またもやアテにならない思い込み

  • 2007.09.13 Thursday
  • 20:24

またもや、自滅ネタですが
欠品中のパーツ(アウトプットシャフト)が入り、意気揚々とミッションの各ギアを組み立てていてふと気づくと
ゲッ
シャフト径が違う
1速ギア及びキックのアイドラーギアの入るシャフト径が
前期は17mm
後期は20mm
左が現行モデル 右が旧型
実は外径も違うし、旧型の内部にはメタルが圧入されてます。
(海外サイトでキックがやり易くなるアイドラーギアKITの使用した場合
にサークリップの所から折れるというトラブルが載ってましたし、純正部品も変更になっておりサークリップの入る溝が3から1変更されてました.....前期型。)
だっのですよ
私のリサーチ不足で痛い目に悲しい

そもそもなぜ後期のシャフトを発注した理由とは

....ドライブスプロケットのスプラインが潰れてくるバッドので
  →前期は6角の台形スプライン。

   後期は12角の山形に近い台形スプライン
 後期型はガタが出にくい=駆動ラグが少ない。

....スプロケの取り付け方が
  →前期はサークリップにて
   後期はナットで留める
 仮にタイアとチェーンのクリアランスが狭くなり過ぎても
         シム等で調整可能!?

でありましたが、こういう結果になるとは...................。冷や汗

解決法は3通りありますが

仝經のシャフトを切削及び研磨して貰う。
(焼き入れされているため加工が困難だし、加工コストが合わないと言われました。)
¬簑蠅良分をすべて後期型に
(当該箇所+1次減速ギア関連→クラッチハウジング+オイルポンプギア+1次減速ギア........部品費用が冷や汗
2007/9/24 追加
今日、確認の為ミッションだけ組上げてケースに入れてみると
懸念のクラッチハウジングのギアは、このアイドラーギア(以外と高い)でイケそう。
つまり、当該箇所だけで、組めそうです。嬉しい
A把召冒梓型で組上げる

さてどうしようかな。  

最終的に△1速ギアとアイドラーギアだけでイケました。 

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/105244

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ