でもね〜

  • 2008.08.21 Thursday
  • 13:05

前回から引き続きこのネタですが
圧縮UPのせいで吸気負圧が強くなって、セッティングが濃くなってしまったので、あれからイロイロ変更してみたものの
以前ほぼ出ていた、CVK34のセットが外れてしまった。
現段階では、SJの関係上ニードル段数を1段上げた状態にしてはいるが、
中開度辺りのトルク感が減少してしまっている。
かといってMJを上げると、回転が重たくなるし........
再びCVK40の出番か.......。

話は変わって......
このところ、微妙な共振音が出ていて、
トルクバンドの入った辺りでビリビリ音が発生し
音の発生源を探していたのですが、
当初、シリンダーヘッド辺りかと目をつけていたのでしたが、
バルブクリアランスやカムチェーン周りを疑っていたけど
規定データの範疇。

で、結局、
原因は、と言うと、
バックミラーでした..............。
ミラーの鏡面とプラスティックの枠の接合が甘くなり
特定回転数のみ共振音が出てしまっていた。

特定回転域で発生していたのとエンジン回転数と連動していたことが、
エンジンから発生しているモノだと先入観が出ていた模様。

ミラー鏡面と枠の間に瞬間接着剤を流しこんだら、音がほぼ消えました。

音対策て、難しいですね。

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/135800

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ