やはり雪

  • 2008.02.26 Tuesday
  • 19:48

ひきつづき

結局、その後の2回目のミニコース練習でも、恥かしい失態のオンパレードで更にメロメロに。汗

そして昼休み

この頃から天候がさらに不安定になり晴れているが風が強くなっていき
コース上のパイロンは飛んでいき挙句コース脇のスポンジバリアも飛んでいくありさま。強風
昼休みが終わる頃には一旦落ち着いたのですが..........。

午後からはミニレース形式で始まったのですが、
更に路面温度が下がったみたいでウオームUPランでもタイアからの手ごたえは...........。悲しい
後ろでガシャという音で振り返るとDRZの人が転倒
まだスタート前でこんなの感じなので
無理せずスタート。
M氏及びD氏ともいい感じで走っているが
こちらは物凄〜くセーフモード。しょんぼり
2、3周目ぐらいで前回の舞洲で知り合った人がハイサイドで転倒→医務室に運ばれていき
それから暫くした後チェッカーが出て終了。
幸い打撲と擦り傷程度で済んだみたいでした。嬉しい

その後、レーシングクラスの出走となるのですが
この辺りから雪がチラつきはじめ、
結局2台だけが走って、講師の方が二人の走りの違いを解説していただいたのですが...........二人の走行後、更に雪が酷くなり、
講師の方による医務室での講義及び質問コーナーとなってしまいました...。

暫くした後一旦雪は落ち着くも路面はビッショリ
「走りたい方は、走ってもらってもいいですよ」と講師の方の問いかけに
誰も無言モード............。冷や汗
という訳で
今回は終了。
とりあえず転倒せずに済んでよかったです。

尚、閉会式終了後の騒音測定はM氏が87db、D氏が88db、私も88db(バッフル付き)でした。

ちなみにタイアは家に着いて暫く後に届きました。!?

やはり雪

  • 2008.02.25 Monday
  • 21:07

ここのところ更新が出来なかったのですが
ようやく更新。

この前の土曜にファンライドスクールに行ってきました。
実は発注していたタイアが間に合わず(この日に到着予定)
街乗り用の終わったタイアで参加...........。
いつものM氏とD氏と一緒に。
今回は3人ともクラスを一つ上げて参加したのですが......

午前中は座学受けていた時に雨が降ってきたのですが、講義が終わる頃には
雨も上がり、太陽が出てきたのですが、路面は暫く濡れたまま。

講師の方々は予定変更して、コースグルグルから
スタート練習に

講師の方が実演した後は私たちの番
はじめは密かな期待があったのですが
ものの見事に打ち砕かれました
私ってスタートがヘタクソだと。
「半クラからポンと繋いで前が上がりそうになったら一瞬切ってスパッと繋ぐ」と講師の方に教えて貰ったですが、
難しい......。
意識しすぎるとポンと浮いて失速
もしくは前が上がりすぎるのを気にしてクラッチを滑らせすぎてしまう。
結果は言うまでも無くメロメロ。悲しい

そうこうしている内に路面が乾き、コースグルグル開始
「路面が冷えてるので、タイアが温まるまで気をつけて走ってください」と
講師の方の言葉を肝に据えて走行開始

なかなかタイアが暖まらない、それもRタイアが............。
やはり3年モノで熱の入ったタイアはダメみたい.................。
(まっ、それに載ってる人間は更にダメでしたが!?
そのなかD氏がかなり頑張ってるのでこちらもペースをちょっと上げると
ヘタクソな私では制御不能なスライドしてしまいコースアウト冷や汗
周りを見るとM氏もコースアウトしてました........。
コース復帰後はペースを落として走ってました。
まわりも結構ドタバタされていて、転倒された方もいました。
そうこうしている内
やっとタイアが暖まってきたらチェッカーという感じでした。しょんぼり

次回に続く............。

疑問の続き

  • 2008.02.14 Thursday
  • 19:35

結局、NJHは2型のを使用しMJを下げた仕様に
落ち着きました。
ここで一旦セットを固定しておかないと、収拾付かなくなってきました。
という事で
2008 2/14
JN....N1Tb−3
MJ....145(NJH−2型)
SJ....35

に変更。

でもNJHの加工に未練がね〜。

  • 2008.02.09 Saturday
  • 20:05

今日の雪は久しぶりに積もりましたね〜。
こういう日はスクーターで雪遊び.......等したいですね。雪
CRMで雪遊びしたのは随分と前ですからね。

しかし、最近寒さに激弱な私
スクーターにはグリップヒーターが欲しいなぁ〜!
いや、持ってるバイク全部に!?
それと
足のつま先対策も。!?

この前、靴の中に使い捨てカイロを入れて
「しめしめ、これはナカナカ、ナイスな作戦」グッドと思いきや
予想外の雨で足元ビショビショ。冷や汗
予想外の湿気(というか雨水)でカイロ反応終了
(↑危険な行為です。異常な反応が起こり自滅するケースが在ると思います)
そしてつま先の感覚が無くなる悲しい
手なら自販機でHOT系の商品、もしくはエンジン等の熱源で温めればいいのですが、つま先はねー。
足湯に入れば暖めれるが、そう都合よく足湯て無いですからね。温泉

ネオプレーンの靴下てどうなんだろう。
RSタイチやラフ&ロードの商品とかで在るという事例から効果は多分あると考えるのですが...........。

疑問の続き2

  • 2008.02.09 Saturday
  • 19:48

そういう訳で1型NJHを使っていますが、
性格が1型とほぼ同じになってしまいました。
始動性の悪化、(冷間、温間両方とも)
アイドリングの不安定(無理に安定させると、信号待ち 等、で止まって欲しくない時に限って、止まる)
本当、性格悪いです。

更に低回度からチョイ開けがかなり濃く、PS及びSJ(ウチのSJ35は正確に言うとノーマルエアブリード径を拡大しているモノ。35以下はポッシュ以外基本的に入手しにくい。←どこかのメーカーに純正品番として存在しているらしいという事は調べれたのですが..........。)の変更を行っても
効果が薄いし他の部分に影響が。
具体的に言うと
開け側が濃い
閉じ側は薄くて、回転落ちが悪い。因ってC.E復活させたのですが、全閉では余り変わらない。

という訳で2型のNJHに上段部を1型と同じのが

凄く欲しいです。

加工しようかな..............。

疑問の続き

  • 2008.02.04 Monday
  • 21:45

ニードル及びMJは不変でも乗り味が変わってしまう。

「1型はスグにレブるが次年度モデルの2型は高回転まで回り込んでくれる............」等、当時の雑誌はレブリミッター変更を匂わすコメントが書かれていましたが、
アレはあくまでも体感上であって、実際タコメーターを付けて計っていた訳では無さそうなので、

私なりの1型と2型の比較したときの印象は
「1型...単にピーキーで回転上昇が速い→レブる→すぐシフトUP→失速⇒仕方ないのでリミッターに当たったまま走る=走りにくい。

2型...1型と比べ全体が洗練された感じ。イメージはあまり変わらないが、二台同時に比較すると微妙に回転上昇に遅い。
その分トルクバンド辺りが太くなって(微妙に)レブってシフトUPしても多少失速しにくい≠レブリミッターが上がったように錯覚する。」←特に土の上、等のホイルスピンしやすい環境だと顕著になります。

※更に規制後モデルだと如実に感じられます。※
意外と知らない方が多いのですが,規制後は1次減速比が変わっており、エンジン回転上昇速度の鈍さをギア比とエンジンキャラクター変更でカバーしてます。
(まぁ実際は高速道路の最高速度変更に伴う巡航速度時の燃費を気にした........。もしくは兄弟車との部品共用したかったかもしれませんが.............。なんせパワーの低い兄弟車のほうが雑誌で絶賛されるわ、挙句「このエンジンを載せたほうがOFF車として良いのでは....」と当時の雑誌のテスターに書かれる始末)

単純にテスターの方がそう感じたモノでしょう。

なぜこんな事が言えるのかというのは
以前、キャブ丸ごと交換して比較したら微妙に変化あり。
イグナイターだけ比較してもほとんど変化は感じられない。
後付タコメーターでも点火リミッターの回転数は変わらない。

ただ一つ気になったのは、低いギアでレブらした場合、レブリミッターの表示回転がバラついたので、
これはと思い、ワザとゆっくり回転上昇させると上のギアとほぼ同じ表示になった。

後付タコメーターの多くがプラグコードから点火ノイズをカウントする形式になっているで本当のエンジン回転数では無い。
たまたま、ピックアップのパルスとイグナイターからイグニッションコイルへのパルスが同じ時に、大体のエンジン回転数表示になるだけ。
だから急激(素早い回転上昇)にリミッター当たった瞬間、瞬間的に点火カットしピックアップとイグナイター以降のパルスは異なってしまう。(表示は低くなってしまう)
実例の一つ
単純全開加速 レブった瞬間シフトUP 
1速...... 9750rpm
2速......10020rpm
3速......10370rpm
4速......10490rpm
5速......同上
6速......リミッターに届きません悲しい→インチキすると届くか!?
当然規制前なんで、シフトポジションセンサー及びTPS
なんか存在しません...........。

つまり、リミッターの当たる付近の回転上昇を微妙に遅らせるとリミッターの当たり方が緩やかになる。
すると次のリミッターが当たるまでの時間が長くなる
すると
ピックアップとイグナイター以降のパルスの誤差が少なくなる
タコメータですらこういう事がおきるので
人間がメーターも見ず
この状態を体感すると本当は同じ回転数なのに
体感上はリミッター迄よく回ってくれるな〜。と感じても不思議でもない。

だから規制後を先入観無しで乗ると
「あんまりパワー感(実際も)は無いけど、以外とじりじり回り込んでくれる。特に5速辺りで。6速で失速するけどメーター上の速度は以外と乗ってる。」
となる。



私は以前この規制後にこんな発言をした事が有る。
「こんなんKLX(バイクの名前)とは違〜う」

かなり脱線してしまいましたが暫くはこのNJHでセッティングしてみたい
と考えてます。

疑問

  • 2008.02.01 Friday
  • 20:58

キャブの中を弄っていると何気ない発見が........。
普段は単にMJ留めているだけのNJH(ニードルジェットホルダー)ですが
エアブリード穴の開き方イロイロあって
少し気になったのが
穴の開いている高さ
一番高い位置に開いているのは
CVK34の〃拭筍達孱烹苅亜筍達孱烹械瓦劉型>規制後のCVK34
となっている
そして特性がシャープ>マイルドの順に並んでいるところをみると
高開度時のMJ(ニードル?)の補正しているかもしれない。

1型。開いている場所が一番高い
一番高い位置に開いているものの穴数が少ない→CVK34の〃

CVK40に付いてた物。2型の最上段の下に穴を対角に1ケずつ追加。
中段辺りに多く穴径は小さいが穴数が一番多い→CVK40

2型。穴の最上段の位置を下げ、下側に穴数を増やす。
中段辺りに多く穴径が大きい→CVK34の型

規制後。2型に比べ、更に最上段穴の位置が下がる。更に穴径が小さい。
↑が規制後

となっているので
CVK34の〃燭吠儿垢靴討匹Δいθ娠するか実験することにしました。

次回に続く.......のか?.........。

2008 2/04追加
やはりNJHの変更でMJが要変更。全開直後ガス欠症状発生するぐらい薄い。逆に低中開度は濃い。
穴数は少ないので全体的に濃くなると予想していたが、やはり穴の高さ影響はある意味予想通りで、高開度で(正確にはスライドバルブが大体上がりきっている位置)薄くする模様。
う〜む
道理で1型からすぐ2型へ変更があったのか...........。(意味深)

JN....N1Tb−3.5(E1_NJH仕様)
MJ....148
PS....2・1/2
C.E....復活させてみた←また直に機能停止させるかもしれませんが....。

2008 2/07

JN....N1Tb−3(E1_NJH仕様)
MJ....148
PS....3
に変更
更に久々にサイレンサーエンドバッフル改(内径23mm)
装着

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ