やっぱり

  • 2013.10.26 Saturday
  • 20:50

久しぶりにウチの4輪車のタイアのネタでも

最初は、YHのa028とか言うふざけたOEMタイア←14000k終了
その次から、MI プレセダ→プレセダ2となり
(OEからグリップ、レスポンス↓は酷かったですが…逆にOEがふざけたタイアとも言える。)
その次は、DLのスポーツmaxxになり
チョイ前までは、MI エナジーセーバーというタイア。
このエナジーセーバー、ウエットで癖があり、
グリップはそれなりだけど、耐ハイドロ性→微妙

まぁ比較の対象が、maxxとか、セカンドスポーツと言うのも悪いのですが
高速排水性能がね〜。
雨の日の高速道路で簡単に接地感どころか、リアルハイドロを80K/h以下ぐらい数回食らったことアリ。(タイア残山6mmぐらいかな)
今までタイアで同じ所を走った時には、なんも感じなかったけど
コレは、水溜りだと結構抵抗感じる。

多分、縦溝が3本が真ん中しかなく、その割りにIN,OUT側のブロックが大きく左右方向の排水する溝が少なくて、
水流(水圧?)でタイアセンター部分で持ち上がってしまうからかぁ??
という感じで接地感を失うパターンが多いです。
ただ、排水性が悪いだけで、
ウエットグリップはそれなりに、安定しているという感じ。
ドライだと、まぁ(エコ)スタンダードタイア系だけど、
割と素直で腰砕け感とかは、アンマリ感じ無いだけに、
良いと思えるだけどね〜。
この辺りが、スタンダードタイアと、セカンドスポーツや、プレミアム?系タイアの違いなんかなぁ。
(素直にコストの問題〔ユーザー側〕とも言うが。)

逆に言ったら、一般道で、アホな事しない限りは、
実用上、慣れの問題ですしね〜。

それはそうと
最近、4輪2輪とも作っているタイアメーカーで、
商品名を同じするのが習慣になってきているのが、なんか微妙感じがするのは、
私だけじゃないはず…。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ