HID壊れました。

  • 2012.10.29 Monday
  • 20:19

XQの中華HID(バイキセノン)バーナーが壊れた模様。
当初、バラストかと、思いきや、左右でコネクターを入れ替えても、
左側が暫くして沈黙
バーナーの根元部分のコードを動かすと、 消灯…。
バーナーのコード(-)が内部で切れてました。

とりあえず左側の電源を切って使っていたものの
やはり点いていたほうがね〜。
(右だけHID運用のおかげで、両側HIDは、かなりのAを消費することが再確認できましたがーー)
補修部品をポチる前に、調べておこうと、分解すると
ユニットからバーナーが取れない。
仕方ないから、破壊してとりましたが…。

もうHIDやめて、LEDにしようかなー!!
にしても、プロジェクターのHI/LO切り替え部分が、
なぜか錆だらけ…中華クオリちぃ炸裂ですわ。

暫くは、パワーLED自作か、汎用LED球を加工するか考えますわ……。

また罰ゲームですか

  • 2012.10.09 Tuesday
  • 22:21

只今修理預かり中の某メーカーの、某国製50スクーター。
散々手を煩わしてきながら
オチが某国製クオリティが原因でした。

症状
始動して、暫くは特に問題なし。
10分ぐらいたち、
信号待ちで30秒ぐらいアイドルさせると、徐々にエンスト。
但し
2〜3秒はかからないが
それ以降の再始動は容易。
(↑の症状から、バルブのカーボン噛みこみではない)
プラグの焼けは低開度域でやや薄い
キャブを分解してみるも、1箇所除いて問題なし
(一応洗浄しておきましたが)
その箇所とは、パイロットスクリューが出荷位置と思われる箇所で固着。

もう判らなくなって知り合いの店に訊くと
「あの車両プラグキャップリークが…ーかくかくしかじかーーー等なので、リークテストしてください!!」

今時、リークなんて…と思いながらリークテスト
 プラグコード外周をワニ口で挟んで、アースすると…
もうね
凄い勢いでパチパチ、スパークしていました。(苦笑い)
プラグコードからキャップを外すと
そこは、緑錆び!!
暫定的に錆を落として、キャップを付けようと、
プラグコードの先端をカットしたら
中の、やや長い芯線が、ポロッと、取れました。(唖然)

プラグコードが内部断線していたワケです。

ありえない。
一応、あそこって某社のコピーカンパニーを
某社がキレて買い取った所でしょ。
さすが冥土インチャイナ(冥土に逝っちゃいな)
なんでもアリですね。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ