• 2005.12.28 Wednesday
  • 19:27

久しぶりに宝塚の山のほうに行ってみると、
川端康成のごとく、「トンネルを抜けるとそこは、雪国だった。」 
さすがに、道路上には雪がないが、路肩には融けていない新雪に驚く。
人のバイクで転倒だけは避けたいのでゆるゆると走る。道路上に雪はないと書きましたが、除雪した雪が溶け出して路面をぬらしているのが恐怖心を煽る。過去に調子に乗ってハイサイド(バイクに背負い投げみたいなもの)くらった事があるからです。
でも前を走る車の方は、左右の路面違ってようがお構いなしに走る。単に私のビビリリミッター作動しているだけかもしれませんが....。
(とか言いつつ自分の80では、たまに雪山に行ってたりする。)
今までのヘタレな経験上、『二輪車は精神力(集中力とも言う)で乗れている所が、大きい』と思われるのでこのような状況では、...と言い分けしときます

そういえば、だいぶん前に車雑誌(たぶんautocarだったはず)イギリス製とかの合法公道走行可能なレーシングカー[アリエルラディカル・セヴン・ウエストフィールド等]ばかり集めて、雪中行軍路上インプレッションの記事を見ました。(ちなみに何事があろうと一切責任は持てません。)
これも大概...逝っちゃっていますねびっくり(笑)


Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ