直接点火

  • 2008.01.27 Sunday
  • 12:22

一昨日キャブセットの方向性を変え
MJを絞ってJN(クリップ段数)で濃くする仕様に
(実は油面がいつの間にかフロート高で15mm?になっていたのを17mmに変更し初期設定に......油面を下げました
パイロットスクリューも変形していたので
CVK34に付いてた物に交換←戻し量が大幅に変わってしまいました。)

JN....N1Tb−4.5
MJ....142
PS....2・7/8

どうもこの方向で合っているみたいです。
後はコースティングエンリッチャーを復活させるかと考えてますが。

さて
ダイレクトイグニッションですが、ようやくノーマルコイル(と言っても、社外の低抵抗プラグコード付ですが)との違いが体感できました。

点火する時の応答性が違います。
多分、点火の時の容量は、ノーマルコイルの方が大きそうなのですが
点火時期に対して微妙に遅れている感覚がノーマルコイルにあります。
対して
ダイレクトのほうは
容量は多少少なくとも、点火時期に対して正確な感じがします。
ただ
ノーマルコイルは多少経年変化もあるのでこの辺を差し引きしないと
ダメですが。

あと、これはパルス取り出しコードの取り付け方に問題が
多少あるので確実には言えないのですが

タコメーター上のMAXレブの表示が上がっていて今まで見たことの無い回転数が履歴に残っていました
今までは、10490rpmが今までの最高履歴でしたが
今回11270rpmというのが残っていました。!?
(多分誤表示だと思いますが..........。冷や汗
まぁ体感でも良く回るなぁと感じてましたが、
そこまでは回らないでしょう。
純正イグナイターのレブリミットを明らかに超えていますので。!?
2008 2/07追加
やはり、誤表示でした。パルス配線をやり直すと10490rpmで止まってます。悲しい
ほんのかすかに期待してましたが.........。

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/118468

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ