ふむ

  • 2007.10.06 Saturday
  • 20:29

部品も揃ったので件のエンジンを組み上げ中気づいたのですが
バランサーベアリングの刻印(多分ロットナンバーだと思いますが)が
コレ
バランサーベアリング。ロットの刻印がKXて..........。

まぁKXとは、全然関係無いですが。

話は変わって
アメリカ仕様のKLX250S
2009 KLX 250S US
が発表されましたが、賛否両論のあの顔つきよりも、
Rフェンダーの造形のほうが...............。
シュラウドのデザインが....................................。
何かに似てるなと考えていたら
思い出した、
ブラジル仕様XR250
ディグリーみたいな

という事で私は今の04〜Dトラ外装のほうがカッコ良いとグッド
それよりも気になるのは向こうのホームページのところに書いてある 

Lightweight piston, piston pin and connecting rod enable higher revs for maximum power ←軽量ピストンにピンにコンロッドが新作と期待させる文。でもおおかた単純に現行のを誇張してあるだけでしょうね。
2007 11/2追記
やはりただの誇張でした。

それとなぜかCVK34...............。
排ガス規制が緩いのか厳しいのか良く分からん設定
だってアメリカでのカリフォルニア仕様て一番規制が厳しい仕様でしょ。
これがインジェクションで無いが不思議。!?

あとFフォークがこっそり変わってるだよね〜
ここには、書いてないけど。

新作のスィングアームはかっこいいな〜グッド

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/107416

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ