ようやく、腰下完成

  • 2008.09.29 Monday
  • 19:12

ベアリングの発注ミスで、更に遅れた
組み立てですが、
何とか腰下まで組みあがりました。
しかし
Rクランクシールの圧入し過ぎて、
もう一度クランクケースを分解して、反対側からオイルシール位置を調整するハメになって
無駄に時間がかかってしまいました。汗

明日には、車体に乗せられるはず。

結局、あのベアリングのサイズだと最初期のNSR/CRM80もしくは、NSR/CRM50系列ぐらいしか使い道が無いなぁ......。

バキっと言う音が

  • 2008.09.28 Sunday
  • 10:42

O氏と一緒にプチ砂利道?に行き
某水汲み場がある所のガレ場の登りでガシャとやってしまいました。
枝がメーターとヘッドライトカバーの間に入り込み、起こそうとした時に
バキっと言う音が......
塗装しているヘッドライトカバーの塗膜が変形についていけず
塗装が割れてしまいました。
で、只今補修中
元の塗装部分がほぼ残っているので、タッチアップで直そうとしたのですが、邪魔なデカールを剥がしたら中途半端に剥がれてしまいました、
結局、パテ当て直しに。
メンドクサ〜
このカバーの成型色に青が在ればよかったのですが、
純正部品にはないし(青紫が在ったみたいだが、現在非売品だし、色味が全然違いますし)
社外品はD氏がつけてますし。
なんか今週は、高速乗った瞬間豪雨に逢うわ、Fタイアがパンクするわ、コケるわ、踏んだり蹴ったりでしたが、
まぁじっくり直していきます。

発注ミス

  • 2008.09.26 Friday
  • 15:10

以前ベアリングを機械工具屋さんに発注した事を
ネタにしましたが、
クランクケースにベアリングを入れようとした時に問題発生。

全然サイズ違うやん........。冷や汗
6205とばかり思っていたら
63/22ではないか......ソレもご丁寧に通常規格のとは違い
25X56X15と、厚みが1mm違うし。悲しい

単に1mmだと問題は出ないと思うけど、
片側で1mmだとケースを組み上げた時には2mmになる。
これはちょっとマズイな。バッド

という事で、純正部品を発注。

2008 9/27
部品が到着してみて、品番をみると
TMB205/56CSIBPX5という刻印が.........。
そりゃ間違うわ、この品番。


余りにもしょうも無いミスなので話を変えて、

火曜日にクランクを加西迄、引き取りに行ってきました。

相当手間取ったみたいで、作業、有難うございました。m(_ _)m
mido氏も手伝ってもらって、有難うございました。m(_ _)m

とりあえずベアリングが来たら、組んでみます。
例の問題、シールの位置をずらしたら、イケルと思いますが。

うーん、判らん。

  • 2008.09.18 Thursday
  • 16:36

バルブクリアランスは正常だし、カムチェーンのテンショナーも今の所正常でも、バルブ周りから音が..............。
そろそろバルブを変えようと部品を発注。

その時に判ったのが、
排気バルブが新モデルでは部品番号が違うし値段もおよそ半額。
そして私が所有しているモデルの部品番号が変更になっており、何らかの変更されている模様。〔リニューアル品〕
とりあえずサンプルで、1本最新型のをとって、
スペアとして持っている中古バルブと比較したのですが
パット見、形状は変わらない。
仕方ないので重量を計ってみると

手持ち(傘の部分磨いています)約 21.7グラム
元からのバルブ(スペア)。無駄に磨いてますが........。
最新モデル          約 21.4グラム
疑惑の最新型のバルブ。インジェクションで燃焼温度をコントロールし易くなり、コストダウンしたのか?でも軽くて安いの方が良いのですが............。

この段階で材質が違うのでは?と考えたのですが、

やはり無難に所有しているモデルの品番〔リニューアル品〕で発注しました。
(1本つき倍なので2本では2倍になるが痛いですが.....)

で、到着した新しい部品をみると
..
....
.......外見的には、やはり一緒な感じが..........。

で、重量は
リニューアル品      約21.6グラム
こちらがリニューアル品。結局無難にこちらを使用予定。でも微妙に軽くなっているみたい。

価格差がある事だし、品番は、最新より新しいし、
もう〜材質が違うとしか言いようが無い................。


ちなみに吸気側は現行モデルも品番変更が無いのでさらに怪しい.....。

と言うことで、
これで、全く同じだとしたら.........泣きそうです。ハイ。

変わった事2

  • 2008.09.11 Thursday
  • 10:24

前回から引き続いて、陶芸ネタで

今回は茶碗の底の修正とロクデモないモノを企画の作業ですが

まずは、茶碗から

底の部分の高台が茶碗のセンターからズレていたのでO氏に修正してもらい、削った部分とのいびつな部分を修正しました。

でお次は、ロクでもないモノ

元の皿はO氏が製作
作業前 before
ロクでもないモノの原型。製作はO氏。コレが後にズタズタになるとは.....スマヌ。

で作業後 after

修正された茶碗(裏側なので見えませんが)とロクでもないモノ。集中力が切れ、途中から実験用生贄になってしまいましたが.......スマヌ。

どっかでみた事のあるカタチみたいな.........?

決して拡大して見ないように.......!?
こうやってイイモノをズタぼろにしてしまいました。
スマヌO氏.........。


変わった事

  • 2008.09.04 Thursday
  • 19:53

ここのところ雨で予定が潰れているので
〔友達のO氏とのどこか行こうか〕の目処が立たない。
昨日の昼に電話すると
「土、触らないか.........。」と
そう、彼は、陶芸教室を始めたところなので、
一瞬、考えた後
「では、行くわ...............。」
という訳で、今回は陶芸ネタで
相変わらず写真があんまり無いですが..............。

1、作りたい物を決める
 というより既に茶碗に決定されてたような..........汗
まぁ、そのほかに、ロクデモないモノを企画
コレについては、別の機会にでも。

2、作り方
「電動ロクロ使うか」と聞かれたが、
素人に動力モノを使うと、考えてたより楽にできる
か、もしくは
自滅+大迷惑と言う、自爆モードにはまる汗
という悲惨な事態に陥りそうなので、
基本的なロープ状の土を、積み重ねる方法にした。

3、土選び
 赤、黒、白があるけどどうすると言われ、
黒を使うことに決定

4、製作開始
 一通り作業順序を聴いて、作業開始
手動ロクロの上に丸めた土を乗せ、上面を潰し、背の低い円柱を作る。
ソレを針で外周を削ぎ取って大体のセンターを出す
(この段階ですでにやらかしたのですが.......。)

この上に、丸めた土ロープをのせて行くのですが、問題が....
「気をつけないと丸紐でなく、きし麺みたいな楕円になるで。」と言われていたのにも関わらず、出来損ないの、不均一長円ロープが出来る訳ですな。
その結果
微妙にセンターがズレる。
尚且つ土の厚みがバラバラ

O氏の補正が入り
とりあえずこんな感じに
こういう感じになりました。この段階でO氏の修正及び補修が随分はいってます。
奥に見えるのがO氏の製作工程理解用テキトーサンプルです。
後で真っ二つになり土に還されましたが...........。

数々の補正と2時間余りもがいた結果
O氏の数々の修正及び補修と私のインチキテクにより随分と良くなりましたが..........。
こうなりました。

次回?に続く.........のか...........!?

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ