暑い中

  • 2007.09.28 Friday
  • 20:18

前回書いたとおり
今回はアネックス ネタで。
その日は後で知ったのですが、関東で機動隊員が訓練中に熱中症で倒れるぐらい暑い日でした。
そもそも一応、この日に行こうと行っていたのだが、この前のD氏転倒で
「今回は中止。」
とS氏が言っていたのに
前日に
突然
「明日行くぞ..............。」と
で、次の日現地到着。
コース管理人の方に
「こんな暑い日晴れに来るなんて変態ちゃう。」と言われる始末。
また偶然、前回(て、ほぼ1年前だけど)会ったYZ85のの人に
「今日、来る人は絶対マゾやで」とさらに言われる。
(結局この日は後で来たN氏とウチラ3人とYZの人と黒いKLX250の人だけだった。)
とりあえず、着替えて走ってみる。
1周ちょっとで暑過ぎて即戻ってくる。
仕方ないので林間コースへ
ウロウロしているとYZの人が
「案内してあげるよ............ラブ
そして自分のヘタレぶりに.............悲しい
戻ってきて水分補給して、ダラダラと過ごす。
しばらくそんな感じで過ごしているとN氏登場
「久しぶりにOFFバイクに乗るからアカンわー」と言いながら、流石は昔エンデューロにはまっていた人だけあって、自分CRMとは思えないの動き。
CRMがレンタル中なので、しばらくD氏のKLXで遊んでみる。
でもこのバイク、トレールタイアなんで調子に乗るとなかなか怖い目に
でMXコースと林間コースの入り口を行ったり来たりしていると
足元から,
バキッという音ともにブーツのが緩くなったので、
バックル外れたなと思い止まってみてみると
ギャー、バックルベースが割れてる.
それから、やる気無しモードへ汗
戻ってきたら、S氏、N氏、YZの人で林間コース探検中(D氏は歩きで)
林の中から威勢のいいエンジン音が失速したり
S氏の雄たけびが...........。
で帰ってきたS氏が言うに
「N氏が泥沼でスタックしたからな〜。」
CRM泥だらけ
で高圧洗車して車に乗せて家に帰る。
で次の日、ホイール交換したら、ドラムハウジングの中から泥が.......。

笑えない

  • 2007.09.22 Saturday
  • 19:41

このところ、事ある事にトラブル(自滅ネタ....エンジン関連)だらけですが、
ここでは、周りののネタを

,─舛叛萓莉気療斃砲糧佞飽柄暗仂譯鳥甬擇咤啝瓩
いつもの山坂道へ
実は、ここに林道みたいな所があってそこに行ってきたのですが
最初の砂利道から途中からコンクリ舗装に変わってしばらくした所で
先頭の走ってた私のバイクが、突然暴れたので
「何.何...。!?
そして後ろを走っていたD氏がつられてコケてなければいいが.....と振り返るとライトが点いて来たので
「大丈夫みたい」と思いきや
ガシャと鈍い音が...........。
振り返るとお約束のようにコケてました。
その後ろを走っていたS氏は何事も無かったようでしたが
まずは救出活動と応急処置と壊れたパーツの回収後、原因を探りに暴れた場所まで、引き返してみると

山側から崩れたフカフカの土が路面のアウト側大部分を覆っており、そこに乗ったため、一瞬スライドした後、コンクリ上で急激にグリップが回復したと。
逆から見た場合
↑別の日に撮った写真です。

私は何とか堪えたのですが、哀れD氏は多分ハイサイドを食らって..転倒

結果、D氏のヘッドライト及びメーター周りが大破。擦過傷及び打撲
私は、暴れた時にどうも右ミラーで胸を打ったみたいで、2.3日痛かったです。汗
先週D氏と話していると
「わき腹の上がまだ痛い」と言ってたので、ひょっとすると自分エルボーアタックで肋骨にヒビが.....................。ショック
ちなみに友達のO氏も
「この前、家具にぶつかって、1週間ぐらい痛かったので、病院に行ったら
肋骨にヒビが入ってた」だそうな。

mido氏が参加した、小さいバイクつるしクラスにおいて実は、予選Kクラスエースライダー枠TOPだったのですが.............。
走行出走枠の都合上2番手扱いに.........。悲しい
さらにリザルト上のページのこの時ポールを取ったチームのコメントに
大激怒してました。怒りマーク

ほぼ1年ぶりにアネックスに行ったら、話にならないぐらいアカンかったのと、ブーツのバックルを留めているベース部分が走行中にバキッと割れた。悲しい

そんな感じで不幸の連鎖が..................続いてますね。冷や汗
アネックスの話はまた次回に

またもやアテにならない思い込み

  • 2007.09.13 Thursday
  • 20:24

またもや、自滅ネタですが
欠品中のパーツ(アウトプットシャフト)が入り、意気揚々とミッションの各ギアを組み立てていてふと気づくと
ゲッ
シャフト径が違う
1速ギア及びキックのアイドラーギアの入るシャフト径が
前期は17mm
後期は20mm
左が現行モデル 右が旧型
実は外径も違うし、旧型の内部にはメタルが圧入されてます。
(海外サイトでキックがやり易くなるアイドラーギアKITの使用した場合
にサークリップの所から折れるというトラブルが載ってましたし、純正部品も変更になっておりサークリップの入る溝が3から1変更されてました.....前期型。)
だっのですよ
私のリサーチ不足で痛い目に悲しい

そもそもなぜ後期のシャフトを発注した理由とは

....ドライブスプロケットのスプラインが潰れてくるバッドので
  →前期は6角の台形スプライン。

   後期は12角の山形に近い台形スプライン
 後期型はガタが出にくい=駆動ラグが少ない。

....スプロケの取り付け方が
  →前期はサークリップにて
   後期はナットで留める
 仮にタイアとチェーンのクリアランスが狭くなり過ぎても
         シム等で調整可能!?

でありましたが、こういう結果になるとは...................。冷や汗

解決法は3通りありますが

仝經のシャフトを切削及び研磨して貰う。
(焼き入れされているため加工が困難だし、加工コストが合わないと言われました。)
¬簑蠅良分をすべて後期型に
(当該箇所+1次減速ギア関連→クラッチハウジング+オイルポンプギア+1次減速ギア........部品費用が冷や汗
2007/9/24 追加
今日、確認の為ミッションだけ組上げてケースに入れてみると
懸念のクラッチハウジングのギアは、このアイドラーギア(以外と高い)でイケそう。
つまり、当該箇所だけで、組めそうです。嬉しい
A把召冒梓型で組上げる

さてどうしようかな。  

最終的に△1速ギアとアイドラーギアだけでイケました。 

シート

  • 2007.09.10 Monday
  • 20:02

CRMのシート表皮が劣化してボロボロになっていたので
交換しました。
でも
微妙な仕上がりになってしまいました。
自作ハイシートなのでどうしてもエッジの部分が引っ張りすぎて、丸くなってしまって、タンク等の境目がイマ一つ。
まぁ多少は目をつぶろう。

このところCRMばかり乗っているので、
感覚が変になっている(80病)可能性大有り。

それにしても、オンタイアではブレーキの熱ダレが酷い。
パッドがシンター系(以前はカーボンロレーヌA3を使用していたが、ローター攻撃性がやや高い.......設定温度が合っていない.......のでとりあえず今は、デイトナゴールデンパッドを使用←でも不満タラタラ)を使うと初期制動はいいが、アッと言う間にローターの適正温度を超えてしまうらしく(ローターの熱容量が........足りない。)
更に握りこんでも微妙にしか効かないし、 ←フェードというより熱ダレ
ノックオフ(ローターが熱で歪んでキャリパーのピストンを押し戻す→何度かブレーキを握り直さないと効かなくなる症状)兆候あり。
キャリパーの熱容量問題も有るのですが...........。
ローターの色はいい感じの黒く染まってきているが、効きがね〜汗

私個人の好みな特性は、握りこんだ分効きがが上がるほう良いのですが。

M氏の車体

  • 2007.09.03 Monday
  • 20:06

昨日、M氏の残っていたFフォークのオイル交換及びステムベアリングのグリスアップを行いました。
このフォークオイル交換て非常にメンドクサイ。
例のツインチャンバーカートリッジで通常(カートリッジ式倒立及び正立式フォーク)とは違い、インナーカートリッジのピストンの位置が上下逆。
それはいいのだが、

圧側ダンパーユニット(カートリッジ内の伸び側ダンパー室を加圧?密閉!?してる模様)を外す時にボケッとしてたらオイルが噴いて上から降ってきて首元ベタベタ。
また組み立て時にこの圧側ダンパーユニットが入れずらい。(上記前述に因る)
おかげで周囲はベタベタ

それに油面調整の項目が無い(油量のみ)のである。
(ま、これで油面を合わせろと言われるとかなりやり難いですが)

サービスマニュアルを見ながら作業しているので、
結果
凄〜く時間がかかりました。

ステムベアリング自体のグリスアップはM氏にやって貰い、なんとか完成。
この後、前回横着したスロットルスリーブを加工してYZと同じような形状に変更した。更にハンドルバーの両端1cmカット(カットはM氏←ご苦労様)
といった仕様になりました。

M氏のキャブ 補足
このDRZはインシュレータはCRF250(年式忘れた)、YZ250Fのスロットルケーブル、エアクリBOXはDRZ400R、E,
エアダクトはノーマルの物を採用していますので、通常の取り付けとは異なります。
真似する方は、フレームの溶接工差によって装着が難しいケースがあると思います。なので、すべて自己責任にてお願いします。

M氏 インプレよろしく。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ