これで前後とも

  • 2008.07.03 Thursday
  • 19:34

一昨日の晩に、この前舞洲で購入した、
アウテックスチューブレスKITを組み込む。

まず、ニップルテープを貼っていく。

ここで新バージョン違いがまず1つ
以前のバージョンはテープを1個ずつ切り出していく必要があったのですが、
新型はプレカット済み。
なので、ニップルにそのまま貼っていく。
尚、以前、ウチのブログに微妙な記事を載せてしまいしたが
訂正(追補)して置きました。

クリア両面テープの貼り付け
今回はキッチリとしたサイズなので、特に気にせず貼っていく。

《実は今回ここで微妙な失敗をしてしまった。最初の貼り付けスタート地点をズレてしまっていた......。正確には、前後ニップル間のセンターに置かなければならないが、
チョットボ〜としていて、
端面を片側ニップルに寄せてしまい、後で補修するハメになる。》

そして、テープを1周貼った後に上記の事に気づく......。悲しい

とりあえず後で補修という事にして先に進む。

クリアテープの貼り付け
旧バージョンのは、正直に言うと、
ドライヤーで炙らないと曲がり難く、貼り難かったし、
炙りすぎてシートが変形したのですが、新型は手で押していくだけで
綺麗に貼れていきます。グッド

バルブの締め込み

そして補修
簡単に見て判る失敗は、気泡がニップル周りから、両面テープの横の端まで繋がっているのは、後のエア漏れチェックで
ニップルからブクブクする確立大なので
しっかり圧着していったのですが、
最初に書いたとおり、両面テープの貼る位置がズレた為、
ニップル周りの貼り代が少なくなってしまった。
当該ニップル周りのクリアシート上から圧着してみたが
微妙だったので←そのままいけたかも知れませんが、危なそうなので...。
一度カットしてから張りなおしました。(保険的要素で)

エア漏れ確認

エアは漏れてきませんでした拍手

インプレ
まず、乗り心地UP
後ろのエアが減ってると感じるぐらい、タウンスピードにおいては、乗りやすくなってます...........が...。

加速性もよくなってます。

タイアの接地感向上
いつもの川沿い最後の右カーブを曲がった時イキナリ、ズリっと来た
(舞洲以来、洗車してほったらかしだったのでタイア表面に油分がでてきたせいだと思いますが........。)
のですが、一瞬で何事も無かったように回復するし、タイアのグリップ感が判りやすくなりました。

ただ逆に、問題点も判ったのが

まずは、人間の応答遅れ、丸判りになります。

あと、車両自体のバンクしていく中での芯というかセンターが掴み難くなったような気がする。

そしてタイア、性格が出やすくなったので、αー10の剛性高いというのが
モロに出てきて、少しペースを上げた時のギャップ吸収性(車体とのマッチング?)が微妙というのが良く判る。

そして、Fチューブレスにした時よりも、余り感動が無いというか、
予想の範疇であり、そのわりに車体セットを変更しないといけないぐらい影響でてしまっているという事実。

ただ上記問題点も、人間の慣れや、車体のセットを変えていけば、
対応できる範疇だと思います

現実昨日、R伸び側を−2弱くすると乗りやすくなりました。

つまり
ネガティブ要素が増えている訳ではなく、むしろ実際、大幅になくなっているのです。
欠点がほぼなくなると、小さな要素が気づいてしまう。
けど
これらを潰していくとほぼベストな状態に

要は人間の問題かと!

それに普通の人は、リアからチューブレスから組み込むみたいですし...。
(前をやってない方、フロントを組み込むと更なる感動が待っているはずですよ)

という訳で

お勧めです。グッド

あ〜忘れてました、
タイア交換の時や一般的なパンクに対して、
イライラさせられる事がほぼ無くなるのも最大の特徴ですね。

(ニュアンスが判り難い表現があったので訂正しました。)

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://smr249evo.blog.bai.ne.jp/trackback/132002

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ