きびしい選択

  • 2007.06.14 Thursday
  • 20:00

日曜日に舞洲のモタードイベントに。
2月のファンライドスクール行ったメンバー(M氏およびD氏)
+mido氏(トランポ有難うございました)
で行って来ました。

この日の舞洲は天気がコロコロ変わっていた。舞洲の橋渡るときにmido氏が
「今日、めっちゃ空気が澄んでますね。晴れ 神戸の方まですっきりみえますね。写真取りたいくらいっすわー。」
と言ってたのに、暫くすると曇ってきた曇り

スクールのほうは、寝不足zzzのせいか寝かしこみが遅くて曲がらない........。
講師の方に「もっとリーンアウトさせたらイケルヨ」再三指摘されるも
頭で理解してても、体がついてこない。
切り返しの時に「体を振り回し過ぎ。なのでギグシャクしてますね。」と更に指摘される。
完全に気持ちだけが空回り状態になっている。
後「視線が近すぎますね。」は、
講師←生徒←講師←生徒←講師←生徒の6人一組でコースに入ります。
各先導の講師の方が後ろを見ながら走るわけですが、
D氏、M氏、私もそうですが、本来先のコーナーを見なければならないのを目の前の講師の方のほうを見てしまうのです。悲しい
そんなこんなで、メロメロなままスクール終了。
しかし、問題点を指摘されたというう事は、この後の走行枠で重点的にやれば何らかの解決策が出るだろうと、スクールの意義を感じました。
講師の皆様有難う御座いました。

汗だくになって革ツナギを脱いで水分補給モードへ

そしていつもの事ですが、スポーツ飲料がぶ飲みしたので
 急激にお腹の調子が....................。ショック
そしてトイレに行くとお約束のごとく
 紙が無い 。
有るのは芯のみ........。
プライドを取るか実用を取るかで悩んだが、
結局、実用をとりました。冷や汗

その後ハスクバーナの試乗会が有りmido氏は「一番凄いのを乗せて」と言ったみたいで、渡されたのが、SM450Rレーサー仕様(RR??
本人のコメントが、「モタードて、慣れてないからよう開けきれませんでした。ははは.....。でも速いですね。」
よく言うよ、あれだけ開けまくっといて........。

そして午後の走行枠へ
最初はスクールで指摘された課題をやっていたのですが、どんどんパスされていく。それも変なところ抜こうとする連中いたので怒りマーク、身の危険感じてペースを上げざるを得なかった。
そのうちに、なかなかいい感じに乗れてきた。嬉しい
単独で走っているといい感じなのだが、後続に追いついてしまうとペースが乱れてしまう。
それでもパイロンS字の切り替えしはこの枠では速いほうだった思う。
2回目の枠で前にD氏がいたが抜けずにそのまま終了。
最後の枠で5,6台前を走っていたM氏がコケていた。何でも前を走っていたヤツが意味不明にブレーキをかけた為、避けようとして転んだらしい。
そんなこんな走行終了。
終わって暫くすると雨が本降りに雨
あわててmido氏のハイエースに避難する。
皆でmido氏に感謝。
こんな感じでこのイベントは終わったのですが、昨日友達にこのトイレの選択についてメールを打ったら、
「芯で拭いたのは、漫画みたいやなー」
「どこかで、紙やすりで拭いた話を聞いた事があるわー」
と言われ、じゃあ芯は2000番ぐらい汗と返信したら
かなりウケていた模様。

次回はトイレットペーパーを持っていこう。

追記.....この後チェックすると、フロントエンジンハンガーボルトが緩んでました............冷や汗

マイッタ

  • 2007.06.05 Tuesday
  • 20:29

約一ヶ月ぶりに更新・・・・・雷

この前とあるホームページに、
自作チューブレス化について書いてあって
簡単そうだったので!?
(実際そんなに簡単なわけはなく、相当苦労されたと思います。という事でいつもの一文がそこにもありました。

※上記作業に関して、XX(お名前伏せさせていただきました)は一切責任を持ちませんので、自己責任でお願いします。)

やってみました。
そしてこの注意書きの意味を嫌というぐらい思い知らされました冷や汗

自作1回目 記述通り、両面ブチルテープを貼って、片面アルミブチルテープを張ってみた。 タイアも組んでエア漏れ確認.........ニップルのスポーク側とリム側からカニ泡発見
最初は、ニップル周りの行き場の失った空気が、漏れているだけだと自分に言い聞かせてはいたものの、0,2KPa/3時間割合で抜けてくるので、これは失敗だと認めざるを得なかった。

ちなみに変にくっ付いたブチルテープを剥がすのは大変根気が要る作業です。スクレーパーでだいたいこそぎ取った後、溶剤等で湿したウエスで拭いていきます悲しい。逆にあまりくっ付いてなかったら、ベリッと剥がしても綺麗にとれますが.......。

この後、ライディングスクールを一緒に行ったM氏にメールをしてみると、
 「アウテックス製のチューブレスKIT買ったよ-。明日持っていきます」
で、日曜は、M氏のDRZでとりあえず変化の出やすい前側を作業してみる事にした。
この取説にも、非常に根気が要る作業です。と書いて在りましたが。
で、ここでも1回目を失敗して、リア用を加工して再度チャレンジ(マネしないほうがいいと思います)
今の所エア漏れは、無いそうです。
失敗すると、たっぷりの絶望感があじあえます悲しい

ちなみに1回目の失敗は私の自作(盗作)ほうがまだマシでしたが.........。



自作2回目 最初の失敗は、ブチルテープを一周しか巻いてなかったから、圧着最中に、ニッブルで切れてしまったと判断して、2周巻いてみた後片面アルミブチルテープ貼ってみる。やはりダメだった。


自作3回目 ニップルにテープを貼り付けてから、今度ブチルテープを3周した後、片面アルミブチルテープを2周させて更に、上からリムバンド巻いてみた。

でも、漏れるのですよ、エアが..............!

とりあえず、イベントも近いのでチューブを入れる事にした。
ただ悪あがきにニップルの周りにシリコンシーラーを塗って梱包用クリアテープを貼ってからリムバンドを組んでからチューブを入れてやった。

そして先ほど気づいたのですが、ニップルからシリコンが生えていた....。!?

とりあえず、自作(盗作?)チューブレス化は暫く保留しておきます。

あのページの管理者の方の努力は凄いと思い知らされました。グッド

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ