圧縮比UP....中間報告

  • 2008.08.31 Sunday
  • 11:01

なんだかんだで小変更させられている、圧縮比変更ですが
今の所、概ね良好です。
現在の仕様
CVK34→CVK40(ニードルクリップ3段に変更)
バルブタイミング補正 等

バルブタイミングは、カムスプロケ内周部分の1mmの差は
外径部分では大体5度ぐらいになってきます。
結局ベースガスケット抜きでのバルブタイミングのズレは
(怪しい)計算上では、1,176・・・度!?なので
そういう意味だと許容誤差範疇かもしれません。

(↑記述はあくまで、私の車両の事であって、個体差で自滅する可能性が在ります。マネして壊れたと言われても、一切知りません。
一切自己責任でお願いします。

ちなみに私が使っている怪しいカムは、IN側が5度進んでます
EX側はノーマル。

どちらかと言うと、カムがドウコウより、カムチェーンの伸び!?が激しいこのバイク(チェーンもそうだけど、カムジャーナルの右側の消耗が激しい)では、普通に乗っている人でもバルブタイミングが遅れ気味になってきます。

また、このバイクでよく行われているらしい、
チェーンテンショナー1ノッチ押しは、あくまでもそう頻繁に行うものではなく、1種の妥協策だと考えてます。
正しくは、カムチェーン、カムスプロケ、カムチェーンガイド、テンショナー、(そしてクランク及びケース)を交換するのが正解だと思いますが、
クランク側のスプロケがクランクと一体で部品として出るわけないし、ケースもヘタってくるし、
大体クランクやケース交換となってくると現実的な話では無くなってきます。
〔去年コノせいでクランク交換させられましたが...........。悲しい
海外で見つけたクランクピンダメージ。ウチのはクランクピンはこれほど酷い事になっておらずコンロッド側がこんな感じになってましたが.......。
↑はウチのではないですが、海外有名サイトに投稿されてた写真です。

仕方なく上記の()除く4点を交換するのですら妥協策の1つであるので、
さらなる妥協策としての1ノッチ押しが流行るみたいですが........。

〈自粛←この車両持ち主にとって(私も含む)かなり耳の痛いネタなので
詳しくは書きませんが、1ノッチ押しによって、更にカムチェーンが伸び易い状況になり、またもう1ノッチと悪循環になる事も在り。〉


まぁ1ノッチ押しも、偶然にいい具合カムチェーンの張りになる事もありますが........。

で、話を元に戻して、
自分のバイクのバルブタイミングのズレは、スプロケ上約8度ぐらいズレてました(ちなみにスプロケの歯と歯の間の角度は11,25度)
コレを補正して終了。
中間域の物足りなさが、チョットは回復しました。
(逆に言うとカムチェーンが伸びが、どれほど大きいか,また大きな影響与えているのかが良く判るとデータともいいますが............。びっくり

で、昨晩チョットのってみると、ハスクに乗ってるウチの兄との直線の速さは、じょじょに引き離されていくが、圧倒的にサヨウナラにはならなかったので、やはり速くなっているみたいです。
まぁ4〜5速ぐらい迄ですが..........。
でもハスクが全開で走ってたかどうか微妙ですが...............。

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/136493

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ