいうと14番......も違うのに)
それもコレがバッフル装着時のモノなのか、外しているモノなのかは記載無し....。
とりあえず最初は記載されてる通り(ブタ鼻を外して、バッフル無し)にセットしたが
危うくピストンに穴を開けそうになり即中止。あわててブタ鼻とバッフル装着。

第一、このバイク、CVキャブのまま
世間で言う所のブタ鼻外しをすると
低中速でのツキは良くなるが、上が全然回らなくなる。冷や汗
この状態でMJを大きくしても、余り効果無し。びっくり
一度、確実に理解が出来てないとほぼ失敗する、負圧ホール拡大をしてみたが、あえなく自滅........悲しい
(cvだとやはりニードルのほうが体感しやすいみたい)
吸気流速の問題らしいですが..........。

自分なりに推測すると
スロットル開度上は全開(バタフライバルブ)になっていても、負圧スライドバルブが、全開になっていないのだと考えています。
〔ただ、DRZ400s.smの場合ブタ鼻外しどころか、レーサーエアクリBOX交換でも上記の事態にはなりにくいみたい。やはり電制キャブ(負圧スライドにソレノイドが付いてる)おかげか......。〕

結局は、直引きキャブなのか...........。
しかし、個人的には負圧キャブの開けやすい特性が好みなんで..............。ラブ

結果
今の現状では、ブタ鼻付きのほうが、トータルで勝ってますが.........。
とりあえず250Rダクト付きで詰めたいと考えてます。汗

2007 7/3 追加
結果的に今は、大きいCVキャブとの組み合わせで走ってますが、このサイレンサーは、バッフルを外すとほぼ全域トルクダウンするので、最高速がた落ち。直引き(PWK38)キャブにしても傾向が変わらない。普通は、下がスカスカになっても上での印象は、多少良くなる筈ですが......。
ちなみにこのバッフルの内径は19mmだったのをちょっとイタズラして20mmにしたのですが、ノーマルサイレンサーの規制前が、約23mm強あるので、ヌケ的にはノーマルのほうが良いと結果が...........冷や汗
まぁ下から真ん中あたりのトルクが出ているのとノーマルより軽いから使っているだけなんですけどね。
サイレンサーのテールエンドの内径は約41mm
これだと抜けすぎみたいなんですよね汗

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ