判りづらい

  • 2008.06.15 Sunday
  • 12:04

最近はウチの兄の先輩が所有している、さるRをイジイジ。
それにしてもこのバイクについてる
tm24−mjn
セットの方向が判り難い。
出荷設定の
PJ....25
MJ....95
A/S...3/4
MJN....3段
らしいですが、
預かった時の状態は
PJ....25
MJ....100
A/S...2・3/4
MJN....3段
という感じ
下が濃すぎてカブってしまう。

で、試行錯誤の結果

PJ....15
MJ....100
A/S....1・1/4
MJN....3段
という結果に
(まぁ、いつもの事ですが、あくまでこのデータは、覚え書きです。この車両特有のモノであって参考程度に......)
本音はもっとMJを下げたいが、空冷なのでマージンとって置かないと....

で、本題の『判りづらい』と言うのは
mjnが持つ特性の「セットに対しての柔軟性」が高すぎる故
自分のセットに自信というか方向性が掴み難い。

具体的に言うと
今回、PJを4ステップも下げたのにも係わらず
パーシャルからの開け始めのツキ自体がそんなに変わらない。
通常なら、走れなくなる位なのに..........。
逆に取説(ヨシムラからダウンロードしてきました。)も在るように、
JNのクリップ段数変更があまり役立たない。

エンジンの負圧と流速まかせで(エンジンが吸いたい量だけ)
JN〜MJの部分をコントロールしている模様。
なので
MJの影響力、特に範囲がかなり大きい。

だから、普段私がイメージしていて、実行している
『JN辺りの開度を持ち上げて、伸びきりを考えてMJは絞る』
というやり方がイマイチ通用しづらい。

まるで晩飯食べに行くのに
好き嫌いの激しい奴に「なんでもいいよ。」
言われているみたいです.................。←私か.........(爆)。

それにしても、スロットル戻す側のツキ過ぎ、特にドンツキは
非常に乗りにくいです。はい。
とかいって、濃くするとカブるし.......。
またもや張り付きか.....と考えているのですが。


Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/130600

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ